worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
2人の女性の30年の時を超えた、恋と友情の物語
東京から岡山に転校してきたばかりの佐々岡鮎子(優希美青)。クラスに友達がいない彼女の心の支えは、かっこよくてギターもうまい大学生の彼、ヒデホくん。鮎子は密かに2人を主人公にした恋愛マンガを描いていたが、ある日、その漫画をクラスでもよく目立つ美人の秋本武美(足立梨花)に見られてしまう。漫画を通して次第に仲を深める2人だったが......。1980年と現代の2つの時代を舞台に揺れる恋と友情を描いた青春物語。

全国順次ロードショー
 | 
(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

時代設定は80年代と聞くと、すわ80'sリヴァイバル!車とか、ファッションとか、口調とかで、80年代をグイグイ感じさせてくれるのか?!?と期待してしまったのだが、さほどタイムスリップ感を味わえなかったのは残念だった。
むしろ友情出演している岩井志麻子のヒョウ柄トレーナーに、時代設定を超越した説得力を感じる。なぜ岩井志麻子が唐突に出てくるのか? 岡山出身というつながりしか思い浮かばないが? しかしそのインパクトたるや充分、このシーンは本作最大のでーれーモーメントと言っていいだろう。原作は原田マハ。監督は大九明子。岡山県を舞台とした女子高青春ムービーだ。

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

1980年、ラジオからはリクエストナンバー、山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」が流れ、主人公(優希美青)は学習ノートにマンガを描いている。東京から岡山に転校した彼女は、溶け込もうと試みた岡山方言「でーれー(『ものすごい』の意味)」の使い方を間違え、登校初日からクラスで浮いてしまった。そんな彼女になぜか周囲から一目置かれているミステリアスな女の子(足立梨花)が声をかけてくれる。それをきっかけに2人は親友同士になり、主人公の描くマンガを回し読みするようになっていく。
一方、現代ではすでに売れっ子マンガ家となった主人公(白羽ゆり)のもとに、母校から同窓会の案内が届く。岡山で会えるはずの、親友(安蘭けい)との間に何があったのか、映画は現代と過去を行き来しつつ、青春でやりのこしたこと、その最後のピースを埋めるべくすすんでいく。

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

高校生の演技は学芸会風だし、お約束の難病は登場するしと、辟易する部分もありつつ、転校初日の心細い感じから、友情が始まりそしてそれが失われていくまで、その不安、歓び、苦しみの展開はなかなかいい。夕方に商店街で友だちが、まだ帰らないでと誘ってくる。強く屹立しているかに見えていた彼女の意外な弱さ! こういうとき一緒にいてくれる人って、失ってみてからそのありがたさに気づくんだよね。

80年代を舞台とした女性同士の友情物語というと、2012年に公開された韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』(カン・ヒョンチョル監督)を連想せずにいられない。しかし、どちらも女子校が舞台ながら、『サニー~』の生徒達はみな私服だった。そこで登場人物たちがケミカルウォッシュジーンズを穿いたり、シャツをパンツインしたりして、80年代っぽ~い!となっていたのだが、本作の生徒達はみな制服。それでも当時のデザインを再現しているというが、そんなのブルセラマニアじゃなきゃ「うをー!80'sモデル懐かしい!」とか分からないでしょ! でも制服だからこそ物語の後半、主人公は首に巻かれているスカーフを通して、後輩と世代を超えた一体感を得ることができる。本作には友情のほかに、この学校との一体感という「愛校心」の通奏低音も流れているのだ。
主人公の学校には厳しい校則があって、生徒時代はそれに右往左往していても、やがてそれが仲間意識の源泉になる。電通「鬼十則」みたいなのをみんなで唱和している朝礼なんかは、言ってみれば『フルメタル・ジャケット』で歌いながら連帯感を強めている兵隊と変わらない! 教師が自分の娘も同じ学校に入学させているエピソードなど見るにつけ、本作の登場人物達には疑似家族のような、(ある意味閉鎖的な)連帯感が透けてみえるのだ。日本の厳しいお嬢様学校、そこは実は意外にバンカラなホモソーシャルな世界だった! そんな2人の成長した姿を、日本最大の女の園、宝塚出身のトップスター2人が演じているというのもまた味わい深い。

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

そんななか、このミステリアスで姉御肌な友だちに腐女子属性があったというのが、本作最第2のでーれーモーメント。彼女は、主人公が恋人(矢野聖人)との関係を描いていたマンガを読んでるうちに、そのキャラクターを通して恋人に恋してしまう。いわば主人公のマンガの才能という芸術が、2人の生活を凌駕してしまうこの展開に、原作・原田マハのパンチ力を感じる。と同時に、これも異性への反応を同性同士で分かち合いたいという、女子校ホモソーシャルの力学ではなかったかと思うのである。

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

それにくらべて、2人の決定的な決裂の元となるあの男。地下道でまっすぐこなれた感じで声をかけてくる、あの男子生徒(須賀健太)のなんたるホモソーシャル全然ないっぷりか! 高校生のくせに友達ともつるまず、放課後に1人フラフラしたあげく、サラっと女の子に声をかけちゃう!?なぜ友だちとゲーセンに行って、帰りに大食い競争とかしない!?馬鹿野郎!この野郎!この男は、こじれ感ゼロ。今後の人生、悩み無用! そして映画が現代に移れば、跡形もなく消えている。まさに「男一瞬、ダチ一生」......。主人公はこんな奴のせいで、一生もののダチを失ってしまうなんて!異性こそは友情の敵、かくもホモソーシャルの土台はモロいのだ!でもそれでいいんだよね。

忘れていた高校時代へと再び立ち戻った主人公は、青感動のシーンへとなだれ込んでいく。しかし絶叫する彼女を眺めながら私は、この人これからどうするんだろうと考えていた。男一瞬も経験した、ダチ一生も経験した。するとやはり、そこには友情と男、その彼岸に立っている岩井志麻子先生の姿がフラッシュバックするのだ。主人公はこの先、若い男を西へ東へ食いまくるしかない! ああ、やはりすべての女子は「ひとりでーれーガールズ」こと岩井志麻子を目指すべきなのだ! ぜひみなさんも本作を観て「全然そんな映画じゃなかったふざけんな」みたいなメールを、どしどし私に送ってほしい。

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会

文=ターHELL穴トミヤ

あなたはどんな青春を過ごしていますか?
あなたはどんな青春を過ごしましたか?
映画を観終わった時、あなたはきっと「今すぐ大切な人に会いたくなる」。


『でーれーガールズ』
全国順次ロードショー

(C)2015 原田マハ/祥伝社/「でーれーガールズ」製作委員会
原作=原田マハ『でーれーガールズ』(祥伝社刊)
監督=大九明子
脚本=源孝志
出演=優希美青、足立梨花、須賀健太、桃瀬美咲、石崎なつみ、杉浦香絵、山根千佳、矢野聖人、前野朋哉、丘みつ子、甲本雅裕、根岸季衣、白羽ゆり、安蘭けい
配給=メ~テレ

2014年│日本映画│ビスタサイズ│118分

関連リンク



関連記事

ナショナル・ギャラリーで働いてる奴らはまじで美術大好き人間だらけで、オタク特有の内向さと突然興奮する性向が感じられていいね!と言わざるを得ない 映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |