ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 Lovely-Candle 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
hayanie-zentai.jpg
読者投稿不定期連載 北陸在住マニア画家の美少女羞恥緊縛図絵
Specially selected abnormal maniac exhibitionl
あぶらいふコレクション
新・淫マニア異端ノ図  【モズの早贄】
作=魚清

北陸在住のマニア絵師が描く背徳的な鉛筆画と掌篇バックストーリー。責められる肉感美女たちの恥じらいと諦観は、どこまでもあいまいで広大深淵なファンタジーを紡ぎだす――
 | 


鳥のモズは様々な鳴き声を発することから舌が百枚あると伝えられ、漢字では「百舌」あるは「百舌鳥」と書かれる。

仮に本当に百種類の声が出せるのなら、それはどんな音色だろう。想像すれば頭の中に音符が踊り、様々な色がカラフルに咲き乱れる。身近にいる地味な色合いの鳥でありながら、モズはミステリアスであり、魅力的である。

そんなモズの生態として最もよく知られているのは、「早贄(はやにえ)」であろう。モズは捕らえてきた虫やカエルを木の枝股に挟んだり、枝先に串刺しにしたりする。そして放置する。その様は人間で言うところの晒し刑さながら。時にグロテスクである。

非常に面白いのは、それがなぜ行なわれるのかが全く分かっていないことである。

後で食べるのであれば、シマリスが地中に食べ物を貯蔵するのと同じで不思議でも何でもない。しかしモズは、(食べることもあるが)往々にして放置するのである。

中には生きたまま串刺しにされてそのまま干からびていく獲物もあるという。つまり、食べ残しですらない場合があるということだ。

小さな鳥だが、性格は獰猛で、クチバシは鋭く、その先端は鉤状に曲がっている。獲物を切断したり引き裂いたりするのに適した形状だ。生態的にはワシやタカなどの猛禽類に近いという。猫がネズミをいたぶるように、もしかするとモズは己のどうしようもない嗜虐心を早贄という儀式によって慰めているのだろうか。

正確な理由はモズにしか分からない。それはただ「本能」とだけ呼ばれている。



作=魚清




関連記事

美少女羞恥緊縛図絵 『北陸の秘画礼賛』

嗚呼、赤満講猟奇譚 絵と文=大園喜八郎

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!
魚清 北陸在住のアマチュア画家。 学生時代に読んだSM雑誌『裏窓』で椋陽児の絵に触れ、緊縛画の魅力を知る。その後数十年を経て自らも鉛筆による緊縛画を書き始め、5年ほど前に『S&Mスナイパー』内にあった「あぶらいふ」に作品を投稿、連載 を始めた。 責めの情景の中に少女が秘めた憂いや葛藤をエロティックに描きだす。


 | 
09.08.02更新 | あぶらいふ  >  コレクション
絵=魚清 |