女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
itaneikyu-zentai-mo2.jpg
読者投稿不定期連載 北陸在住マニア画家の美少女羞恥緊縛図絵
Specially selected abnormal maniac exhibitionl
あぶらいふコレクション
新・淫マニア異端ノ図  【責めの設計図】
作=魚清

北陸在住のマニア絵師が描く背徳的な鉛筆画と掌篇バックストーリー。責められる肉感美女たちの恥じらいと諦観は、どこまでもあいまいで広大深淵なファンタジーを紡ぎだす――
 | 


<< 前回の記事を読む

妄想家である私にとって、「責めの設計図」を描くことほど楽しいことはない。描くというのは、まず、頭の中で描くのである。

人体を、どう責めるか。人体とはすなわち女体である。膝や肘を始めとして各間接の折れる方向を思い、縄への体重のかかり具合を思い、内面の羞恥や屈辱を思う。実際にも想像上にも責め方は無限にある。縛り姿の好きな私だが必ず縄を使うとは限らない。

責め方は意地悪であればあるほど楽しい。肉体的な、また精神的な逃げ道を、頭の中で一つ一つ塞いでいく。責めの構造はその過程で次第に複雑になっていく。そしてシステマチックになっていく。

ありとあらゆる反応を考慮する。楽しみながら対応し、相手を型に嵌めていく。これは暗い発明である。人間を装置の一部にしてしまう。しかし利己的な支配を空想する楽しみは私だけに特有のものではないだろう。ファンタジーである以上、とことん残酷にしてみたいと思う。

私はとりわけ「永久機関」という言葉に弱い。胸が躍る。

永久機関とは、外部からエネルギーを受け取ることなく仕事を行ない続ける装置のことであるが、装置の一部にされた女性の人力をエネルギーの「数に入れないで」勘定するという意地悪が、まず楽しい。

そしてもう一つ、そこで生みだされたエネルギーがまったく何の役にも立たないようにするのが楽しい。本人を責めること以外には全く何の役にも立たない装置、その一部に女体をあつらえる、つくづく暗い遊びである。


実際に絵にしてしまうよりも、頭の中で連綿と考えているのが楽しい。だから空想だけで満足してしまって描きださないことも多い。

今回の絵は、そんな中でも比較的容易に形することができた拷問装置の一つである。解説は不要なほどに単純、そして原始的な、しかし私にとっては捨てがたいモチーフである。

幼稚と言ってもいいかも知れない。こんなものを「永久機関」呼んでしまう自分を今、とても恥ずかしく思う。しかしその恥ずかしさの奥に疼くような楽しみがある。マニアの好むファンタジーとは往々にしてそういうものではないだろうか。

昼となく、夜となく、私は責めの設計図を頭の中で描き続けている。


作=魚清



関連記事

美少女羞恥緊縛図絵 『北陸の秘画礼賛』

嗚呼、赤満講猟奇譚 絵と文=大園喜八郎

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!
魚清 北陸在住のアマチュア画家。 学生時代に読んだSM雑誌『裏窓』で椋陽児の絵に触れ、緊縛画の魅力を知る。その後数十年を経て自らも鉛筆による緊縛画を書き始め、5年ほど前に『S&Mスナイパー』内にあった「あぶらいふ」に作品を投稿、連載 を始めた。 責めの情景の中に少女が秘めた憂いや葛藤をエロティックに描きだす。


 | 
09.07.24更新 | あぶらいふ  >  コレクション
絵=魚清 |