worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

WEB SNIPER Cinema Review!!
噂のAVメーカーによるヒットシリーズ「女体拷問研究所」が遂に映画化!!
女性に対するトラウマを抱える青年テツヲが出会った美しき女・榊原鈴。彼女は凶悪な犯罪組織「女体拷問研究所」を追う女性捜査官だった。やがて鈴と共に事件へ巻き込まれていくテツヲは、謎の機関「女体拷問研究所」の真実へと肉薄していくことに――。WEBスナイパーでもおなじみのAVメーカー"ベイビーエンターテインメント"の人気作品、衝撃の映画化です。

12月8日(土)横浜ニューテアトル 期間限定緊急レイトショー決定!!
 | 
(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

この映画の存在を知って最初に思ったのは「いやあ、思い切ったことするなー!」ということ。
だって劇場公開される一般映画で"女体拷問研究所"って......。一昔前の『東京ディープスロート夫人』や『徳川セックス禁止令 色情大名』とかってのと同じレベルの衝撃ですよ! しかも原作(というか元ネタ)は、WEBスナイパーでもたびたび紹介しているベイビーエンターテイメントのヒットAVシリーズ『女体拷問研究所』だというんだから、なんかもういろんな意味で怖い! 観たことないという人のために説明しておくと、ベイビーエンターテイメントは女を拘束し媚薬や電マ、果てはドリルバイブなんてものまで駆使してイカせまくるという"イカセ物"というジャンルを確立したメーカー。女が我を忘れてヨガる姿、特に子宮でイク"ポルチオ性感"というものに真実とロマンを見いだしている先駆者なのである)
映画館の大画面でそんなもの見せちゃって大丈夫なの?とか、一般客は観に来るの??とか、いつもベイビーエンターテイメントの作品を観ているAVユーザーとしては身構えずにはいられません。

(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

とはいえ、蓋を開けてみたらなんだか妙な雰囲気。至って真面目な青春エロス作っぽいんですよねえ。
主人公は、少年期のある体験から女性に対してトラウマを持ち、愛あるセックスができなくなってしまったナイーブな青年・テツヲ。そしてヒロインは、そんな彼の前に突如現われた謎多き女性捜査官・鈴。
コンビニのバイトで生計を立てているテツヲは店の客に頼まれて豪華マンションの留守番をしているのだけれど、実はそこは今世間を騒がせている"女体拷問研究所"のアジトだった。そこに単身乗り込んできた鈴は、ちょうど帰ってきた怪しい男たちに捕えられ、テツヲの目の前で電マ責め(!)にされて痴態を晒してしまう。
行動をともにすることになった2人は互いに好意を抱き始め、やがてテツヲの「女に愛を感じると吐いてしまう」という奇妙なトラウマの正体も明らかになってくる――。おお、なんとセンシティブでファンタジックでサスペンス!
「うーん、こりゃAVとは別物なのかな」と思いきや......『女体拷問研究所』の名を冠にしている作品がこのまま終わるわけがない。後半になると、本家AV版のエッセンスがズドーンとブチこまれるって寸法です。

(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

鈴は"女体拷問研究所"の怪しげな男たちに拉致されてしまい、テツヲは男たちがマンションに置いていった新開発の媚薬と引き換えに彼女の元へ連れていくよう要求する。
暗い地下室で手足を拘束された鈴を女体拷問にかけようとするのは、こわもてのAV監督ばば☆ザ☆ばびぃにAV男優・辻丸耕平(怪人ぽい雰囲気がマジでヤバイ!)。
落武者みたいな風貌で人差し指と中指をクイクイさせながら「女は快楽と幸福が直結している生き物なのだ、私たちは心の奥で望んでいることに応えようとしているだけなのだ~。ポ、ポルチオオーガズムゥ~!!」と叫ぶ姿は「なんとなく面白そう」と思って本作を観てしまったOLさんの目にはどう映るのか......ちょっと心配......。
結局、テツヲがある行動に出ることによってAVみたいな状況にはならず穏やかなラストを迎えるんですが、そうはいってもこの辻丸耕平のシーン、AVファンにとっては「キタキタキター!!」ってなもの。
いやあ、これを一般映画でやる勇気を褒め称えたい! トンデモ映画好きな方にも、是非チェックしていただきたいところであります。

(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

そして、ナイーブな青春エロス映画である本作のもう一つの見どころは、やっぱり"女体拷問研究所とは何か"という部分。
どうやってできたのかとか何を目的とする団体なのかとかいう具体的なことは語られないけれど「女体拷問ってのは、女の身体に生命の躍動を出現させるための儀式だ!」とか「レディファーストってのは子宮に対する敬意なのさ」とか、名言てんこ盛り。
そもそもkoolong監督は「女体に秘められた本当の凄さを証明するために"女体拷問研究所"を創作した」んだとか。
女体拷問というショッキングな言葉の裏に、女性という性への疑問や尊敬が潜んでいるとわかると、本作の見方がちょっと変わってくるかもしれません。

しかし正直なところを言うと、AV版のファンとしては具体的に女体拷問研究所の真実を明らかにしてほしかったのも事実。
主人公2人の初々しい演技ももちろんよかったけど、個人的には5年ぶりに本格復帰を果たした伝説のAV男優・太賀麻郎や、AV版にも出ている姫川亜由美の存在感のほうにグッとくるものがありましたね。
続編を制作する際は、オールAVキャストで"女体拷問研究所の真実"を明らかにしてほしいところです。所長・辻丸耕平の真実も是非!

文=遠藤遊佐

『子宮に捧げる愛の詩 女体拷問研究所の真実』
12月8日(土)横浜ニューテアトル 期間限定緊急レイトショー決定!!
(C)子宮に捧げる愛の詩・女体拷問研究所の真実

監督= Koolong
出演= 飛坂光輝、江波由実子、姫川亜由美、塩入正章、大塚真弓、他

配給=studio great hope +生駒隆治

日本|2012年|90分|R18+

関連リンク

映画『子宮に捧げる愛の詩 女体拷問研究所の真実』公式サイト

関連記事

自立してから、女装しなさい!と木下ほうかがぶち切れ。まさかのニート自立映画でした。映画『僕の中のオトコの娘』公開中!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.12.13更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |