ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
アメリカン・ボンデージの風 第6回 毎週火曜日更新!
海外レザーフェティッシュ見聞録
アメリカン・ボンデージの風

第6回 2日間500ドルのギャラでBDビデオ現場からオファーが

文=
Mikey

皮革拘束のみに絞った日本国内初のボンデージ・サイト「Fetish Stage」。
縄拘束とは違った魅力を醸し出すレザー・ボンデージ、そこにこだわって映像作品を撮り続けてきたMikeyさんがお届けする、アメリカでのボンデージ体験記です。

前回に戻る 目次に戻る
 | 

次に働いた職場は、映像関係以外に雑誌の出版事業もやっていたため、仕事はかなり忙しく、休みは自己申請しないともらえないし、キツイけどそれはそれでヤリガイはかなりあった。

また前の会社を辞めたため、L.A.に住んでいるジョンやボンデージの人脈とも距離が随分開いていたが、1998年の正月が明けた頃、L.A.へ出張取材でADとして急遽渡米することとなった。

当時はインターネットもEメールも今ほど普及していなかったし、パソコンを持っていなかったので、ジョンとのコンタクトはもっぱら文通形式での手紙や、たまに国際電話で話す程度になっていた。

出張当日、大韓航空機で僕ら取材クルーがL.A.に到着したのは現地時間の朝8時。到着日は一日オフだったこともあり、クルーをホテルへチェックインさせた後、ジョンとコンタクトを取り、久々に会ってランチでもしようとメルローズにあるイタリアンピザ屋へ向かう。

食事を終えて、珈琲ショップでお茶をしている時にジョンから突然バイトの話が舞い込んで来た。

「オレはオマエのボンデージ・センスを買っているからお願いしたいんだけど、『ビザール・プロダクション』の副社長がBDSM系のボンデージ・ビデオの撮影現場で日本人のBDSM感性が欲しいって言っているんだよね。日本では映像の現場でアートディレクションもやってるんだろ? そのセンスと趣味嗜好を活かしてBDSMの撮影現場でもアートワークをやってみないか?」

ジョンは2日間拘束で500ドルのギャラをそこの副社長は出してくれる、と説明する。結構もらえるもんなんだなぁーって正直思いつつ、これはチャンスかも知れないという誘惑と、自分にアートワークなんかできるのか、期待と不安が入り混じりながらも参加することにした。

会社から与えられた期間は2週間、とある人物の密着取材だったが日本で仕事している時よりか遥かにラクちん。スタッフも現地の人間でお願いしていたのだが、彼らは1日の労働時間が8時間までと決められた契約だったため、必然的に僕ら日本から飛んだスタッフも仕事が早く終わる。

日本からの出張取材が終わった段階で本当は帰国しなくてはならないわけだが、オープンチケットだったこともあり、会社へ国際電話で連絡をした。

「L.A.でAVの現場仕事を手伝って欲しいとのオファーが僕へ直接あったんですけど、勉強のために2日間帰国を延長して参加してもよろしいですか?」

どっちにせよ、500ドルは会社へ入れるバイト料になるわけなんで、僕自身は体験したことのない現場を味わってみたいという好奇心のほうが強かった。

勉強することに寛大な会社だったせいか無事に許可がおり、ADで下っ端だった僕だけがL.A.へ居残り、ジョンの自宅で2日間居候させてもらうことになった。

AVの現場撮影すら経験したことのない28歳現場ADの僕は、撮影前日の夜は緊張して全く眠れず、サンタモニカにあるスタジオへ向かうことになるのだった……。

(続く)

前回に戻る 目次に戻る

関連記事

米国ハーモニー・コンセプツ社の魅力を探る二大インタビュー 【1】【2】【3】


MIKEY MIKEY インディーズのレザー・ボンデージ作品レーベル「TEAM MIKEY」を主催する映像作家。
テレビの特撮番組でフェティッシュな拘束の世界に目覚め、Vシネマ撮影の仕事をきっかけに渡米。アメリカのレザー・ボンデージ世界に触れ、自分でも撮影してみたいと考え、「TIEM MIKEY」を結成。ウェブサイト「Fetish Stage」にて次々と映像作品を発表し、皮革の拘束具にこだわった独特の世界観を築き上げる。

「Fetish Stage」=http://www.team-mikey.net/

 | 
08.02.19更新 | WEBスナイパー  >  コラム