ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)戦争と一人の女運動共同体

WEB SNIPER Cinema Review!!
故・若松孝二の弟子である井上淳一、初監督作品
太平洋戦争末期。時代に絶望して自堕落になった作家の野村(永瀬正敏)、かつて娼婦だった飲み屋の女将(江口のりこ)、そして戦場でのトラウマから性行為ができなくなった男(村上淳)の三人が、戦争に翻弄されながらぞれぞれの運命を交錯させていく――。

テアトル新宿他、全国順次ロードーショー
 | 
「観たい映画がないから、自分たちで作る」――映画評論家の寺脇研氏による呼びかけからスタートした本作は、坂口安吾の小説『戦争と一人の女』『続戦争と一人の女』を原作とし、カテゴライズするなら"官能文芸ドラマ"になるだろう。いわゆるエンターテイメント大作からは程遠く、予算はなんと1200万円というから驚きだ。撮影日数もわずか10日間であり、この二点だけで只事ではない雰囲気が漂ってくる。ただ、大作路線ではないからといって小難しい話に向かうわけでもない。とはいえ、本作は、真っ暗なスクリーンで一人向き合ってこそ独特の味わいを発揮するタイプで、うっかりデート映画に選択しようものなら高確率で大変なことになるので注意されたい。 ストーリーをおおまかに確認しておこう。舞台は、第二次世界大戦末期から終戦直後にかけての東京。「どうせ戦争で滅茶苦茶になるのだから、今から二人で滅茶苦茶になって......」と、時代に絶望した作家は、飲み屋を営む女と同棲を始める。二人はひたすら体を重ねはじめるが、元娼婦の女は、その過去が理由で不感症となっていた。一方、中国戦線で片腕を失った男は、家族の元へ帰還するも戦場での精神的後遺症から、性行為ができなくなっていた。しかしある日、女性が強姦される現場に遭遇したことで、自身の中に芽生えていた性癖に気がつき、それから男は、何人もの女性を襲っては殺害するようになる。戦争により様々なものを失った登場人物たちはやがて交錯し、ある結末へと至る。

本作はれっきとした戦争映画だが、視線は"上部構造"ではなく"下部構造"に向けられており、戦時下を生きる市井の人々の姿が描かれる。戦争という特殊な状況でも、人々の"日常生活"は続くのであり、その中には、戦争だからこそ発生してしまった作家と女のような関係や、連続強姦殺人犯といったケースも含まれる。

気をつけたいのは、坂口安吾の原作小説には後者の"戦争により狂ってしまった片腕の男"はでてこないことだ。作中に大平として登場する強姦殺人犯は、映画ならではの存在であり、これは実際に起こった「小平事件」(1945-1946年)をモデルにしている。その内容は、小平義雄(当時41歳)が「お米が安く手に入るよ」などと言葉巧みに若い女性を山林に誘い出し、強姦した上で殺害したというもので、小平は逮捕された後、死刑が執行されている。なお、一連の顛末は本作スタッフの師匠筋である若松孝二監督が映画化しており、プロットとして引き継がれたことが窺える。

(C)戦争と一人の女運動共同体

映画では原作にあった「明るいニヒリズム」が影を潜め、大平に代表されるように戦争の悲壮感が強調されている。興味深いのは、作中で印象に残るシーンの多くがオリジナル要素という点だ。正直なところ、原作のメインである作家と女の怠惰な生活(性交)は、大平の強姦描写が挟まれるせいで、いささか退屈なものになっている。"刺激"を重視した作品ではないにせよ、やはり物語が動き出すと目を引くもので、そのため終盤30分の展開(ほぼオリジナル)が存在感を発揮している。具体的には、玉音放送が流れた日に、大平は強姦しようとした女子学生に反撃され失敗する。作家と女は戦争が終結したことにより同棲を解消し、それぞれの生活に戻る。その後、作家はポン中で倒れ、女は外国人相手の売春婦となっていたところで大平との邂逅を果たす。これらのシーンはいずれも、停滞していた前半のタメがある分驚きがある。

そして、終わりには捕らえられた大平の独白が行なわれる。大平は「強姦殺人の方法は全て戦場で教わったこと」だと告白し、彼のような存在も"戦争の被害者"であることを突きつける。作品の根幹的なテーマを、登場人物に滔々と語らせるのは説明過剰という印象を拭えないが、それだけ明確に伝えたいメッセージなのだろう。

ところで、作品内で目立っていたセリフ――「男はみんな殺されて女は間の子を孕まされて日本なんて消えて間の子の国が生まれる」や「戦争を続けろ。止めるなら東京燃える前にやめろ」などはいずれも原作には描かれていない。「義士も聖女も堕落する。それを防ぐことはできないし、防ぐことによって人を救うことはできない。人間は生き、人間は堕ちる。そのこと以外の中に人間を救う便利な近道はない」という、代表作『堕落論』の一節も登場するのだが、やはり同じ坂口作品だけあって、完全に一致したテーマとなっている。

『戦争と一人の女』を映画化するにあたって、原作小説に様々なアレンジが加えられている。それにより戦争批判の色合いは強まっているのだが、市井の人々に注目するというアプローチ方法に変化はない。ちなみに洋パンとなった女の存在は、上記の「間の子」発言を踏まえたものだが、彼女は大平に襲われることで、その縛りから解放される。不感症と強姦魔の組み合わせは、あたかもマイナス同士を掛け合わせてプラスに転じさせたかのように、新たな展開を生み出していた。

文=高橋史彦

坂口安吾『戦争と一人の女』『続戦争と一人の女』を映画化した官能文芸ドラマ




『戦争と一人の女』
テアトル新宿他、全国順次ロードーショー

(C)戦争と一人の女運動共同体

原作=坂口安吾
監督=井上淳一
脚本= 荒井晴彦 、中野太
出演=江口のりこ、永瀬正敏、村上淳、柄本明、高尾祥子

配給=ドッグシュガー
宣伝=トラヴィス

2012年|日本映画|カラー |ビスタサイズ|98分

関連リンク

映画『戦争と一人の女』公式サイト

関連記事

ラブドールを愛する人生。あっち側にイッちゃってる男は、未来に生きてる!? 監督とオリエント工業社員の明晰トークショーあり! 映画『体温』公開中!!

高橋史彦 駆け出しライター。ITmedia・ねとらぼ、Webサークル・ねとぽよで活動中。ポーカーと将棋、囲碁仲間を激しく募集してます。

ねとぽよ
Twitter

 | 
13.05.11更新 | レビュー  >  映画
文=高橋史彦 |