ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

6月号扉絵『河童伝説』 画=室井亜砂二

The ABLIFE―Abnormal Dilettante Magazine―
新装開店! 月一更新で贈るオール・アバウト・インモラル人生!
読者投稿欄「あぶらいふ」は、「この場」があることで生まれる創作意欲、コミュニケーション欲、そして読者を交えたフラットな交流に意味を求めるインターネット上の広場です。同性愛・自慰妄想・緊縛・露出・各種フェティシズムにまつわる体験談、小説、意見、呟き、絵画、写真など、貴方の個性的な性表現を、ジャンルを問わず募集&掲載しています。「スナイパーSNS」と併せてパワフルにご活用下さい。
 | 
Monthly contribution gallery 2010 June
2010年6月の投稿作品
NEW!

■イラスト系 「浣腸ギャラクシー」「いろいろな星で NEW!」「畜豚膣畜 NEW!」「人妻緊縛とセーラー服折り紙 NEW!
■文章系 「雨濡れ散歩とお風呂自縛」「すみませんが、足の指を舐められたいのです NEW!」「ムチムチした肉感熟女の臭いパンティを恋うる」「GALのCA、フライト後の反省会 NEW!」「白目失神姿のインパクトに憑かれた僕」
■写真系 「女装性処理奴隷の悦び NEW!

「浣腸ギャラクシー」 画=RIO
▼人体をオブジェにした時のためらいのなさは天下一品ですね。しかも綺麗ですし。絵に説得力があると、絵に合わせて自分の妄想を変えてしまいそうになります。(文)
★太い管を体内に通しているのもそうなんですが、肘の異様な曲がり具合がRIOさんクオリティです。パッと見は分からないんですよね。(猫)

「いろいろな星で」 画=ルーズ NEW!


▼ルーズさんはこの囚われの美女シリーズを累計100枚くらいは描いていると思いますよ。その揺るがない世界観はいったいどこから生まれたのでしょうか。(文)
★100%ハリツケもしくは三角木馬責め。キャラが可愛くて見飽きないのと、スコーンと軽いのも特徴ですね。ルーズさんの頭の中では「いろいろな星」でこんなSMが繰り広げられているのかと思うと世の中が、いや宇宙が明るく感じられてきます。(猫)

「畜豚膣畜」 画=黒木空介 NEW!

▼鬼才マンガ作家・黒木空介さんの超独特ワールド。一見、豪快な排泄シーンの連続なのですが、それでいて何故か静寂を感じさせるという世界でも類を見ない個性的な味わいの連作です。(文)
★「まったりとしていてコクがあるのに、しつこくない」という微妙な表現の意味を初めて腹で実感しましたよ。早口言葉みたいなタイトルも妖しくて好きです。(猫)


「人妻緊縛とセーラー服折り紙」 画=照Q NEW!
▼ロリータを描くことの多い照Qさんが珍しく人妻ものを送って下さいました。しかも今回は併せて「セーラー服折り紙」も。すごく得した気分です。折り方も紹介したかったのですが、かなり複雑で分解し始めるなり過程を見失ってしまいました。照Qさん、教えていただけませんか?(文)
★熟女とセーラー服っていう取り合わせがまた何とも言えません。折り紙は「すあまにあ倶楽部」のすあまさんにプレゼントしたいところですね。きっと大事にしてくれるはず!!(猫)



「雨濡れ散歩とお風呂自縛」 文=雨野しずく

夏の雨ほど淫らなものはない。まだ胸が膨らみかけの頃、体操着一枚で遊んでいると、よく夕立ちに遭った。そうすると、濡れた体操着が躯にぴったり貼りついて、乳首が薄く透けてくる。その頃から私は、夏の雨に特別な思いを抱いていた。

空が陰って、そろそろ夕立ちが来るなと思うと、気持ちが急いた。雨が降り始めると、私は人目につかない茂みに隠れて、胸を張ってなるべくたくさん雨を受けたり、板きれなどがあれば仰向けに寝て雨が服に浸みるのを待った。全身がずぶ濡れになると、そのまま辺りを散歩した。一度だけ上半身を脱いで胸に直接雨を受けたこともある。

私にこの癖が生まれたきっかけは、たぶん、道で拾って見たSM雑誌の水責め写真だ。水車に磔にされた女囚が和服の胸をはだけて苦悶する写真。後手に縛られ、正座されられ、桶の水を浴びせられている。私はそれを小学校3年生くらいの時に男の子の友達と一緒に見た。彼の興奮が伝わってきたのか、私自身が興奮していたのか分からないけれども、以来、私にとって水は淫靡な匂いを持つ特別なものになった。ちょうど乳首がちょこんと出っ張り始めて、自分が女であることを意識し始めた頃だったからかも知れない。

小学校4年生くらいまではまだ無邪気だった。それが変わってきたのはブラを着けるようになった5年生の頃からだ。ブラの肩ひもをずらして腕を張ると、縛られているような気分になる。普段は気にしないが、雨の中でそれをすると、以前見たSMの写真が頭に浮かんだ。雨の中、茂みにもぐって、地面に正座してTシャツの中で肩ひもをずらした。そのままじっと俯いていると、雨のしずくが髪を伝って、ぽたぽたと音を立てながら短パンの太ももに落ちた。こんなところを人に見られたらと思うと、胸のドキドキが止まらなくて、子宮がジンジン疼いた。

やわらかい草の上に寝転がって、腕を後ろに組んだまま、雨の滴でお辞儀する草を口に含んでみたこともある。それは猿轡に似ているような気がした。投げ出した脚が雨に打たれて、張った腕に肩ひもが食い込み、私はみじめな女囚になった。人の気配がすると、あわてて隠れて服を直した。

ヴァギナが濡れることを体感したのもその頃だ。私は雨に濡れながら、想像の中では大人の女囚になって折檻を受けていた。太ももを擦り合わせると、子宮の疼きが激しくなった。短パンの脇から指を入れてヴァギナを確かめると、そこは温かい粘液で濡れていた。顔に受ける雨と、草の匂いと、罪悪感がセットになって私を陶酔の深みへと連れ込んだ。それがオナニーと知ったのは中学に入ってからのことで、知ってからはもっと具体的なことをするようになった。

毎日、服を着たまま湯船に浸かったり、シャワーを出しっぱなしにしておいて洗い場の床に寝ころんだ。タオルで猿轡をしたり、紙のガムテームを持ち込んで手首を縛ったりして、太ももを擦り合わせてオナニーした。雨の日はただ濡れて帰って、そのままお風呂へ直行した。濡れた服は洗濯機に放り込んで自分で洗ってしまえば親にも知られずに済んだ。

高校を出るまで、親元にいる間はずっとそうして遊んできた。やり方を覚えてロープを使ったお風呂自縛も楽しんだ日もあった。一度でいいから、きちんと自縛をした状態で夕立ちに打たれてみたいと夢見たりした。それを諦めなければならなくなったのは、社会に出てすぐに妊娠をし、結婚することになったからだ。

私はもう1年以上も自縛をしていない。子供のこともあるけれど、夫は自営業で一日中家にいるし(私の癖のことは想像もしていない)、お風呂場には鍵がかからない。傍から見ればゆっくりオナニーができないことくらい大したことじゃないと思われるかも知れないけれど、こんな梅雨の日々には苦しくてたまらなくなる。最近、天気予報の傘マークを見ただけで体が疼いてしまって困る。

▼今月の室井亜砂二さんの扉絵は雨乞いの人身御供がモチーフ。雨野しずくさんからしたら凄く悩ましい絵になっているかも知れませんね。服を着たままシャワーを浴びたり湯船に浸かったりできる場所……やはり基本に返って屋外で雨に打たれるとしかないんでしょうか。(文)
★それができないから苦労してるんですよねぇ。旦那さんの目を盗むといっても子供が見たら真似しちゃいそうですし、どなたか名案思いついたら教えてくださいネ。(猫)


「すみませんが、足の指を舐められたいのです」 文=ゆび子 NEW!

私には一つ変わった性感帯があります。それは足の指です。男性の方で、セックスの時にパートナーの足の指を舐める方は少ないと思いますが、私はそれをしていただかないと、最後までずっとモヤモヤしてしまいます。足の指を一本一本口に含んで、もちろん、指と指の間まで、念入りに舐めていただきたいのです。

私が自分のこの性感帯に気がついたのはまだ高校生の時でした。当時交際していた男性に足フェチの気があって、学校帰りの私にシャワーも浴びさせず、彼の乗ってきた車の中でまず足を舐めてくるのです。最初はソックスの上から、次に生足を出して舐めます。指の一本一本をしゃぶったかと思えば、つま先の5本の指を全て口の中へ含んでしまうこともありました。その彼は私にとって初めて交際した男性でした。ですから、少し変だなとは思いながらも、どのカップルも多かれ少なかれ似たようなことはしているんだろうと、いつも言われるがままに足を差し出していました。

困ってしまったのは彼と別れ、新しい男性とお付き合いするようになってからです。だって、少しも足を舐めていただけないのですから……。足の指を舐める男性も、足の指を舐められて悦ぶ女性もこの世の中では少数派なんだとはっきり分かったのは、私がもう社会人になり、最初の彼から数えて4人目の男性とお付き合いしていた時でした。

思い切って「舐めて欲しい」とお願いをしてみたところ、不快そうな顔できっぱりと断わられてしまったのです。もしかすると私は異常なのかも知れない…そう思うようになり、男性と交際することが怖くなってしまいました。そして同時に、もう長い間舐められていない足の指を舐められたい、しゃぶられたいという強い思いに身を焦がすようになりました。挙げ句にはスライムという玩具に足を入れてみたり、自分で舌を伸ばして舐めてみたりという悪あがきまで……。

男性にはお金さえ出せば性的なザービスを受けられるお店があって本当に羨ましく思います。女性の私は足の指を舐めてもらうという願望すら、縁がなければもう一生叶わないかも知れないのです。せめて頭の中でだけでも楽しみたいと思い愛読させていただいていますが、女性の側からの「足を舐められたい」という告白はこれまでなかったようですので、思い切って投稿させていただきました。

▼私は足の指を舐めるのも舐められるのも大好きですけどね。とても気持ちいのいい、特別な行為です。今思いついたんですがシックスナインの足バージョンなんて、それこそ夢みたいなゴージャスプレイだと思います。そんなに変わった行為でしょうか。(文)
★ゆび子さん、世の中にはこんな足フェチ男性って少なくないと思いますよ。あんまり臆病にならずに、もし抵抗がなかったら自分から相手の足を舐めてみちゃうっていうのはどうかしら? そしてそこから足シックスナインに……いや、それはやっぱり珍しいパターンかも……。(猫)


「ムチムチした肉感熟女の臭いパンティを恋うる」 文=マゾシルク

熟女愛好のM男です。私は熟女のクサいパンティに目がありません。少し前にチンポイドAさんが臭い匂いのする「逆香水」を提案していましたが、私はその匂いを抽出するための、クサいパンティを収拾する係になりたいと思いました。

私は熟女が好きですが、最も興味があるのは本体よりもパンティです。少し弛んだゴム、使い古した感じ、糸のほつれ、そして繊維に染みこんだ体液。私はムッチリとした熟女の下腹部を包むパンティになりたいと願い、それが叶わぬゆえにパンティを舐め、しゃぶり、かぶり、そのパンティでペニスを包んで自慰し、休日には発狂するような気持ちで道行く熟女たちを眺めています。

ですから、本当に「逆香水」を作る会社や工場があったならそこに就職して……と、哀しいほどに妄想を掻き立てられてしまいました。今もまだ夢から目が覚めていません。すべてが妄想だなんて信じたくありません。 いつかその会社は必ず実現するはずです。

クサいパンティの収拾にかけて、またはテイスティングの正確さにかけて、この世に私の右に出るものはいないでしょう。きっと出世するはずですが、私は何歳になっても現場にこだわり続けたいと思います。

▼マゾシルクさんからの熱い入社希望のメールです。チンポイドAさんの時にも書きましたが、実はこのスプレーはすでに商品化されているようなのです。国はドイツのようですが、渡航する気さえあればマゾシルクさん、チャンスです。(文)
★ドイツで発売されたのは女性の尿と汗と膣分泌液が入った究極の媚薬らしいですね。製作ににあたって使用済みのパンティを収集するのかどうかは疑問ですが、マゾシルクさんの嗅覚が活かされる現場がそこにあることは間違いないと思います。(猫)


「GALのCA、フライト後の反省会」 文=端井譲治 NEW!

【GALアテンダントチーム、フライト後のミーティング】

フライト先の宿舎。殺風景な会議室兼食堂。全員フライトの時のままの格好。

チーフAC遠井カナ「以上で全体反省会終了。続いてお客様のアンケート集計結果を発表します。数字は平均点です」

全員に緊張感が走る。

カナ「遠井42.3。桜井エミ44.8。斎藤芳子43.5。渡部知美43.3 ………… 青木真知子30.5」

皆からえつといふ驚きの声。顔面蒼白になる真知子。

カナ「青木は総合点では断トツのトップ。しかし身体のある部分を口にできないといふことで何人ものお客さまが大幅なマイナス点をつけました」

他の全員は安堵の表情。真知子だけがうつむく。

カナ「これから食事になります。全員スウェットのトレーナー上下に着替へることを許可します。青木だけは食事抜き。そのままの格好で床に正座して待つこと。解散」

全員部屋を出ていく。
両手で顔を覆つて座つたままの真知子。
やがてゆつくり立ちあがり床に正座する。
―FO―

食事と片付けが終はつた会議室。

カナ「それでは最下位者教育を始めます。真知子は立つて正面に来なさい」

真知子、立たうとするが脚が痺れてよろめいてしまふ。

カナ「しつかりして。そんなことだから最下位になるのよ。知美さん、ちよつと脚に触つてやつてごらん」

言はれた知美、真知子の膝の下あたりを触る。

真知子「キヤツ」

痺れた脚に電気が走り飛びあがる真知子。

カナ「早く、こちらに来なさい」

真知子、テーブルの端につかまりながらやうやく正面に来る。

カナ「気をつけ。最後までその姿勢でゐるのよ」

おぼつかない足元ながらやつと気をつけの姿勢をとる真知子。

カナ「なぜ最下位だつたのか、自分の口から言つてごらんなさい」

言葉が出せずうつむいてしまふ真知子。

カナ「下を向かないで。顔は正面、皆の方に向けてゐること。さあ、話して」
真知子「お、お客様に対して十分なサービスができなかつたからです」
カナ「そんなことは分つてるの。もつと具体的に何ができなかつたか言ふのよ」
真知子「そ、それは……」

またうつむいてしまふ真知子。

カナ「自分ぢや言へないのね。それぢやあみんなで指導してあげるわ。これができないうちは全員寝られないからね」

全員に動揺が走る。

カナ「前をしつかり向いて。ここは何なの」

と真知子の額を指す。

真知子「お、おでこです」
カナ「自分の名前をつけて言つて」
真知子「ま、真知子の、お、おでこです」
カナ「これは。」
真知子「ま、真知子の鼻です」
カナ「ここは。」
真知子「真知子の喉です」
カナ「ぢやあ、ここは」
真知子「真知子の、真知子の、お、おつぱいです」
カナ「ちやんと言へるぢやないの。それぢやあ、これは」
真知子「真知子のお臍です」
カナ「よーし、それでは、ここは」
真知子「そこは、そこは…… 真知子の、あのー、い、言へません」

またうつむく真知子。

カナ「うつむかないで。前をしつかり見て。ぢやあ聞くけどなんと言ふかは知つてるの、知らないの」
真知子「し、知つてゐます。でも、口にしたことはありません」
カナ「知つてゐるなら言へばいいぢやないの」
真知子「言へません。」
カナ「いいわ。エミ、あそこの棚からマーカー持つてきて。赤と黒ね」

言はれて桜井エミがマーカーを持つてきてカナに手渡す。

カナ「これからみんなで真知子の身体にその部分の名称を書きこんでいきます」

全員ざわめく。

カナ「油性だから風呂で洗ふぐらゐでは、帰りのフライトまでには落ちないと思ふよ」

益々あおざめる真知子。

カナ「お客様もある意味残酷だから、身体にそんな印のあるアテンダントにはまた低い点数をつけるわ。しばらくは最下位が続くわね」

横からエミが口をはさむ。

エミ「だつたら最下位はいつまでも最下位に……」
カナ「ううん、すぐにチーム編成も変はるし、さうすると最下位同士のハチ合はせもあるだらうし」
エミ「ふーん」
カナ「そんな時にはみにくい最下位争ひが起きるわね」

カナ、近くのメンバーにマーカーを渡す。

カナ「普段は仲のよい友達でも、心を鬼にするのよ。明日は我が身と思つてね。始め」

CA全員かはるがはる真知子に近づき身体にいたづら書きをしていく。中にはキャッキャッ
笑ひながらするのもゐる。
真知子、耐へきれず顔を両手で覆つて泣きだす。

カナ「背中も忘れないでね」  

全員書き終へる。

カナ「終つたかしら。では全員席に戻つて。真知子、まう一度正面にしつかり立つて一回りしてごらん」

真知子、顔を覆つたまま一回りする。

カナ「あら、だれ、お尻におケツなんて書いたのは。お下品ね」

皆ドツと笑ふ。
悄然として立つ真知子。身体中にペンの跡。乳首のまわりに赤の二重丸。乳房のまわりも何重もの円。へそ、おつぱいなどの文字も。

カナ「さあ、できたわ。真知子、ここにもちやんと書いてもらつたやうね」

へそから下に向かつて矢印。そのよこにひらがなでお・ま・ん・この文字。

カナ「ここまでくればあとは簡単ね。真知子、それを読みなさい」
真知子「お……」
カナ「名前」
真知子「ま、真知子の、お・ま・ん・こ。あぁー」

泣きくづれる真知子。
―FO―

▼スナイパーSNSでも精力的に小説を発表されている端井さんの連続投稿。今回は脚本の形で書いて下さいました。これまでの流れをご存知ない方はコチラから。端井さんの軽やかなファンタジスタぶりを存分にお楽しみ下さい。(文)
★私としては、以前にチラッとだけ登場したアメリカの航空会社「ヤンキーエア」の動向が気になります。今のところ端井さんの作品は責め手と受け手の直接的なやり取りがないんですが、それも端井さん独特の展開を形作るポイントの一つなのかな。(猫)


「白目失神姿のインパクトに憑かれた僕」 文=夜間飛行

僕は女性が白目を剥いた顔に興奮する白目フェチです。子供の頃に読んだエロ劇画で、セックスをしている女性が快感の余り白目を剥いて失神するという場面を見て、女性にとっての最高の快感=白目失神とインプットされてしまったようです。ですから女性を「酷い目に遭わせて」白目を剥かせたいというわけではないのですが、どうしても残酷な印象を与えてしまうらしく、人に話すと白目ならぬ白い目で見られてしまうので困りものです。

実際に女性に(セックスの中で)白目を剥かせることはとても難しく、AVならともかく実生活の中で女性の白目アクメを見たことはまだありません。付き合っている女性に「演技でもいいから白目を剥いて失神して欲しい」と頼んだこともありましたが、嫌われることを恐れて冗談ぽくしか言えないので実現しません。

こんなふうに実現が不可能(あるいは困難な)願望を持ってしまった不幸というのは、つくづく恐ろしいものだと思います。いったいどうやってカタルシスを得ればいいのか、それとも僕は、一生涯、自分の欲望をまっとうすることができないのでしょうか。

僕が白目を剥いて失神してしまいそうです。

▼「あぶらいふ」には付きものの宿命的な悩みですね。ただAVでも白目に特化した作品って出ていますし、同好の方は少なくないと思いますよ。掲示板のような即時性はありませんが、この投稿欄もご随意に活用して情報や体験談を募ってみて下さい。(文)
★「白目ならぬ白い目」とか「僕が失神」とか、時々上手い言い回しをしちゃう辺りの余裕を感じます。これからも貪欲に白目失神の魅力を追求し続けて下さい、夜間飛行さんの目が黒いうちは!!(猫)


「女装性処理奴隷の悦び」 写真・文=秋山たつや NEW!

こんにちは、淫乱女装Mの秋山たつやです。最近はSMバーで知り合ったバイセクシャル男性のA様に時々性処理奴隷として使って頂いています。

A様とはラブホテルで会うのですが、残念ながら私の女装は堂々と外出できるレベルではないので、男の恰好のまま私が先に部屋に入り、女装してA様を待ちます。

ボンデージブラで胸の脂肪を寄せてオッパイをつくった上にスケスケのキャミソール、下半身は股間くり抜きの網タイツにTバックが定番です。スケキゃみは「透けて見える乳首がエロくて好き」なA様の趣味です。

↑パイパンのアヌスに深々と異物を受け入れて怒漲を脈打たせる秋山さん。
A様が部屋に入ってきたらすぐにズボンのファスナーを下げてA様の肉棒(マゾ泣かせの巨根)を引っ張り出し、そのまま咥えて風俗嬢がよくやる即尺プレイでご奉仕します。

A様は風俗店に通っていた時代もあるみたいなので、風俗嬢に負けないように、吸って、舐め回して、ご奉仕します。A様は「今まで経験したどの女のフェラより和美(私の女装名)のフェラが気持ちいい」と言って、私の口の中で発射してくれます。

それからガウン姿になったA様と並んで、部屋のテレビでAVを観ます。A様は絶妙な指の動きで私のオッパイと乳首をキャミの上から愛撫してくれます。私もA様のガウンの中に手を入れて巨根を握ります。A様は絶倫なので、もう完全復活してガチガチです。

自分から「和美のオマ○コにオチンチンを入れてください」とパンティだけを脱ぎ、床に手を突いて尻を上げたポーズをとっておねだりしてしまいます。

「しょうがない淫乱女だな」と笑いながら、A様はバックから私のアヌスを串刺しにしてくれます。巨根でガンガン突きながら、オッパイと乳首も指で責めてくれるので、私は声を上げ続けて悶え泣きです。そのままA様に種付けして頂くと、本当に幸せな気持ちになります。

まだまだ元気なA様は、休憩なしでベッドに移動して私を可愛がってくれます。ベッドでは、ローション、アナルバイブ、ローター、乳首クリップなども使って責めながら、巨根を私に挿入して突いてくれるので、狂いそうになるほどの快感です。

ぺニクリの根元に暴発防止のリングを装着されてなかったら、確実にトコロテンしていると思います。

ベッドでも二回種付けされて合計四回の雄汁を受け止めてから、私はやっとペニクリのリングを外され、「和美も出していいよ」と許可をもらえます。

締めのプレイもA様の趣味で毎回決まっています。バスルームでA様のオシッコを飲みながらパイパンのペニクリをしごく、強制飲尿オナニーです。すごく惨めなのですが、そんな自分に興奮して、私はいつもすごい勢いでペニクリからマゾミルクを飛ばしてしまいます。

A様は「和美みたいな真性マゾと出会えて嬉しいよ」と放心状態の私の頭を撫でてくれます。

こんな私の恥ずかしい女装写真を同封しますので、顔出し公開で晒し者にしてください。

↑上下の口を貫かれ、性処理玩具として弄ばれる……。秋山さんたってのご希望により、顔にモザイクをかけないまま掲載しています。

▼秋山たつやさんの目線なし女装ガチハメ写真です。激しいフェラチオの後だからでしょうか、真っ赤な口紅が無残にズレて……。陶酔しきった表情が匂うようなエロスを醸していますね。躍動感のある文章とあいまってアブノーマルな快感の深さを生々しく伝えてくれています。(文)
★発射したザーメンが胸まで飛び散ってマアイヤラシイ。妄想を現実のものにしてしまう秋山さんの行動力、いつもながら凄い人だなぁと思います。次はどんな冒険痴態を見せてくれるんでしょうか!?!(猫)


(「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2010 Julyに続く)

【応募要綱】

「あぶらいふ」では皆様からの力作投稿を募集しています!

★体験談、告白、写真、イラスト募集、貴方のアブノーマルライフをお好きな形で表現して下さい。
SM、フェチ、同性愛などジャンルは問いません。他の投稿者へのご意見、ご感想も大歓迎です。

★投稿はこのページ下段の投稿フォームもしくは郵送にてお願い致します。
作品は編集部が厳重に保管の上、厳選して『WEBスナイパー』の「あぶらいふ」にアップ致します。

★恐縮なのですが、いずれの作品に対しましても、原稿料・謝礼等をお支払いすることができません。
ご了承の上、是非「WEBスナイパー」並びに「あぶらいふ」が目指すサイト作りへのご協力をお願い致します。

★応募方法
・添付ファイル(メッセージ以外の文書ファイルやイラスト、写真、動画ファイル等)がない場合は、このページ下段の投稿フォームをご利用下さい。
・ファイルを送付していただく場合は、お手数ですが、「ファイルオクール」 等のファイル転送サービス(無料)を使ってファイルをWEBに上げていただき、下段の投稿フォームにてURLを私どもに教えて下さい。
※スパムメール対策のため、ここにメールアドレスを公開することができません。ご面倒をおかけ致します。
・データでない作品は郵送にて、以下の宛先までご送付下さい。返却をご希望の方は、その旨をご明記下さい。

たくさんのご応募をお待ちしております!


【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル4階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

【投稿フォーム】

こちらからメールを送信していただくことができます。
投稿される内容をお選び下さい

関連記事

「S&Mスナイパー」の射程と雑誌内雑誌「あぶらいふ」の行方 文=井上文


室井亜砂二 少年時代に描き溜めたイラストを1965年頃から『奇譚クラブ』へ投稿。その語、ファインアートの世界で活躍したが、再びSM画を描くようになり、1984年頃から東京三世社の『SMセレクト』に新作を発表。2004年から『S&Mスナイパー』の雑誌内雑誌「あぶらいふ」の扉絵を描き続ける。画集に『哀犬倶楽部』(大洋図書)など。
inouebun.jpg
井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。「あぶらいふ」編集人。発明団体『BENRI編集室』顧問。
ablife_neko.jpg
 1980年生まれ。フリーター。2003年より「あぶらいふ」のアシスタントとして井上文専門事務所に勤務。勤務時間外は酒を飲む以外のことは一切しない。
 | 
10.06.25更新 | あぶらいふ  > 
あぶらいふ編集部 |