ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
"遊園地の舞台裏"を舞台にした"お仕事エンターテインメント"!!
恋人と同じ超一流ホテルチェーンに就職した波平久瑠美。なのに突然配属されたのはド田舎の遊園地だった。ふてくされる久瑠美だったが、"魔法使い"と呼ばれる上司・小塚や個性的な従業員たちに囲まれる日々を過ごすうち、 少しずつ働くことの楽しさ・やりがいに気づいていく。そんなある日、小塚の秘密を知ってしまった久瑠美は......。

10月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
 | 
(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

どんな仕事にも、苦労や困難はつきものだ。筆者はフリーランスで働いていることもあり、好きを仕事にしていると思われがちだが、必ずしも好きイコール仕事ではないと日々感じている。行き詰まることや乗り越えられそうにない壁にぶち当たることもあって、やはり時々仕事が嫌になることもあるのだ。本作を観て、モヤモヤしていた気持ちが笑いでリセットされ、明日からまた頑張ろうと前向きになれた。

近頃は高学歴の女性が多い。一流企業への就職や責任あるポジションに就く機会が増え、女性の仕事に対する意気込みや憧れも一層強くなってきているだろう。本作は、早稲田大学卒業の波平久瑠美(波瑠)が、念願叶って就職できた会社からいきなり地方への配属を言い渡され、すったもんだを繰り返しながら奮闘して成長する物語だ。都会の実家暮らしで何不自由なく育ってきた久瑠美は、大好きな彼氏・トシくん(中村倫也)と同じ超一流ホテルチェーンに就職し、これから順風満帆な人生が待っているとウキウキなのだが、そこへ突然の辞令が下る。配属先は、系列会社が運営する熊本県の『グリーンランド』という遊園地。トシくんとずっと一緒にいたくて同じ会社に就職したのに、思いがけない配属に戸惑う久瑠美は、のどかな田舎の景色を見ただけでうんざりした表情を浮かべる。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

同期入社は頼りなさそうな吉村剛太郎(岡山天音)。2人がリクルートスーツで挨拶に行くと、園内で爆弾が置き去りになっていることが発覚するが、夢を与える遊園地でトラブルや事件はご法度。騒ぎになることなく爆弾を処理せよというとんでもない任務をいきなり命じられ、2人はオロオロ戸惑う。先輩たちの指示に従い、爆弾を持って飛び込んだ先はなんとヒーローショーで、イベントに絡めて派手に新人歓迎が行なわれたのだ。ドッキリ大成功で沸く観客とスタッフたちに、筆者も会場も大笑い。冒頭からスピード感いっぱいの爆笑シーン連続で、この先どうなるのだろうと観ているだけでワクワクする。でも、ちゃんとオチがあるから面白い。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

こんな田舎の遊園地はもう嫌だと思う久瑠美は、周囲との温度差をひしひしと感じていた。トシくんに電話で愚痴をこぼしたら、「優秀な社員に与えられる"MVP"を取れば、本社に戻れるんじゃない」と提案され、帰ることばかりを考えて仕事に打ち込むようになる。当初は不純な動機で仕事に精を出していたが、上司・小塚慶彦(西島秀俊)との出会いで、久瑠美の仕事に対する価値観や考え方は徐々に変化していく。小塚は、集客率を170%アップさせた"魔法使い"の異名を持つカリスマ。人懐っこくて、いつもニコニコ笑顔が耐えない。満面の笑みでゴミ拾いや動物の糞処理など雑用ばかり命じる小塚に、最初は反発心を抱いて「ゴミを拾うために大学を出たわけじゃない!」と久瑠美は食ってかかった。しかし、お客さんから質問されてもうまく答えられず、久瑠美に代わって吉村が柔軟に対応したことで、「自分は役立たず」と涙をこぼして自信喪失する。小塚がそれを責めずに笑って励ましたのがきっかけで、久瑠美は自ら周囲と打ち解ける努力をし、自分の居場所やいる意味を少しずつ見出していくのだ。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

仕事もしかり、物事を平面で考えていると、限られた部分しか見ることができないものだろう。久瑠美の場合、仕事や会社への憧れが強かった分、田舎の遊園地という辺鄙な場所に配属されたことが悔しくて、きっと自分で自分の視野を狭めていたに違いない。筆者も苦手と感じる仕事が回ってきたときは、久瑠美と同じように早く過ぎ去ってくれと自分から遠ざけようとする思いが先行する。「なんで私が......」という久瑠美のどん底にいる気分も理解できるし、失敗したときにもっとやれたはずと悔やむ気持ちにも共感してしまう。

小塚や個性豊かなスタッフたちに支えられ、久瑠美が徐々に仕事の楽しさややりがいを心から感じ始めていく様子が、表情や穿くズボンの変化で表現されていく。しかし、一難去ればまた一難。遊園地で起こる出来事は、まるで嵐のようだ。いくつもの壁をみんなで協力して乗り越え、自分にも自信を持てるようになり、楽しいと思える毎日を過ごしていた頃、遊びに来てくれたトシくんが「ここはダメだな」とピシャリ。しかし、社会に出ていろんな人に出会い、たくさんの経験をしたことで、久瑠美は人として確実に大きく成長していたから、自分の信念を貫いて仕事に邁進していく。それは、やはり小塚の存在が大きいのかもしれない。いつしか久瑠美は、目には見えない魔法を持った小塚に対し、恋にも似た憧れの感情を芽生えさせていた。そんな小塚の秘密を知ってしまい、久瑠美と吉村の新人コンビが力を合わせて壮大なイベントの計画を練ろうとするが......。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

本作に登場する「グリーンランド」は、熊本県荒尾市に実在する遊園地だ。小塚のモデルとなった人物も実際にいて、ユニフォームはグリーンランドで着用されているものだという。俳優陣も、深水元基・濱田マリ・橋本愛・柄本明など豪華キャストで魅力的。西島秀俊のコミカルな演技にも惹きつけられる。シリアスな役が多い印象だが、こんなにユニークでお茶目な人だったのか!と意外で新鮮だった。本作は、新卒採用の社会人1年生が気概を持って仕事に取り組み、人として成長していく過程を軸に、仲間たちが遊園地にかける情熱や楽しそうに働く姿がとても眩しく刻まれたストーリー。物事は、考え方1つで楽しくもなり、つまらなくもなるもの。自分が変われば、自分を取り巻く世界も変わる。目一杯笑いたい人にも、最近いいことないなと悩んでいる人にも観てもらいたい。家族で観ても楽しい映画だ。

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会

文=角由紀子

不満だらけの毎日を変えたのは、"魔法使い"のような上司との出会い――


『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』
10月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

(C)小森陽一/集英社(C)2018 映画「オズランド」製作委員会
原作=小森陽一『オズの世界』集英社文庫
監督=波多野貴文
脚本=吉田恵里香
出演=波瑠、西島秀俊、岡山天音、深水元基、戸田昌宏、朝倉えりか、久保酎吉、コング桑田、中村倫也、濱田マリ、橋本愛、柄本明

配給=HIGH BROW CINEMA、ファントム・フィルム

2018年│日本│105分

関連リンク



関連記事

男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!

角 由紀子 ダメ男にしか縁がない四十路女。唯一の癒やしは晩酌のレッドアイ。自称・アンダーグラウンド調査員。趣味は地道な貯金とエイジングケア。18 円のもやしで日々食いつなぐ極貧ライター。
https://underground-investigator.amebaownd.com/
 | 
18.10.16更新 | レビュー  >  映画
角由紀子 |