本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

12月号扉絵『雪見の初釜』 画=室井亜砂二

The ABLIFE―Abnormal Dilettante Magazine―
投稿歓迎! 月一更新で贈るオール・アバウト・インモラル人生
読者投稿欄「あぶらいふ」は、「この場」があることで生まれる創作意欲、コミュニケーション欲、そして読者を交えたフラットな交流に意味を求めるインターネット上の広場です。同性愛・自慰妄想・緊縛・露出・各種フェティシズムにまつわる体験談、小説、意見、呟き、絵画、写真など、貴方の個性的な性表現を、ジャンルを問わず募集&掲載しています。「スナイパーSNS」と併せてパワフルにご活用下さい。

★文章の投稿方法が簡単になりました! 個人情報のご記入は一切不要です。
 | 
Monthly contribution gallery 2011 December
2011年12月の投稿作品
NEW!

■イラスト作品 「白い絵の具 NEW!」「お昼休みの体育倉庫 NEW!」「甘い雫 NEW!」「花咲いた NEW!
■文章作品 「変態ホモの怯えてるふりプレイ NEW!」「中二の時からしている変態仮面オナニー NEW!」「恥ずかしくても貴重な体験 NEW!」「紫色のカンバス(4) NEW!」「排泄を我慢させる元カレが植えつけたお浣腸の習慣 NEW!」「変態M男の晒し旅 NEW!」「ペーパーボーイ、這ふ(7) NEW!
■その他 「みんなのことわざ・成句 パート2 NEW!

「白い絵の具」NEW!画=久路野利男

▼毎度コンスタントにドエロい久路野利男さんのCG作品。ビッチ感が半端ないブリンブリンな肉付き&セックスアピール度数200%の媚びた目つき、そこに白濁液をぶっかけるという雄々しいスケベ根性の横溢が素晴らしいです。(文)
★迷わない、そして迷わせない。技術の高さに裏打ちされたサービス精神満点の作品ですね。(猫)

「お昼休みの体育倉庫」NEW!画=石井進一

▼描きにくいポーズを的確に捉えて一発で決める石井進一さん。その確かな腕が冴え渡った一枚です。周囲の笑い声に対してこの諦観の表情、胃が痛くなるような生々しさがありますね。(文)
★股間にブラさげられているのは大人のオモチャでしょうか。一見ホンワカしたタッチの中にとんでもないエゲツなさを潜ませる石井さん。その大人な作風が私は大好きです。(猫)

「甘い雫」NEW!画=RIO
▼ハードな拘束によって作り出された人体の異常なフォルムを描き続けるRIOさんの作品。人体そのものがフェチの対象物に貶められるスタイリッシュな「あぶな絵」です。(文)
★人間を素材にしちゃってるんですね。黒いラバーやレザーの冷たさと作品世界がぴったりマッチ。静けさがRIOさん独特の怖さをジワジワと盛り上げてくるようです。(猫)

「花咲いた」NEW!画=緒結び

▼独自の地平を歩み続ける緒結びさんのふんわりSMワールド。そよ風と紙風船ですよ。桜の季節にはまだかなり早いですが、新春への期待を込めて今号の掲載です。(文)
★緊縛やSMの捉え方も人によってこんなに違うんですねぇ。彼女の視線の先にあるものはきっと明るい未来。自然にそう思える素敵な作品ですね。(猫)


「変態ホモの怯えてるふりプレイ」 NEW! 文=秋山たつや

こんにちは、ド変態Mの秋山たつやです。
最近はホモバーで知り合ったF氏に時々呼び出されて、プレイしています。3回目のプレイの時に私のオナニー画像を撮影されてから、「俺の言うことを聞かないと、お前のオナニー画像をネットで顔出し公開するぞ」がF氏の決まり文句になりました。
自称「鬼畜なS」ですが実際には変態歴の浅いF氏は、私がマニア雑誌やネットで何度もハレンチ画像を顔出し公開していることを知らないのです。
面白そうなので、私も「顔出し公開に怯えているホモ奴隷」を演じて楽しんでいます。
私のバカ体験を聞いて下さい。

プレイの場所はいつもF氏が一人暮らしをしているマンションの部屋です。玄関を入ってすぐのところに、尻丸出しのOバック下着と首輪が置かれています。私がためらうふりをしていると、F氏が居間から出てきて「早くしろよ、グズグズしてると、オナニー画像を公開するぞ」と脅します。
私は悲しそうな顔をして、本当は喜びながら、服を全部脱ぎ、F氏が用意したエロ下着と首輪をつけ、四つん這いでF氏が待っている居間に進みます。
ソファにふんぞり返っているF氏に近づき、ピンサロ嬢みたいにF氏のズボンと下着を脱がせ、F氏のペニスにしゃぶりつきます。
「顔出し公開されたくなかったら、奴隷らしくしっかり奉仕しろよ」とドヤ顔のF氏のペニスを根元まで咥えて舌を絡めると、ペニスは私の口の中でみるみる大きく硬くなり、咥えるだけでも息苦しくなります。
F氏のペニスは、大きさも太さも超A級のマゾ泣かせの巨根。私がわざとらしい演技を続けているのも、この巨根から離れられないからです。
しばらく口でご奉仕してから、いつもF氏に後背位で犯されながら、見た目は不器用オヤジなのに意外にテクニシャンなF氏の指で肥大乳首をいじられます。このあたりから、私も演技を忘れて本気モードの悶え泣きです。
だってF氏の巨根でズンズン突かれる快感って、本当にスゴくて……。
F氏は絶倫なので、一度呼び出されると、3回は犯されます。気が向いたときは、オシッコも飲ませてくれます。
プレイの最後には、やはり「顔出し公開」をチラつかせるF氏の前に土下座して、「いつでも呼び出して、私のクチマンコとケツマンコを犯してください。ご主人様のザーメンとオシッコを飲ませてください」と言わされます。
この前のプレイの最後には、「ハッテン映画館での公開調教」を言い渡されました。
「そんな……ひどいです……人前でこんな変態下着だけの格好なんて……お許しください……」と哀願の演技をしながら、私は笑いを必死にこらえていました。
だって映画館の常連客の間では「露出狂性処理マゾ」として有名な私ですよ。

「また来たのか、今夜もみんなでマワしてやるぜ」

……そんな言葉を聞いたF氏がどんな顔をするのか? ちょっと楽しみです。

▼果敢なエロの探求者・秋山たつやさんの近況報告です。秋山さんと言えば私たちには道ですれ違っても分かるようなインパクトのある存在ですが、F氏からすればウブな坊やを開発しているドエスな俺――みたいな気分なんでしょうね。言わぬが花とはまさにこんな時のための言葉かも知れません。(文)
★秋山さんの目船ナシの素顔はコチラで公開中! いつか秋山さんの本性を知ったFさんが怒り出さないことを祈っています。(猫)


「中二の時からしている変態仮面オナニー」 NEW! 文=あずみちゃん

男性が女性のパンティを盗んで匂いを嗅いだり穿いたりする話はよく聞きますが、私のしていることは逆で、今まで誰にも言えずにきました。逆というのはつまり、女である私が、男性のパンツに興奮してしまうということです。

きっかけは中二の時、二つ下の弟が半ズボンの辺りからさせているオシッコ臭さを(これっていい匂いかも……)と思い始めたことでした。少しツンと来るアンモニア臭がよくて、最初は遊んでいる時などに鼻を寄せてさりげなく嗅いでいましたが、そのうちに(一度思い切り嗅いでみたい!)という衝動を抑えられなくなりました。

それである日のお風呂上り、洗濯機に突っ込まれていた弟の黄ばんだブリーフを掴んで部屋にこもった私は、鼻を密着させて、匂いをクンクンと貪り嗅ぎ、それでも満足できず、手にしたブリーフを穿いてみたのです。汚いと思う気持ちよりも、(私はヘンなことをしてる……)というドキドキ感が強かったことを覚えています。

弟の汚れたブリーフは毎日出るので、それを持って部屋にこもるのがだんだん癖になり、やめられなくなりました。匂いを嗅ぎ、穿いて、鏡の前に立つと、そこに変態女が映っています。その衝撃も凄いのですが、この時に思いついたのが、パンツを穿くのではなくて、顔に被るという方法でした。匂いも嗅げて、ドキドキ感も味わえる、ひと粒で二度美味しいやり方です。

私は部屋のドアの鍵を閉めると、裸になってパンツを被り、鏡に映る変態仮面を見て、ゾーッと浮き足立ちました。

(こんな姿を人に見られたら死ぬしかない! どうしよう! どうしよう!)

そう思えば思うほど興奮が込み上げてきました。この時のドキドキ感とオナニーの相性がとてもいいことを発見したのは、それからすぐのことでした。オナニーはもともとしていましたが、被ったパンツを荒い呼吸でべコベコさせつつ、鏡の前でするオナニーは革命的な気持ちよさでした。

私は何度も変態仮面オナニーを繰り返しました。そうして徐々に男性の汚れたパンツに対して強い執着を持つようになっていきました。今にして思うと、弟のパンツをそっと拝借できた学生のうちはまだラクでした。大人になって家を出ると、交際相手のパンツを密かに被る以外には楽しむ方法がないのですが、加えてオナニーまでするとなると、実行は困難です。

たとえば彼氏の入浴中を狙うとしても、時間が足りず、しかもリスクが大きすぎてなかなか満足には至りません。そんな私が楽しみにしているのは、やはり、お盆やお正月などに帰省した時に会う弟のパンツを拝借することです。弟はもう結婚して奥さんも子供もいるのですが、嬉しいことに、今でも白いブリーフを穿いてくれています。

弟の入浴後、母がそうしろというのに従って洗濯機に入れられた、黄色いシミのついたブリーフ。それを掴んで部屋に駆け込む時のドキドキ感、万が一にも見られてはいけないという鳥肌立つようなスリル、そして相変わらずツーンと鼻を刺してくるような芳しいアンモニア臭。恥ずかしくてたまらないのに、何度味わってもたまらないものがあります。

こんな女、私以外にいませんよね……。

▼いいえ、匂いに興奮するのは本能ですし、パンツには匂いが染み付いていますから、惹きつけられるのはむしろ当然と言っていいんじゃないでしょうか。シャワーを浴びずにセックスするのが好きな女性もまったく珍しくありませんしね。あずみちゃんこと変態仮面には、きっとたくさんの仲間がいると思いますよ。(文)
そう、変態仮面は独りじゃない! ちなみに私は子供の頃からバキュームカーの匂いが好きでしたが、あれはどうしてなんだろうか……。(猫)


「恥ずかしくても貴重な体験」 NEW! 文=Mみどり

どこかで名前を呼ばれたような…気のせいかなぁ。
先月末、とんでもないというか、ありえない失敗をしてしまいました。
簡単に言えば、電車の中でお漏らしをして、ジーンズがシミだらけになってしまったのです。

もう少し正確に状況を説明しますと、紙おむつをして、ビニールのオムツカバーの上から、ジーンねズを穿いて、部屋の中で2回お漏らしをしてから、電車に乗って買い物に出掛けたのです。

買い物の途中でも、何度かお漏らしをして、そのまま電車のシートに座ったところ、紙おむつだけでなく、オムツカバーからも漏れ出して、ジーンズにそれと分かるような大きなシミが、はっきりと付いてしまったのです。

経験的に、3回くらいお漏らしして座っても平気、ということが分かっていたのですが、魔が差したというか、5回(紙おむつの限界)以上もお漏らしをしていることをすっかり忘れて、つい、座席シートに座ってしまったのです。

冷たい感触が、お尻の周辺からジワッと拡がり、さらに足の付け根辺りから、大腿部の外側へと拡がり、「ヤバイ」と思ったときはすでに遅く、左右のジーンズの外側辺りが青く変色していて、お尻の辺りも触ると冷たい。

途中の駅で降りて、ホームセンターに駆け込んで、同じ紙おむつを買って、トイレでとりあえず紙おむつだけ穿き替えて、濡れたオムツカバーはポリ袋に入れて持って帰りました。

ジーンズの濡れたシミは、そう簡単には乾かず、家に着くまでくっきりと残っていました。
もちろん、バッグと買い物袋で必死に隠して歩きましたけど……そんな出来事の一部始終を、小悪魔くん(アナルプラグ)がそっと、見ていたのでした。

写真は、その時のオムツカバーです。

↑愛用しているオムツカバー。

↑こちらはいつもお尻の穴に入っている「小悪魔て〜る☆2」。

前号で掲載された騎士衛門さんの投稿「興奮する野外でのオムツ替え」とコメントでの呼びかけを受けて、長年のオムツ愛好家であるMみどりさんがオムツの話題をさらに広げてくれました。かなり悲劇的なうっかり体験だと思いますが、それを「貴重な体験」と断じるところ、さすがの貫禄ですね。(文)
★逃げ場のない電車の中でのお漏らしって、数あるお漏らしシチュエーションの中でもトップクラスに恥ずかしい部類じゃないでしょうか。そこへもってきてアナルプラグのおまけつきというのが、まさに“Mみどりさんクオリティ”。脱帽しました。(猫)


「紫色のカンバス(4)」 NEW! 文=白檀

「縛られるのは初めて?」

静かにK氏は話しかけた。

「……初めてです。」
「男の人とセックスしたことはある?」
「……あ、あります。」
「気分はどう?」
「……とても気持ちいいです」
「そう」

短く答えると、彼は彼女の割れ目を締め付けていた縄を横にずらし、ゆっくりと指を挿入していった。
そこはひどく濡れていて、水音さえ聞こえてきそうだった。

「あっ……」

反射的に両脚を閉じると、少し厳しい口調でK氏の声が聞こえた。

「脚、開いて」

彼女は素直に両脚を広げた。無毛であるそこは、淫靡に透明な液体で滑っている。

「濡れているね」

K氏はゆっくり二、三度感触を確かめるように出し入れすると、指を内部の一カ所に当てるように、激しく動かした。

「やっ……ああっ、止めて下さい」

中を掻き出されるような快感と初めて感じる失禁をしそうな感覚に、彼女はさらに切なげな声を上げ、息も絶え絶えに懇願した。

「や、止めて……ああっ……あの、出てしまいそうですっ……」
「何が出るの?」
「……ああっ……やっ……」

彼女の懇願に手を止めることもなく、彼は指を動かす。その度に粘性を帯びた水音が部屋に響いていた。その音が徐々に水を掻き混ぜるような音になった時、そこから熱い液体が流れ出しシーツを濡らした。

「ごめんなさい、ごめんなさい……」

無意識に口からごめんなさい、という言葉が出ていた。何故かそれがとても心地好かった。
そっとK氏を見ると、穏やかな表情で彼女を見つめていた。
そして二の腕に唇を這わせたと思ったら、そこに噛み付いた。

「あああっ……」

彼女は甲高い悲鳴にも似た嬌声を上げる。
ぞくぞくと背中が粟立った。甘噛みなどという軽い噛み付きではなかった。噛み付いた痕にはうっすらと歯形が残っていた。
今度は太腿に噛み付ついた。
痛みと同時に覚えた快感に、これが被虐の快楽なのだと思った。乳首を抓られた時とは異なる感覚だった。純粋な痛みで感じていた。

K氏はただひらすらに彼女の体中に噛み付いた。
そしてまた彼女の嬌声が部屋に響いた。

「痛くなかった?」

楽しくてやり過ぎた、と言った。

「……大丈夫です」

あれから一時間程、彼女は噛まれ続けた。彼女の身体が歯形だらけになった時、やっと休憩となった。
何故彼にはあれほど、噛むことに執着があるのだろう、カニバリズム願望でもあるのかと彼女が聞いてみると、噛むことが好きなのだ、と彼は言った。人の趣向に意見を言えるほど、自分の趣向も褒められたものではないので黙っていた。

「モデルさんといつもこういったことをしているんですか?」

芸術家らしい、と思いつつさらに質問をした。

「いや、そんなことをしていては身体が保たない」
「……なら何故、私とこのようなことを?」

別段、美しくもない。絵に書かれている女性のほうが何倍も綺麗である。
ただの平凡な普通の女である。

「そうだな……縛った時に虐めてみたいと思ったから」
「そうですか」
「あと、反応が良かった。噛み付いている時の声が『もっとして』って言っているように聞こえた」
「ありがとうございます。」

もし良かったら、とK氏は続けた。

「パートナーにならない?」
「……パートナー?」
「これからもこういうプレイをしていきたいと思って」

夕食にでも誘うかのように言われて、彼女は一瞬戸惑ってしまった。
しかし迷いなどなく、答えは決まっていた。

「……こちらこそ、宜しくお願いします」

その言葉にK氏は微笑んだ。その微笑みは新しい玩具を見つけた子供のそれだった。
私はどのように変わっていくのだろう。
K氏の顔が不意に近づいてきた。何をするのだろう、と見ていると二の腕の裏側の柔らかな部分に歯を立てて噛み付いてきた。
彼女は悲鳴のような喘ぎを漏らしながら、再び嗜虐される快楽に溺れていった。
(第一部・完)

▼4回に渡って掲載してきた白檀さんの小説は、ここで一旦の終了です。扉はまだ開いたばかり、これからどんなせめぎ合いが繰り広げられるのか……白檀さん、続きの投稿をお待ちしています。(文)
★女性らしいと言っていいのかどうか分からないけれど、でも、女性を強く感じさせる繊細な表現がいっぱいつまった第一部。白檀さんの詳細は不明ですが、単にロマンティックというだけでない確かな手触りが感じられて、私としてはとても心に残る作品でした。(猫)


「排泄を我慢させる元カレが植えつけたお浣腸の習慣」 NEW! 文=カラシマ

私の朝はお浣腸から始まります。お浣腸をしないと気持ち悪いです。会社に行く前に自分でするのですが、私にその習慣を植え付けたのは学生時代に付き合っていた男性でした。 その人は、アナルセックスをするわけではなく、ただ私がウンチを我慢している姿に「ゾクゾクするほど興奮する」ということで、日常的に何度もお浣腸を施してきました。

「どうだ? (浣腸が)効いてきたか?」

私の顔を覗き込んで聞いてくる彼。彼は私が「うん、お腹いたい……」と顔を蒼ざめさせて身を捩ったり、立ったりしゃがんだり、足踏みをしたりすると、「可愛い! 可愛い!」と手を叩いて喜び、次いでジイッと舐め回すような視線を向けてくるのです。排泄するところは見せなくていいからなるべくギリギリまで我慢して欲しいというので、いつでも出せるようにトイレの前まで行って我慢するのですが、そのうちに彼が私を見ながらオナニーを始めます。

そうすると、本当にもう限界なのに「あと少し! あと少しでイクから!」と粘っててきて、私は脚をクロスさせたり、ドアに額を押し付けたり、自然といろんなポーズをすることになります。彼にはそれが嬉しいらしく、凄く気持ちよさそうな顔で精子をいっぱい出すのです。もしかして、本当は目の前で漏らして欲しいのかも……そう思って一度聞いてみたところ、彼曰く「ホントに漏らしたらドン引き」とのこと。それだけに私は必死で耐え続けなければいけないのでした。

彼とは2年ほどお付き合いして、浣腸のこととは全く別の理由でお別れしました。困ったのはその後です。最初にも書きましたが、彼との交際中、頻繁にお浣腸をしていた私は、お浣腸なしではいられない体になってしまっていました。朝、200ccの浣腸器(イチヂクではもの足りません)を使って、自分でたっぷり注入します。その時に腸の中へ液体が広がり、満ちていく感じ……これがまず気持ちよくて、何回でもしたくなります。もちろん、すべてを排泄しきってスッキリする感覚も今の私にはなくてはならないものです。

これは性癖というより健康上の習慣だと思いますが、元カレの話もあったのでこちらに投稿させていただきました。あまり色っぽくない話ですみません。

▼色っぽくないだなんてとんでもありません。「我慢萌え」というジャンルもありますし、彼氏に激しく同意しながら読み進んだ方も多いと思いますよ。それにカラシマさんご自身も独りで200ccの浣腸器を使いこなすとは、かなりの剛の者ですね。ぜひ、「お尻の学校」で勉強してステップアップしていただきたいものです。(文)
うんうん。カラシマさんは不本意かも知れませんが、ケッツの快楽を探求する稀有な才能があるということですよ。もしくは、そういう運命がある。これは絶対「お尻の学校」へ入学です!(猫)


「変態M男の晒し旅」 NEW! 文=醒ドール

ペンネーム醒ドールと申します。中国地方に住むド変態M男、現在フリー、ペットとしてソフトからお試し使用(調教)してみたい女王様・Sカップル様にアピールをしたいと思い、全裸で首輪を嵌め正座の顔出し姿を晒し、変態全開で活動を開始、現在に至ります。

最近の楽しみは週末に行なう、1週間の仕事の疲れを落とすチンぐり返しオナニーです。人々が寝静まる真夜中、全裸で首輪を嵌めて鏡の前でチンぐり返し姿になり、声を出してオナニーするのです。

↑チンぐり返しオナニーに惑溺する醒ドールさん。

チンぐり返しオナニーは、首筋を伸ばす姿勢を取りますので肩コリ解消に役立ちます。さらに変態姿を目の前の鏡で見て興奮、声を上げるとまるでカラオケでのストレス発散のような効果もあり、この時ばかりは、早漏の私も我慢汁を垂らしながら15分〜25分間ペニスを扱き続けます。

喘ぎ声で喉が渇いた頃にようやくフィニッシュ。自分で自分の口目掛けて射精すると、毎回精液の3分の1程度は口の中へ直接入りますが、残りは顔面に飛び散り、まるでAV女優さんの顔射シーンのような姿に。変態な私は顔に飛び散った精液を指で丁寧に集め、自分の口の中へ入れて精液食いを堪能。渇いた喉に甘くて苦い精液はとても美味しく感じられます。

こんな変態M男の私は、Sカップル様からお誘いがあればご主人様の肉棒を四つん這いで丁寧に舐め、充分にご奉仕させて頂き、他人棒のミルクを能えて頂くことを最高のご褒美と考える匹夫です。

これを自己紹介とさせて頂きまして、以後、いろいろな投稿をお許し頂きたく思っております。尚、お送りした写真は目線不要です。

↑「私が醒ドールです。どうぞよろしくお願いいたします」

▼秋山たつやさんに続いての顔出しM男性の登場です。少し伺ったところでは相当な体験をされてきているとのこと。どんなアブノーマルワールドを切り開いてくれるのか本当に楽しみです。醒ドールさん、こちらこそよろしくお願いいたします。(文)
★(Mとして)屈強そうな面構えですねぇ。醒ドールさんの歩む変態道のこと、たくさん教えて下さいね!(猫)


「ペーパーボーイ、這ふ(7)」NEW!文=端井譲治

部屋に戻つて次のゲームをお願ひする。
「指でゴム鉄砲できますよね」
「かうして飛ばすやつね」
ユミさまが人差し指と親指で鉄砲の形をつくる。
「それでもいゝんですが、両手だともつと威力が増します」
全裸のままユミさまの前に立つ。一メートルほどの距離からユミさまがボクのヘソを狙つてゴム鉄砲を放つ。当たーりーと声を上げながらボクが両手で万歳する。デパートの屋上で鬼にボールをぶつけてこのゲームをやつた記憶のある人は相当なお年だよ。

行きつけのスナックのママを口説きにかゝりました。
「ママは絶対Mだと思ふんだけどな」
「あら、女はみんなさうでしよ」
軽くはぐらかされます。でも待てよ。
ママの言ふのは、好きな男ならどんなことをされてもいゝといふ女ごころでせうか。あるいは身体を拘束されて抱かれれば快感が倍増することを本能的に知つてゐる、広い意味での前戯としてのMプレイでせうか。しかし女は、ボクが、裸にされ女性の好奇の目に晒される(と妄想する)ときの究極の羞恥の歓びを、恋人の面前以外に感じることがあるのでせうか。すべてがMだといふことはだれもMではないことの裏返しなのではありませんか。
いはんやS女。ボクのとぼしい経験ですがS女といふものに実際会つたことがありません。実生活では男まさりの女社長を知つてゐます。男性社員を顎でこき使ひますが、これはめくるめくSMワールドとはまつたく別の話です。クラブの女王様も客が変はればM女としてお仕事するのですから本当のS女とはいへません。
ボクがスナックのママにふられて得た結論。それはSMは男だけのものであるといふことでした。反論お待ちします。

ユミさまはしばらくボクの胸や腹を狙つてゴム鉄砲を打つてゐたが、すぐに飽きて、近づいてくると萎えてはゐるが皮は剥けてゐる亀頭をゴムパッチンした。
痛えー。
(続く)

▼男性の考えるSMと女性の考えるSMは、コミュニケーションをとっていながらも、その最中ですらたぶん全く違うんでしょうね。その断絶っぷりと、にもかかわらずなんとかなっちゃう現実には人生の秘密すら隠されているような気がします。(文)
★ジワジワと進むプレイ考察と実地のプレイ。ここまで回を重ねてくると、この作品がいったいどんなところに辿り着くのか……どうにも期待が高まってしまいます。端井さん、楽しみにしていますよ!(猫)


「みんなのことわざ・成句 パート2」NEW!絵と文=黒木空介

人生の様々な場面で使えることわざと成句を集めています。皆様もつまずいた時、困った時にこそご活用下さい。

笑う門にはふぐりきんたま(笑う角には福来たる)
見よ蒼ざめたるウーマンその縄師(見よ、蒼ざめたる馬あり、これに乗る者の名を死……)
人はパンツのみにてイケルにあらず(人はパンのみにて生きるにあらず)
二兎を追う者は夫もM(二兎を追うものは一兎をも得ず)
二兎を追う者は嫉妬のレズ(二兎を追うものは一兎をも得ず)
飛ぶ鳥アクメ二号さん(飛ぶ鳥跡を濁さず)
泣きっ面にフェチ(泣きっ面に蜂)
腋毛の至り(若気の至り)
渡る世間にオギノ式(渡る世間に鬼はなし)
陰唇の上にも三年(石の上にも三年)
縁の下の膣と鞭(縁の下の力持ち)
大ボボは筆を選ばず(弘法筆を選ばず)
オナニーに金棒(鬼に金棒)
溺れる者はフェラチオ使う(溺れる者は藁をも掴む)
オメコに小判(猫に小判)
恩を穴で返す(恩を仇で返す)
火事場のバイアグラ(火事場の糞力)
勝ってカントのおしめする(勝ってかぶとの緒を締めよ)
壁に耳あり少女にむりやり(壁に耳あり障子に目あり)
枯れ木も股のワギナに(枯れ木も山のにぎわい)
枯れ木も玉の握り合い(枯れ木も山のにぎわい)
枯れ木もヤリマンの肉体(枯れ木も山のにぎわい)
感謝浣腸ありゃ奴隷(感謝感激雨あられ)
机上の肛門(机上の空論)
ギャルも木からおちんちん(猿も木から落ちる)
睾丸矢の如し(光陰矢のごとし)
地獄の沙汰も姉次第(地獄の沙汰も金次第)
親しき仲にもレイプあり(親しき仲にも礼儀あり)
柔よく強姦セックス(柔よく剛を制す)
知らぬが包茎(知らぬが仏)
心頭滅却すれば紐パンツシースルー(心頭滅却すれば火もまた涼し)
住めばオメコ(住めば都)
前戯の道もチンポから(千里の道も一歩から)
センズリの道も勃起から(千里の道も一歩から)
立てばイクイク座ればボトン(立てば芍薬座れば牡丹)
棚からボボとちんちん(棚からぼたもち)
ちんちんに釣り鐘 (提灯に釣り鐘)
チンポコは金(沈黙は金)
月とスッポンポン(月とスッポン)
罪を憎んで人を肉壷(罪を憎んで人を憎まず)

黒木空介さんのことわざ・成句シリーズ第2段。これでもかと発揮される思い切りのいいお下劣さがドラッグのように効いてきます。もうフラフラです。(文)
★なんてアホらしくて素敵なのかしら……。黒木さんの作風は絵にしても漫画にしても文字作品にしても、まったくブレがないですね。100パーセント黒木節、最高です!(猫)

(「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2012 Januaryに続く)

【応募要綱】

「あぶらいふ」では皆様からの力作投稿を募集しています!

★体験談、告白、写真、イラスト募集、貴方のアブノーマルライフをお好きな形で表現して下さい。
SM、フェチ、同性愛などジャンルは問いません。他の投稿者へのご意見、ご感想も大歓迎です。

★投稿はこのページ下段の投稿フォームもしくは郵送にてお願い致します。
作品は編集部が厳重に保管の上、厳選して『WEBスナイパー』の「あぶらいふ」にアップ致します。

★恐縮なのですが、いずれの作品に対しましても、原稿料・謝礼等をお支払いすることができません。
ご了承の上、是非「WEBスナイパー」並びに「あぶらいふ」が目指すサイト作りへのご協力をお願い致します。

★応募方法
・添付ファイル(メッセージ以外の文書ファイルやイラスト、写真、動画ファイル等)がない場合は、この下の「投稿入力画面へ」より、お原稿をご送信下さい。
・ファイルを送付していただく場合は、お手数ですが、「ファイヤーストレージ」 等のファイル転送サービス(無料)を使ってファイルをWEBに上げていただき、下段の投稿フォームにてURLを私どもに教えて下さい。
※スパムメール対策のため、ここにメールアドレスを公開することができません。ご面倒をおかけ致します。
・データでない作品は郵送にて、以下の宛先までご送付下さい。返却をご希望の方は、その旨をご明記下さい。


【郵送宛先】
〒101-0065 
東京都千代田区西神田3-3-9 大洋ビル4階
株式会社 大洋図書
WEBスナイパー編集部「あぶらいふ」係

たくさんのご応募をお待ちしております!

関連記事

「S&Mスナイパー」の射程と雑誌内雑誌「あぶらいふ」の行方 文=井上文


室井亜砂二 少年時代に描き溜めたイラストを1965年頃から『奇譚クラブ』へ投稿。その語、ファインアートの世界で活躍したが、再びSM画を描くようになり、1984年頃から東京三世社の『SMセレクト』に新作を発表。2004年から『S&Mスナイパー』の雑誌内雑誌「あぶらいふ」の扉絵を描き続ける。画集に『哀犬倶楽部』(大洋図書)など。
inouebun.jpg
井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。「あぶらいふ」編集人。発明団体『BENRI編集室』顧問。
ablife_neko.jpg
 1980年生まれ。フリーター。2003年より「あぶらいふ」のアシスタントとして井上文専門事務所に勤務。勤務時間外は酒を飲む以外のことは一切しない。
 | 
11.12.16更新 | あぶらいふ  > 
あぶらいふ編集部 |