女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

WEB SNIPER Cinema Review!!
豪華実力派キャストによるクライム・サスペンス
シカゴからロンドンに渡り、安アパートに暮らしている請負労働者トム(ジェームズ・フランコ)と小学校教師アナ(ケイト・ハドソン)の夫婦。政府の金融引き締め政策と外国人労働者への取り締まりによって経済的に困窮していく中、2人は、階下の住人が持ち主不明の大金を遺して死んでいるのを発見し、欲望に負けてその金に手を出してしまう――。

2015年2月28日(土)全国公開
 | 
(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

塗装やリフォームの仕事でくいつないでいる主人公(ジェームズ・フランコ)と、学校の教師をしている妻(ケイト・ハドソン)。ロンドンの片隅に移り住んできたつましいアメリカ人夫婦が、偶然大金を見つけてしまったのをきっかけに、ドツボにハマっていく。だけどあんたら素人のくせに結構やるじゃない、庶民に潜む底知れぬガッツに乾杯! という、そんな90分になっているのである。

(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

本作、始まって最初の快感は「赤信号を無視して渡った人間が思い切り跳ね飛ばされるのが見たい!」という、庶民のささやかな願望が満たされていくドミノ展開。夫婦が偶然見つけた22万ポンドを前に、この金はヤバいかもしれないよと気づきつつ、これはしちゃいけないことだよね、と話し合いつつ、「今までマジメに生きてきて何を得た?何もない......」とか言って、結局着服しちゃう。お金を見つけたことを、警部補(トム・ウィルキンソン)に黙っちゃう。一時的に預かるだけとか納得しつつ、ローンさっそく払っちゃう。それでもう、こんな悪い子は罰されてほしい!ウンと酷い目に遭う姿が見たい!と思っていると、まずは地元のワルがやってくる。金を見つけた自宅の部屋がいつの間にか荒らされていて、「ああ、なんかヤバいこと起こっちゃってるな」というジェームズ・フランコのビビり顔にざまあ~!と思うわけです。小市民のくせに、欲かいちゃって!と、脳内物質「だからいわんこっちゃないパミン」がドパドパ出はじめる。
そこで事態を察知した警部補に「何かを隠しているなら、正直になる瞬間は今しかない」とまで言われるんだけど、ここでもジェームズ・フランコがしら切っちゃう。すると今度はナゾのフランス人(オマール・シー)から電話がかかかってくる。「リフォームの相談がしたい」とか高そうなレストランに呼び出されて、儲かりそうだな?とワクワクしていると、「俺の名前はチン・ギス・ハーンだ」とか言われちゃう。で、その暴虐の歴史とかを語りはじめて、もう意味分からないけど、レベルの違うヤバさ来ちゃった感が漂いはじめる。地元のワルのほうがまだマシだったかもみたいな恐怖が襲ってくる。

(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

そこから夫婦はどんどんドツボにハマっていって、けっきょく警察に頼るのがこれまた庶民っぽくていいんですね。手に負えなくなったら警察!市民の基本です! しかしそれで済むわけもなく、生活がかかった夫婦、娘を失った過去を持つ警部、地元のワルに、なぞのフランス人マフィアまで巻き込んだ、四つ巴の泥沼が始まるわけです。
その過程で「どうする」とか相談しながら、いつまで経っても思春期みたいなジェームズ・フランコの顔と、すてきな奥様みたいなケイト・ハドソンの顔が、どんどん犯罪者ヅラになっていくのがおもしろい。で、「いよいよこりゃ腹くくらないといけないぞ」ってなると、妻のほうが結構やるじゃないみたいな、これは男と女のあるあるじゃないでしょうか。

(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

それにしてもこの映画、大金を奪い合うつっても22万ポンドで、日本円で3500万円くらい。たしかに大金だけど、一生遊べる額でもないところからしてスケールが小さい。オマールの出現によって訳の分からない事態に巻き込まれていく感じも『悪の法則』(リドリー・スコット監督)っぽい、というほど深みもないし、そうやって戦っちゃう!?みたいな戦闘方法にも、っていうか『イコライザー』(アントワーン・フークア監督)の縮小コピーでしょと突っ込まざるを得ない。
つまりなにからなにまで庶民的なんですが、そんな本作のキーワードとなるのが、スシ・パーティなんですね。あとベトコン。もうこの映画はスシ・パーティ+ベトコンという、日常の庶民+戦時下の庶民の合体でできていると言っても過言ではない。スシ・パーティ、スシ・パーティ、ベトコンびっくり!、スシ・パーティと、こういう90分なのだと断言して差し支えない!
戦闘シーンのベトコン展開については観てのお楽しみ、ということにしてスシ・パーティとはなんなのか? それは、主人公夫婦の子づくりセックスの隠語なんですね。「今日はスシ・パーティよ!」「今日はスシ・パーティの日だったか!?」「スシ・パーティだから言い出せなかったんだ......」と、それが具体的にどんなものなのか、本当にスシ食ってるのかどうなのかさえ分からないんだけど、とにかく所帯じみてる。もうささやかなのは間違いない感が伝わってきて、それがいい! 80年代にLAでまきおこった最初のスシブームから30年。それが今やここまで彼らの生活に定着したのかと、感慨深くなりました。
海の向こうのショボさとこちらのショボさがスシで繋がる本作。観終わったあとは断然、半額セールのスシパック。ベトコン攻撃を反芻しつつ、カッパ巻きに舌づつみ、これこそ我らの「パーフェクト・プラン」! とこういうわけになっているのである。スーパーのレジでは「領収書をくれ、宛名はチン・ギス・ハーンだ」とか言って、店員をビビらせちゃおう! 

(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING

文=ターHELL穴トミヤ

夫婦二人が挑む相手は、麻薬売人、警察、そしてフレンチマフィア。
四つ巴の危険な戦いを制するのは誰だ?!


『パーフェクト・プラン』
2015年2月28日(土)全国公開

(C)2013 GOOD PRODUCTIONS,ING
原題=Good People
監督=ヘンリク・ルーベン・ゲンツ
出演=ジェームズ・フランコ、ケイト・ハドソン、オマール・シー、トム・ウィルキンソン、サム・スプルエル

配給=東京テアトル

2013年│アメリカ│90分│シネスコ│5.1ch

関連リンク

映画『パーフェクト・プラン』公式サイト

関連記事

ナショナル・ギャラリーで働いてる奴らはまじで美術大好き人間だらけで、オタク特有の内向さと突然興奮する性向が感じられていいね!と言わざるを得ない 映画『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |