女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 worldcryptobinary 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

WEB SNIPER Cinema Review!!
つまらないオトナにはなりたくない。
佐野元春27歳。1983年、中野サンプラザでのライヴ映像。まだMTVもミュージック・クリップもほとんどどなかった時代に制作された、本格的ロック・ドキュメンタリー・フィルム。

2013年9月7日(土)より全国ロードショー
 | 
1983年に公開された佐野元春のライブドキュメントムービー「Film No Damege」。フィルムが行方不明となり、幻の映画となっていた本作が、デジタル・リマスターされて30年ぶりに公開されることになった。
実は、筆者は30年前の上映を見に行っている。7月18日の中野サンプラザホール。筆者は高校1年生で、当日風邪を引いて発熱し学校を休んでいたのだが、どうしても見たくて、こっそりと家を抜けだして駆けつけた。当然、その後、親にはこっぴどく叱られたのだが、映画の興奮でもうそれどころじゃなかった。

佐野元春との出会いは、1982年の大滝詠一、杉真理との共同アルバム「ナイアガラ・トライアングルVol.2」だった。前年の「ロング・バケイション」で大滝詠一に熱中した筆者は、ごく自然に「ナイアガラ・トライアングルVol.2」を手にして、そこで佐野元春のロックンロールに出会った。そして、その年に埼玉会館でのコンサートに足を運んだ。初めて体験するロック・コンサートだった。
テレビなどでロックバンドのコンサートはどういう物なのかは知っていたが、生で見たその迫力は、中学生の想像を遥かに超えていた。
いや、今回この「Film No Damege」を改めて見て、当時の佐野元春と彼のバンド、ザ・ハートランドのパフォーマンスの凄さを再確認した。その後の30年間に筆者も数えきれないほどのライブ・パフォーマンスを体験してきたのだが、それらと比べてもこの時期の佐野元春&ザ・ハートランドは群を抜いてかっこよかった。
このライブが初体験だった自分は本当に幸せだったと思うのだ。
というか、佐野元春がロックンロールへの入り口だったことが幸せだったと思う。彼のラジオ番組や、インタビューや文章などを通して、その背後に広がっているロックの歴史やカルチャーを知ることが出来た。全ての文化は繋がっているのだと教えてくれた。佐野元春をきっかけに10代の筆者は、60年代のロックンロールや文学、映画をさかのぼって学び、楽しむことを覚えた。それらは全て血となり肉となって、今の自分を形作っている。

正直なことを言うと、「Film No Damege」を見るのは、ちょっと怖かった。自分の一番、多感な時期を振り返ることになるからだ。
佐野元春は、この後、ニューヨークに渡って、さらに音楽的な幅を広げ、そして現在に至るまで現役のミュージシャンとして活躍を続けている。佐野元春はいつでもかっこいい。佐野元春のファンであったことが恥ずかしかったことはない(本当は、あまりにもスタイル・カウンシルの丸パクリとしか言えない「カフェ・ボヘミア」の時期だけは、ちょっと引いたのだが......)。その後のアルバムもずっと愛聴している。
しかし、初期三枚のアルバムだけは、今はなんとなく聴くことに抵抗がある。一番、聴きこんでいた時期のアルバムなのに。いや、それだから、だ。あまりにハマっていたため、当時の自分を生々しく思い出してしまって、どうにも気恥ずかしいのだ。
そして、45歳になり、なおかつ当時の自分と同じくらいの子供の親という身になって、「Film No Damege」を見た。
見ている間、びっくりするくらいに素直に当時の自分、16歳の自分に戻っていた。
あの時期の佐野元春を象徴するフレーズである「つまらない大人にはなりたくない」(「ガラスのジェネレーション」)も、少年の気持ちそのままで聴くことが出来た。
上映が終わり、45歳の自分に戻ってから、もう一度あのフレーズを反芻する。16歳の自分に尋ねてみたくなる。
おれは、つまらない大人にならないで済んだかな?

自分語りの過剰な文章は、あまり好きではないのだけれど、この映画について書くとなると、もうそこを避けることは出来なかった。だって、この映画の冒頭で、佐野元春が朝にトランクス一丁で目覚めるシーンを見て、かっこいい!と思って自分もそれまでのブリーフを止めてトランクスを履くようになったくらいなのだ。それくらい佐野元春にかぶれてたんだから。
それにしても、全くパフォーマンスが色褪せて見えなかったのには驚いた。少しも古臭くないのだ。自分などは、どうしてもノスタルジー抜きに見ることは出来ないのだけれど、当時を知らない世代が見ても、絶対にかっこいいと思うだろう。
自分の子供にも見せてみようかな、と密かに考えている。



文=安田理央

佐野元春「Film No Damage」インタビュー #1


佐野元春『Film No Damage』
2013年9月7日(土)より全国ロードショー

撮影・監督= 井出情児

音響監修=坂元達也
製作・配給=ソニー"Livespire"(ソニーPCL株式会社)
企画=株式会社ソニー・ミュージックダイレクト

2013年|日本|71分|カラー|5.1ch

※上映期間=9月7日(土)から20日まで(一部劇場は13日まで)


関連リンク

映画 佐野元春『Film No Damage』 公式サイト

関連記事

ヴィゴ・モーテンセンが『ハッシュパピー バスタブ島の少女』的世界へ行くサスペンス。南米ではしつこく続ければムチャも通ることがわかった! 映画『偽りの人生』公開中!!

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.09.04更新 | レビュー  >  映画
文=安田理央 |