worldcryptobinary 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

WEB SNIPER Cinema Review!!
70年代ディストピアSFの遺伝子を受け継いだ近未来SF
近未来。人肉加工工場で働く母に自殺された一人息子のフィリップは、彼と似た境遇にある孤児たちを集めた施設へ送られる。フィリップはそこで少女マリーと出会い、やがて人間が「社畜」と「家畜」に分類された不条理な社会に参加していく――。フランスの新鋭ジャン=バティスト・レオネッティ監督が放つダークな味わいのSF作品。

シアター・イメージフォーラムにて公開中、ほか全国順次公開
 | 
(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

弱肉強食の超管理社会。死んだ人間には食用としての未来が待っている! 「精神的暴力の提示」を理由にフランス本国ではR16指定を受けたという、恐怖のディストピア映画が登場した!
とくればこりゃもう、ミンチシーンバリバリ、絶叫しまくりのスプラッタームービーなのかなーと思うんですが、本作そうじゃない。むしろ常にドローンミュージックか、エレベーターミュージック(スーパーとかでかかってそうな奴)しか聴こえてこず、みんなスーツを着ていて、特に誰も叫ばず、血もほとんど出てこないという、非常に抑制の利いた映画なのでした。

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

冒頭、寓話とともに映る、シロクマをくわえたシロクマの凄惨さ。思わせぶりなだけ?! それとも、すげー芸術的な大作なのかも!?と期待は膨らむんですが、いざ映画が始まると、いつまで経ってもなにが起きてるのか分からない。全体がなかなか見えてこずに、でも明らかに何かが起こっている、このじわじわ感はおもしろい。
ディストピアといえば待ってましたの団地が登場し、広場のスピーカーからは、「今夜、子供をつくっては?」「ジャンとフランソワーズが、トトを生みました」などと人を促す文句が定期的に流れてくる。いやな気分が盛り上がったところで、主人公の母親が自殺! 絶望した主人公もまた自殺を図り、しかし1人の少女に救われます。その結果、彼は矯正施設のような場所でゲームに参加させられることになる。

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

このゲームがうまい作りになっていて、つまり最悪なんですが、カレ・ブランの社会のみごとな要約になっているんですね。これぞまさに教育! 3分間で鮮やかに示されるのは 、「他人と繋がることはあきらめろ」というメッセージ。このゲームを考えついた人は頭がいい、まちがいなく出世しますよ!(ナチスで!) このとき暴力が、一段づつ弱い人間に向けられるのも、いいよねー。悪意感じちゃうなー。
強烈な体験で社会のルールを叩き込まれた少年は、場面が変わると立派なサイコパスへ成長しています。この社会の勝者として高そうなスーツに身を包み、業務にいそしむ毎日。その仕事というのが、永遠に続くパワハラ、圧迫面接です! しかし、いったいこの企業は全体としてはなにで利益を出しているのか、謎すぎましたね。でも「なんの仕事か分からない仕事描写」はジャック・タチ、トリュフォー、ゴダールと通じるフランス映画の伝統。いやもちろん、『ソイレント・グリーン』ばりに人肉食品加工会社なのかもしれないですが、とにかくそんな細かいことはいいんだよと、映画はシステムによる個人への暴力を描いていきます。
そしてこの暴力描写が、個々のパワハラ事例を取材して作ったのかというくらい「これって......」感にあふれている。もうこの映画に出てくる暴力にいくつ実在の企業を見つけられるか、それでパワハラ検定ができるんじゃないか!

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

僕が見つけたのは、何十台もならぶ電話の中から20秒以内に鳴っている電話を選び出すパワハラ、これはくらず○の、社則を暗唱させる内定辞退に通じるし、駐車場守衛へのマシーンによる笑顔管理、これはタイムの2009年度最低の発明ベスト5に選ばれた、オムロ○の笑顔チェッカーに通じる。主人公たちが住んでいる団地には、飛び降り自殺防止のネットが張ってあり、これは中国のフォックスコ○の自殺防止ネット!
常に強い人間だけがふるい分けられ、その周りには累々と死、使い捨てがある。残った人間はサイコパスか、機械によって管理された負け犬......。そんな世界に完全フィットした主人公の唯一の感情的なつながり。それが冒頭で命を救ってくれた少女なんですが、彼女から離婚を持ち出され、サイコパスな主人公は珍しく苦悩する。そんな中、上司の誕生日パーティーである事件が勃発し......と映画は続いていきます。

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

人とのつながりを禁じられた世界での愛の存在可能性というテーマは『THX 1138』や『アルファヴィル』、コンクリート建造物の世界デザインはタルコフスキーやキューブリック、さらに『未来世紀ブラジル』など似たような映画はオフィシャルページでもたくさん挙げられていますが、この映画が新しいのは、主人公が体現するディストピアの暴力が「面接」とか「業務」として現われているところじゃないでしょうか。
『カレ・ブラン』の「社会人」たちは、正解を求められ続けています。映画はそれをゲームと呼ぶんですが、むしろこれは「テスト」と言い換えたい。テストには出された問題に正解を出そうとしている時点で、その問題の正しさを無条件に受け入れている、という隠された仕組みがあるわけです。しかしその、問題自体が間違いなのだとしたらどうなのか! ええ! そう考えるとこれは、まさに今の日本社会に通じる問題なわけですよ! どうなんだ! 分かっているのかよ!と息巻いてしまいますが、主人公を演じるサミ・ブアジラのサイコパス演技。これけっこう真似するの楽しそうです。目が開いたまま内面が完全に欠落したような表情をする。カメラが寄ってくるのを感じながら、そのままその表情を崩さない。なんだか真似しているうちに自分も、サイコパスっぽい気分になってくるじゃないですか!
イギリスの学者によると、サイコパスが多い職業ベスト10の中にはかなり高収入の仕事が多いようだから(「サイコパスが多い」でググってみてください)、キャリアプランとして1日1回この表情をやってみるのもいいかもしれない。今年めでたく新社会人になったみなさんや、公園デビューを果たした新人ママさん、集団の中で一歩抜きん出るためには、サイコパスもひとつの選択肢かもしれない! まずは、この映画で表情から勉強してみてはいかがでしょうか。

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

文=ターHELL穴トミヤ

「社畜」と「家畜」の「すばらしい新世界」を映す
非常と絶望の近未来ディストピアSF





『カレ・ブラン』
シアター・イメージフォーラムにて公開中、ほか全国順次公開

(C)Solair films-Tarantula-CJSC CTC Network-Tous droits

原題=CARRE BLANC
監督・脚本=ジャン=バティスト・レオネッティ
出演=サミ・ブアジラ、ジュリー・ガイエ、ジャン=ピエール・アンドレ、アーニ、カルロス・リール、フェイリア・ドゥリバ

配給=キングレコード+ビーズインターナショナル
宣伝=ビーズインターナショナル

2011年|フランス・ルクセンブルグ・スイス・ベルギー・ロシア合作|80分

関連リンク

映画『カレ・ブラン』公式サイト

関連記事

伝説のアートコレクター、コレクションが終わったあとに残るものは何なのか。 映画『ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |