ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion 

WEB SNIPER Cinema Review!!
『瞳の奥の秘密』(2009)のキャスト・スタッフが贈るヴィゴ・モーテンセン主演最新作
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで妻と暮らす裕福な医師・アグスティン(ヴィゴ・モーテンセン)。何不自由のない暮らしをする彼だったが、ある日、久しぶりに会った一卵性双生児の兄ペドロ(ヴィゴ・モーテンセン)を殺害してしまう。さらには死んだペドロに成りすまして故郷に帰り、新たな人生を歩もうとする――。ヴィゴ・モーテンセンが二役を演じるサスペンスフルな人間ドラマ。

公開中!
 | 
(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

ヴィゴ・モーテンセンが持ち込まれた脚本のすばらしさに感動し、映画化に協力を申し出たという本作。製作チームはアカデミー最優秀外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画、『瞳の奥の秘密』のスタッフだ。モーテンセンが主役である小児科医と、その双子の兄を1人2役で演じている。
舞台は南米、アルゼンチン。アグスティン(モーテンセン)は、以前から探していた養子が見つかると様子がおかしくなり、喜ぶ妻にむかって「養子は欲しくない」と告げたのちは、糸が切れたように無気力な人間になってしまう。一方の兄ペドロは生まれ故郷である川沿いの田舎に住み、養蜂業を営みながら、うらぶれた1人暮らしをしていた。その兄がある日、妻も出て行き閑散とした主人公の家に訪ねてくる。
本作、当然このうらぶれた兄が小児科医の弟になりすまそうとするサスペンスなのかと思っていたら、その逆。何不自由なく暮らしていたはずの弟が、兄になりかわっていくという話だったので驚いた。
兄主人公は兄のふりをして地元に戻るのだが、見た目がそっくりの彼が周囲にバレることはなかった。しかし彼は兄の人生と一緒に、そのトラブルも引き継いでしまったことに気づきはじめる。やがて周囲では素性のあやしい人間たちがうごめきだし......と映画は進んでいく。

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

モーテンセンが兄と弟、一人二役を演じているので2人が同時に映るたび、「ヤバい! ワイヤーが映っちゃう!」などと心配になってしまう。しかしまあ合成するにしろ、この場合ワイヤーは使わないよね。それでも「肩の辺りにちょっとクロマキーの緑色が残ってたらどうしよう!」とハラハラ。何気ない日常演技でも2人が同時にフレームインしそうになるたびに、ドキドキ! おもしろい反面、緊張しちゃって疲れるんだよ! まあ作っているほうも「ずっとこれはツラい」と思ったのだろう、兄は早々に退場していくので、合成シーンを見るたびに完成までの人数×日数計算をしてしまって映画に集中できない人も、安心して観に行ってほしい。

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

主人公が兄に成り変わる土地は、黄色く濁った川の両側に家が建ち並ぶ、あまり裕福とは言えなそうな地域。川は主要な交通路でもあり、主人公がそこにたどり着くと、スクリーンは『ハッシュパピー バスタブ島の少女』的色彩に包まれる。しかし川岸の子供はなんか意味深に見つめてくるし、犬は吠えてくるし、なんか違う! ここは『ハッシュパピー~』の世界じゃない! なんかバッドヴァイブスが漂ってくるもの!と、観客は『アウグスティン バスタブ島の死んだ目おじさん』の世界へと誘われていくことになる。
川が中心にある安心感からなのか、本作に出てくる人たちはよくものを燃やす。復讐でボートを燃やし、復讐で家を燃やし、死んだ人間は火葬される。これが気持ちいい。ものを燃やして煙にかえす、それは主人公アウグスティンが望んだ、蒸発の気持ちよさにも通じる。

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

それにしても、主人公のモチベーションが分からなかった。なぜ突然、やる気を失ったのか。自分が子供を嫌いなことに突如気づいたからなのか、もっと根本的に何もかもが嫌になったのか。セリフで説明しない演出と、心を失ったモーテンセンの表情が相まって、内面はなぞのまま。
しかしその反面この主人公、行動がしつこいのだ。生活を続けるうち、周囲の敏感な人間は以前の彼との微妙な差異に気がつき始める。面会に来た妻も、指に残る結婚指輪の跡でアウグスティンだということに気づいてしまう。当然妻は「あなたどういうつもりなの?!」と詰め寄るのだが、彼は折れず、語らず、ただかたくなに兄演技をやめない。「モーテンセン! バレてるよ!」と声をかけたくなるが、しかし彼はやめないのだ。すると、すべてが曖昧模糊としたまま、状況がゆるされていく。これがなんとも南米的でもあり、闇の深い感じでもあった。

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion 

作中で、兄が自分が持っていたのと同じ本を主人公の家に見つけるというエピソードがある。性格も人生も正反対の2人の間をつなぐ、数少ない共通点。チラッと表紙が映るこの本はアルゼンチン出身の怪奇作家、オラシオ・キローガの短編集だ。『Los desterrados Losada(故郷喪失者)』と題されたLosada社版のペーパーバックで、収められているのは全8篇。そのうち、「アナコンダの帰還」、「故郷喪失者」、「ヴァン・ホーテン」、「死んだ男」(以上『野性の蜜』/国書刊行会、収録)、「オレンジ・ブランデーをつくる男たち」(『エソルド座の怪人(異色作家短篇集)』/早川書房、収録)の5篇は日本語で読むことができる(ちなみに残りの収録作は「Tacuara-Mansi?n」、「El techo de incienso」、「La c?mara oscura」)。風呂場で兄が拾い読みしていたのは、果たしてこの中のどの作品だったのか! 予想してみるのも面白いかもしれない。ちなみに僕の予想は「アナコンダの帰還」。ヴィゴ・モーンテセンのチンポは、アナコンダのようにデカそうだからだ。

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

文=ターHELL穴トミヤ

ただ、もう一度だけ、すべてをやり直したかった――



ヴィゴ・モーテンセン主演最新作『偽りの人生』
公開中!

(C)2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion 

原題=『Todos tenemos un plan』
監督=アナ・ピターバーグ
出演=ヴィゴ・モーテンセン/ソレダ・ビジャミル/ダニエル・ファネゴ/ハビエル・ゴディーノ/ソフィア・ガラ・カスティリオーネ

配給=ブロードメディア・スタジオ
宣伝=ブラウニー

2012年|アルゼンチン、スペイン、ドイツ|スペイン語|117分|カラー|G|シネスコープ|ドルビーデジタル

関連リンク

『偽りの人生』公式サイト

関連記事

国とは何か! そしておばあさんの歌う「知床旅情」が染みるドキュメンタリー映画『台湾アイデンティティー』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |