ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
直系女流縄師×希代のハードコア女優が魅せる雪村流「縄奉仕」の真髄美学とエロス『雪村春樹継承緊縛Vol.1七海ゆあ 春宵・淫獣愛』発売中!!
特選AVレビュー『変なオジサンと麻衣のあぶない性交録/今井麻衣』(光夜蝶)
特選AVレビュー『美脚×競泳水着×パンスト眼鏡 妃月るい』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)
2ページまんが 酒場の女【26】
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・五反田「アウスレーゼ」ももこさん編
ブロイラーみたいに部屋に隙間なく押し詰められてエアロバイクを漕ぐ姿はマジ悲惨!でも、それを輝かせるのがアメリカ映画とアメリカ音楽の偉大さだ 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年12月号
特選AVレビュー『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【1】
特選AVレビュー『むっちりスケベな幼妻 Iカップ爆乳グラマラス痴女デリ嬢 後藤里香』(まぐろ物産)
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEXT Vol.6(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.6(ミリオン出版)
コタツの中で(大洋図書)
人妻絶叫アクメSP(ミリオン出版)
おくびょうなディア(大洋図書)
香る獣(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2019年2月号(大洋図書)
騎士の涙(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年2月号(ミリオン出版)
ご当地人妻密会DX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The ABLIFE December 2011
あるマニア読者がノンストップで導くSMワンダーランド!!
山奥の古寺「変態寺」の地下に隠された伝説を巡り、月星製菓の社員たちが体験する信じられないアブノーマル行為の数々! 麗しのマドンナ、淫乱ビッチ、ド変態住職、プレイボーイが入り乱れ、誰も想像し得なかった卑猥でコミカルな冒険が幕を開ける――。待望の長編読者投稿ノベル第2弾!!
 | 
【6】スピ○バーグとマットの魔術師

「2人とも映画の宣伝で来たらしいよ、この変態寺に興味があったんで、寄ってみたんだって。自分たちのことは気にしないで、プレーを続けてくれって」

中出ひろしがすっかり納得した顔をしたので優美たんも落ち着きを取り戻した。マイケルに至ってはもともと目の前の優美たんの肉体にしか興味がなかった。

こうなると彼らはもう野獣そのものでしかない。

と、そこへ突然、耳をつんざくような悲鳴が聞こえ、住職が声のしたほうに走っていくと、スピ○バーク監督とトム=ク○ーズも一緒にくっついて悲鳴の理由を確認しに行った。

仰向けに寝た木下ミキが生まれたばかりの赤ちゃんのような縮こまった格好をして、目にうっすらと涙をためていた。

Vの字に開かれた股の付け根に、足立ケイ子がやはり全裸で女座りをしている。
木下ミキが叫んだ。

「住職、どうにかしてよ、この変態女が変なことをしょうとしているの」
「へっ」

変態女と言われてふてぶてしくこっちを向いた足立ケイ子の右手には、生きたままの青大将のしっぽが握られていた。

「ミキ、我慢しないでいいのよ、本当はこうされるのが好きなんでしょう」

足立ケイ子が木下ミキの胸の上に青大将の頭を投げ出した。

「いや〜ん、ケイ子」

木下ミキは怒りながらも快感にうち勝てないようだったが、蛇からは目を離していない。

「どうしたんですかな」
「そこに立っている2人は、誰よ」
「この人たちは観光客です」
「この変態女がわたしの大事なところに蛇を入れようとしているのよ」
「だって、やってみたかったんだもん。それもわたしの一番可愛い恋人にそれをしてみたかったのよ」

足立ケイ子は悪びれずにそう言った。

「このミキの可愛いビラビラにこれを入れちゃったら、どうなるのかしら」

足立ケイ子はレズの恋人の小陰唇をもてあそんでいる。

「それ、トリタイデス」

スピ○バーグ監督が言った。

「ワタシも見たいデス」

トムくんも言った。

「まあまあ」

変態住職はものわかりのいい表情をすると、ふところから手ぬぐいを取り出して木下ミキの後ろにまわって目隠しをした。そのままぎりりと締め上げる。

「住職、何をするのよ、何も見えないじゃないの」
「色即是空、蛇の姿が見えるから、心に迷いが出るのです」
「ソレ、ナンデスカ」

監督が尋ねると足立ケイ子は「深遠な東洋の哲学です」と答えた。
木下ミキの視界は全くの闇となった。

「あん」

住職の上杉がボールペンの先で木下ミキの乳首をつついた。

「こうすれば、蛇につつかれたのか、木の先でつつかれたのかわからないでしょう。こうやって身体を馴らしていけば、蛇の頭に侵入されても平気になります。愚僧はなんとも頭がいいのだろうか」

エロ坊主が自画自賛している間、スピ○バーク監督もトムくんもそこらにあるもので木下ミキの敏感そうな部分をつんつんしていたが、やはり、足立ケイ子は女だった。女の一番感じやすい部位を熟知しているので木下ミキに思う存分悲鳴を上げさせた。

「ミキ、可愛い、わたしの子猫ちゃん。こうやって、だんだん、わたしのものになっていくのね」

足立ケイ子はそう言うと舌なめずりをした。

振り向けば優美たんのほうはさらに悲惨な状況になっていた。
優美たんの前の穴はマイケルに差し貫かれ、後ろのほうも中出ひろしに陵辱され、もはや半狂乱になって嗚咽と歓喜の悲鳴を上げ続けていたのだす。



「安い」

このけだものと化した性欲の奴隷たちが、汗と体液にまみれて歓喜と嗚咽のうめきを上げている秘密の地下牢の外で、村一番の山菜とりの名人・小山田悟作は、感嘆して思わずつぶやいた。

「田悟作どんも、そう思うべか。確かに、この見せ物は安いべな。150円で本番まで見られると思わなかったべな。わしもこの年になってこんな興奮できるショーを見られるなんて思わなかったべな。去年のOLのオナニーショーもよかったべが、今年のほうがもっと興奮するべな」
「呑べいどん、まったく、その通りじゃ。しかし、田悟作どんは山に入って、しばらく下りてこんと言っとったじゃろう。なんで、ここにいるんじゃ」

村人たちは秘密の背徳の王宮の外で誰にも知られず、内部の痴態を鼻息荒くして眺めていた。

しかし、田悟作がこの覗き企画に参加するとは誰も思っていなかった。
田悟作が山菜を求めて山小屋で寝泊まりしていたことをこの村のものは誰でも知っていたからだ。

「山小屋の枝に、この白黒ショーのちらしがかかっておったんじゃ」
「住職、偉いもんじゃのう、村人全員にこんな結構な見せ物を催してくれているんじゃから。山の中までちらしを配ったんじゃな。ああ、ありがたい、ありがたい。白雲菩薩さまの再来じゃ、再来じゃ」

エロ坊主はついに菩薩と呼ばれるまでに昇格した。

建物の外がこんな状態になっているとも知らず、ツアーの参加者たちは自分たちの欲望にあまりにも忠実になっていた。

肉と肉が複雑に絡み合って誰が誰やら分からない優美たんたちのところに、上杉住職がエアマットをふたつ運んでくる。

「住職、それは何ですか」
「見れば、ワカリマス。エアマットじゃありませんか」
「そのとおり、お風呂のオプションにはこれが付き物ですな、今日は2人なので、2つのエアマットを用意させていただきました。さあ、2人とも、ここにうつ伏せになっていただきたい。さすれば、めくるめく、快感と歓喜の世界が広がるのじゃ。拙僧はなんと観光客思いなのだろう」

見れば住職の両手にはサラダにかけるドレッシングみたいなものがある。

「住職、それは」
「ローションですじゃ」
「えっ、えっ、ドウイウコトデスカ。わたしわかりません。ここで海水浴が行なわれるノデスカ」
「違うよマイケル、ここで女の子が身体をスポンジ代わりにして僕らの身体を洗ってくれるんだよ。でも……」
「でも、なんですか。この上杉になんでも聞いてくだされ」
「ここには、そんな女の子はいないじゃないですか。講習を受けてからじゃないと」
「この女に頼みましょう」

上杉住職が優美たんのほうをまっすぐに指さしたので、優美たんは今さらながら戸惑った顔をした。

「何、言っているの、なんでわたしが泡姫にならなきゃならないのよ」
「優美、会社の後輩として、僕からも頼む。泡だらけになって僕らの身体を洗ってくれ」
「ワタシからも頼みマス」
「ふざけないでよ」

優美たんは立ち上がると、急に風呂の中に飛び込んでムッツリと黙り込んでしまった。

そのまましばらく無言の時間が続いたが、上杉住職がその沈黙を破った。

「そうですか、仕方ありません。拙僧がこの問題を解決しましょう」
「まさか、住職が泡姫になるんじゃないでしょうね」
「拙僧が、まさか」
「どうするんですか」
「この村には伝説の泡姫がいます、その人の力をかりましょう」
「誰ですか」
「人呼んで、マットの魔術師」
「マットの魔術師」
「ただし、彼女は大変はずかしがりやです。照明を消していただかなくてはなりません」

上杉住職がパチンと指を鳴らすと鑞鞍房の中は真っ暗になった。

「あれ、真っ暗になったべな」
「つまらん、中の様子が見えないだべ」

中を覗いていた村人たちはことごとく不満を述べた。

「きっと、マットの魔術師が登場したんだべ」
「んだ、んだ」

中出ひろしとマイケル=フォークナーの2人はすでに全裸でエアマットの上にうつ伏せになっていた。

そこにつむじ風が起こって、何者かがここにやってきた気がしたが、2人はそのままの状態で何も言わなかった。

するとローションのふたがあけられる気配がして、くちゃくちゃと何者かがローションを振りまいている音がする。

中出ひろしは背中に圧力を感じ、何者かが覆い被さってくるのをはっきりと感じた。と同時にそれが軽くなり、今度はマイケル=フォークナーが同じ感覚を味わっていた。

しかし、漆黒の闇の中で何が行なわれているのか、何者がいるのか、誰にもわからなかった。

「あなたは誰ですか、ふつう、こんなとき、お仕事のお帰りですかとか、今日はお仕事、お休みですかとか、訊くのが普通でしょう」

不安にかられた中出ひろしがそう言うと、住職の上杉はその言葉を制した。

「何も話してはなりません」

すると、また何かが動く気配がして、中出ひろしは自分の股間のあたりになんとも言えない快感が走るのを感じた。

それはマットと中出ひろしのあいだに割り込んできて首の下あたりからするりと抜け出すと、今度はマイケル=フォークナーのほうに向かっていった。

「おおお、なんというテクニシャンなんだ、これこそ、マットの魔術師という呼び名にふさわしい」

中出ひろしは快感に身をふるわせて叫んだ。

マイケル=フォークナーの口からも感極まった声が迸った。するとその何者かは、また中出ひろしのほうに来ると太股の内側からお尻の穴、そして前立腺へとたまらない快感と刺激を与えた。

「なんて、いいんだ。足立ケイ子なんて、較べ物にならない、名器だ、名器だ。まさしく名器だ。伝説のマットの魔術師だ」

この言葉を聞いて、足立ケイ子も黙っていなかった。

「何ですって、名器ですって、わたしよりも名器ですって、正体を暴いてやるわ」
「やめなさい、照明をつけてはいけません」
「いやです、正体を暴いてやります」

上杉住職の制止の言葉も聞かずに、足立ケイ子は照明のスイッチに手を伸ばした。
しかし、そのときにはマットの魔術師は2人から離れて、湯船の中に飛び込んでいた。
どぶんとお湯がもれて、そのお湯がとなりで湯をつかっている優美たんにかかった。

「誰だ、何者なんだ。マットの魔術師って」

2人の男が湯船の中を見ると、手の甲を自分のほうに向けて顔を隠している小動物が優美の隣で湯をつかっている。

「なんだべ、マットの魔術師って、モモンガだったんだべ」

外で中をのぞき見していた村人たちが感嘆の声をあげた。

中出ひろしとマイケル=フォークナーの2人はそのモモンガのそばに行くと、
「お仕事のお帰りですか、今日はお休みなんですか、お仕事、お疲れさまですとか言ってみろ」
と言って詰問した。

するとモモンガは変な泣き声を出すと申し訳なさそうに湯船から出るなり、すごすごと鑞鞍房を出て行った。

(続く)

関連記事

超ハード人体改造マニア・ノベル「よだれ掛けをした少女」
ソニン 男性。年齢・職業不詳。味のあるイラストと共にプリントアウトされた「変態寺」原稿を編集部に寄稿。次回作が期待される謎の投稿者。
ソニンの小説いろいろ http://www.newvel.jp/library/pso-348.html
ソニンのイラストいろいろ http://www.pixiv.net/member.php?id=3962095
 | 
11.12.02更新 | あぶらいふ  >  変態寺
絵・文=ソニン |