本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Chiara Goia 

WEB SNIPER Cinema Review!!
モルディブ共和国の大統領に密着した社会派ドキュメンタリー
世界屈指のリゾート地としても知られる美しい島国・モルディブ共和国は、現在、地球温暖化の影響によって水没の危機に瀕している。永く続いた独裁政権を倒して新大統領となったモハメド・ナシードは、祖国の存亡をかけて国際会議や階段などの場で果敢に政治活動を展開する――。

新宿K's cinemaにて公開中。
9月14日(土)~27日(金) 名古屋シネマテーク
9月21日(土)~ 横浜ニューテアトル
10月以降、札幌、福島、大阪、京都、神戸など全国順次公開

 | 
(C)Lincoln Else

映画はコペンハーゲンのデモから始まる。彼らがプラカードを向ける建物の奥ではCOP15(気候変動枠組条約第15回締約国会議)が開催中。やがて1人の男が映し出され、彼はホテルのワンルームでスーツに着替えている。その姿はどこかの記者に見えるのだが、しかし彼こそが本作の主人公、モハメド・ナシード大統領なのだ! 本作はインド洋に浮かぶ2000の島からなるモルディブを代表して奮闘する、若き大統領のドキュメンタリー。そこに映っているのはスマートな返し! 言い回し! アイデア! つまり賢さと、そして最高のビーチだった(そして、レディオヘッドの音楽)。

(C)Lincoln Else 

まずこの大統領、声が時々裏返るのがいい。声が裏返ると間抜けに見える! その反面、親しみやすくもあるわけだ。態度も非常にフランクで、執務室に入っても自分で電気を付けたりしている。ところが彼の背負っている責任は重く、なにしろ国が沈みはじめていて、しかもその敵は気候変動。視察に行けば島民から「岸が××メートル後退して、ヤシの木が××本も倒れました」と報告され、その裏にはガンガン二酸化炭素を排出しまくっているインド、アメリカ、中国などの大国が控えている。モルディブみたいな小国は、歯牙にもかけられず、一体どうしたらいいのか......。
映画のメインは、COP15にわずかな望みをかけた政府閣僚たちの作戦会議、そして交渉シーン。カメラは大統領によって政府委員のメンバーとして迎えられ、その国際交渉の場をまさに内側から映し出す。

(C)Actual Films

しかし本作、まず語られるのは前政権、モルディブの圧政と民主化の歴史だ。この国の見てるだけで頭がボーッとしてくる美しいビーチでは、少し前まで数々の拷問が行なわれていた。やがて明かされる現大統領のナシードの過去は、「民主化を訴える新聞を発行し、12回逮捕され、2回拷問され、1年半1畳のトタン小屋に閉じ込められた経験を持つ元・活動家だった」というなかなかハードなもの。彼は当選するか殺されるかとどちらかといわれるなかで出馬し、見事勝利をおさめたのだ。

元・新聞屋が大統領に、というわけでナシード政権の必殺技はメディア戦略、ここから映画は面白くなっていく。小国が大国に耳を傾かせるには、「無視できないくらいに大きな声で騒ぎ立てるんだ」とメディアの取材を受けまくり、そこでもさらに話題になりそうな発言を重ねるナシード。アメリカ相手には、モルディブはベトナムと同じだ!と「ドミノ理論」(ベトナムが落ちれば、ドミノ倒しのように、共産主義国が増えていき、最後はアメリカが倒れるという、ベトナム戦争時にアメリカで流行っていた言説)をこじつけ、ヨーロッパ向けには「モルディブはポーランドと同じだ!」(ナチスに最初に侵攻されたのがポーランドなので、これも最初の時点で対策をしないと、やがて被害が自分の元まで及んでくることを連想させる)とこじつける。このセンセーショナルな発言で、翌日の新聞の一面には「気候変動はナチス」の太字タイトルが踊り、小国モルディブの主張が最も大きく扱われる。モルディブにはバズらせて国を救う大統領が誕生したのだ。

そんな彼の傑作アイディアが「世界初の海中閣議」で、これはなんと大統領はじめモルディブの全閣僚が水中に沈んだまま会議するというもの(潜水服でサインとかしてる)。世界中からメディアが取材に訪れ、彼は「海面上昇」と「モルディブ」の印象を広めることに成功した。そのアイディアと大胆さで裏声大統領ナシードが、段々ヒーローに見えてくるのがおもしろい。

(C)Actual Films 

やがて始まる国際会議の本番にもカメラは密着し、たとえばインドとの会議を映し出す。インドはこう言う「温暖化に対して、まず先進国が我々に何かしてくれるべきだ」。ナシードはこう返す「あなたがたはガンジーという、先進国に対して自分たちでことをなしとげた指導者を持っていたはずだ」。うまい! 本作に出てくる人間はナシードに関わらず、たとえばモルディブの他の大臣にしても、相手に返すその言葉の選び方が絶妙で、いちいち感心してしまう。相対すれば懐に入り、あげあしを取られそうなときは言葉を言いかえ、身内同士では各国の意向について辛辣に語り合う。交渉とはどんなものなのか、落としどころはどうつけるべきなのか、そこにはまさに知性が映っている

(C)Actual Films

映画はもつれにもつれたCOP15の最終日とともに終わりを迎える。その結果は映画で見てもらうとして、じつはナシードにはこの後、政変により失脚という運命が待っていた(ナシード自身の言葉によれば、それは前大統領派による武力クーデターだったという)。そうなった今、しかし本作が彼の最も強力な味方となって彼の主張を広めているわけで、この映画に映っているもっとも賢い判断。それは、彼がこの映画の製作を受け入れたこと自体なのかもしれない。
 それにしても、ひたすらモルディブのビーチに行きたくなるドキュメンタリーであった(でも高いんだよな......)。

(C)Actual Films 

文=ターHELL穴トミヤ

独裁政権を倒した41歳の新大統領モハメド・ナシード。
彼が直面したのは国土水没という未曾有の危機だった――




『南の島の大統領―沈みゆくモルディブ―』
新宿K's cinemaにて公開中。
9月14日(土)~27日(金) 名古屋シネマテーク
9月21日(土)~ 横浜ニューテアトル
10月以降、札幌、福島、大阪、京都、神戸など全国順次公開


原題=『THE ISLAND PRESIDENT』
監督=ジョン・シェンク
出演=モハメド・ナシード

配給・宣伝=浦安ドキュメンタリーオフィス

2011年|アメリカ|101分|英語・ディベヒ語|HD|ドキュメンタリー

関連リンク

『南の島の大統領―沈みゆくモルディブ―』公式サイト
『南の島の大統領―沈みゆくモルディブ―』公式Facebook

関連記事

巨匠がメモ帳にちょっちょっと書いたみたいな、短編集がEUから登場した! 映画『ポルトガル、ここに誕生す~ギマランイス歴史地区』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |