女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
ningyot-zentai.jpg
読者投稿不定期連載 北陸在住マニア画家の美少女羞恥緊縛図絵
Specially selected abnormal maniac exhibitionl
あぶらいふコレクション
新・淫マニア異端ノ図  【スワルニダ】
作=魚清

北陸在住のマニア絵師が描く背徳的な鉛筆画と掌篇バックストーリー。責められる肉感美女たちの恥じらいと諦観は、どこまでもあいまいで広大深淵なファンタジーを紡ぎだす――
 | 


舞台はポーランドの農村。村の青年フランツは、人形職人コッペリウスの家のベランダに座って本を読んでいる少女コッペリアにほのかな恋心を抱く。彼の恋人である無邪気な少女スワルニダがやきもちを焼いてしまうほどに。村人たちはかわいらしいコッペリアがコッペリウスの作ったからくり人形であることを知らないのだ――。

ET・Aホフマンの『砂男』に題材を得たバレエ作品『コッペリア、あるいは琺瑯質の目をもつ乙女』はそんな物語だった。明るい喜劇として知られているが、もともとホフマンが『砂男』で描いていたのは、人形に恋をした男の狂気であった。

澁澤龍彦は、ハンス・ベルメールの球体関節人形から読み取ったエロティシズムを破壊の衝動と呼んだ。言い得て妙。人形はただそこに置かれているだけで生と同時に死を思い描かせる。バラバラな各部分を強く意識させる。そしてその解体あるいは変形への可能性が、支配、服従、人体の物質的な所有をイメージさせる。破壊とエロティシズムはループしているのに違いない。

人形を描く時、先に人間を描くことがある。人間を人形に変えていく作業は部分への解体と同じである。人形作家が人形を創る時はどうなのだろうか。頭の中にはまず人間があるのではないか。

人形に宿るエロティシズムは迷宮のこどく複雑だ。『コッペリア、あるいは琺瑯質の目をもつ乙女』において、コッペリアに恋をしたフランツは物語の最後で彼女が人形であったことに気づき、スワルニダの元へ返る。そして二人は結婚式を挙げる。その過程でコッペリアは破壊されてしまうのだが、そんなことにはお構いなしに、大団円のうちに幕は下りてしまう。胸にモヤモヤを覚えるのは私だけではないだろう。

ET・Aホフマンの描いた砂男は眠らない子供の目玉を奪っていく者だった。生身の瞳をもたない人形はちょうど砂男に目玉を奪われた子供のようである。涙を飲んだ人形作家コッぺリウスの代わりに、私は妄想の中で新郎新婦の目玉を引っこ抜くという暗い遊びをしてしまうことがある。



作=魚清




関連記事

新・淫マニア異端ノ図
【妖魔】>>>【花も恥らう】>>>【責めの設計図】>>>【モズの早贄】

美少女羞恥緊縛図絵 『北陸の秘画礼賛』

嗚呼、赤満講猟奇譚 絵と文=大園喜八郎

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

魚清 北陸在住のアマチュア画家。 学生時代に読んだSM雑誌『裏窓』で椋陽児の絵に触れ、緊縛画の魅力を知る。その後数十年を経て自らも鉛筆による緊縛画を書き始め、5年ほど前に『S&Mスナイパー』内にあった「あぶらいふ」に作品を投稿、連載 を始めた。 責めの情景の中に少女が秘めた憂いや葛藤をエロティックに描きだす。


 | 
09.08.07更新 | あぶらいふ  >  コレクション
絵=魚清 |