女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)EASTERN MORDOR FILM COMPANY LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

WEB SNIPER Cinema Review!!
アジアの5大スター競演! 真実の愛を問う、美しく儚い怪奇ロマンス!!
盗賊に捕らえられた女シャオウェイ(ジョウ・シュン)を救い出した将軍のワン・シェン(チェン・クン)は、身寄りのない彼女を家に住まわせることにした。家には妻ペイロン(ヴィッキー・チャオ)がおり、シャオウェイが人間ではなく妖魔であることを見破るが......。中国・清代の怪奇譚を原作に、美女の姿を保つために人間の心臓を食い続ける「妖魔」と人間の愛を描いたラブロマンス。

全国順次公開中
 | 
この映画はすごい! いやほとんどの部分の出来はそんなよくない。それで油断して観てると、最後がすごい! 愛の映画なんですけど、中国ってそこまで激しい「愛」のイメージってなかった。でも中国もかなり「愛」らしい。いや、この映画の「愛」を観たらそう考え直さざるえを得ない。
本作は、中国の古典怪奇小説集『聊斎志異』を下敷きにした、2人の美女が1人のイケメンを取り合うラブ・怪奇・ロマンス。監督は、『レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳』の脚本・製作をつとめたゴードン・チャンです。 

映画が始まり、まず出てくるのが砂漠で賊に囚われているジョウ・シュン。美女です。出てきた瞬間から白い毛皮の上に寝かされていて、良い女感がムンムンです。なま脚、なま肩は透き通るように白くて、超美肌。こんな良い女と、毛皮の上でコメコメしたいわけです! ところがこの人、怯えてるふうなんですが、賊の頭領と2人きりになった途端に相手を懐柔しはじめる。それどころか実は狐の妖魔で、ついにはこの頭領の心臓をえぐって食っちゃうんですね。実はヤバすぎる、危なすぎる女だったわけです。
ところがそんな彼女が恋に落ちてしまう。その相手が、偶然そこに賊征伐にやって来た、チェン・クン演ずるイケメン将軍でした。将軍に救い出された彼女は、一緒に街へ戻り彼の屋敷に置いてもらうことになる。ところがそこには将軍の妻が待っていた。そのときの妖魔の、悲しそうな演技がいいですね。彼女は本当に恋する女の、悲しい表情をしている。ああ、妖魔もやっぱり恋に落ちるときは落ちるんだなあ、という感じがよく出てる。

(C)EASTERN MORDOR FILM COMPANY LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

一方のヴィッキー・チャオ演じる将軍の妻は、妖魔とは正反対のまじめな、良妻賢母タイプ。もちろんこちらも美女です。彼女は肌の露出も少なめなんですが、長い黒髪がひたすら美しい。こんな周りに気配りもきく良い女と、みんなが寝静まったあと2人きりになっちゃってコメコメしたいわけです!
しかし妻としてはどうも、あの連れてきた女がおもしろくないんですね。将軍は「身寄りのない女」とか言ってるけど、どうもきな臭い......。やがて彼女は、この女が「妖魔」だと気がつきます。

というところで「泥棒野良猫ビッチ vs マジメ良妻美女」の戦いの火ぶたが切って落とされるんですが、ここで使うのが妖術とか、武術じゃないというのが面白い。
妻は普通に「妖魔だ!」といっても「嫉妬から、言いがかりをつけて」みたいに取られかねませんから、元・夫や部下の力なんかを借りて、なんとか、この女の正体を暴こうとする。一方の妖魔も、妻を食い殺すのではなく、「妻に根も葉もないあてこすりを受ける自分」という演出で同情を集めて、政治的に妻の座を狙っていく。この2人の戦いは、人望を集め合う、女の戦いなわけです! 
もちろん、妖魔は将軍の前ではうまく取り繕いながら、夜は街で仲間が襲った心臓をバンバン食ってる。そこに女降魔師とか妖魔を斬る剣客とかもやってきて、アクション対決も入ってくる。ただこの映画、ジャンル映画としては全体的にどんくさいんです。BGMの入り方や切れ方がなんか唐突だったり、脇役男優は間が抜けた顔だし、ワイヤー・アクションもそこまでキレがない......。

でも、最終的にそういう要素が、全部どうでもよくなる。その代わりに「愛しているのか」という、「愛」の問題だけがそこに勃発する、そこからがすごい! もうこの「愛」が問われるシーンのすごさで、ジャンル映画を突き抜けてます。
この「愛」の出方がまたよくて、それは失敗の先に出現する、逆説の「愛」なんですね。ストーリーとしてはそこで終わってしまった、映画とともに観客が追っていたものは、そこで途切れてしまった。にもかかわらずそこに、「いやそんなものは全部関係ない。なぜならこの世で唯一重要なことは、これなのだから!」と突然「愛」が出現する。もうそこからは嵐ですよ嵐! 愛の嵐の前では、妖魔を斬る剣とか、どちらのほうが人望があるとか、そんなのは関係ない! どいつもこいつも愛に突き動かされていって、本当の愛っていうのは、そこに自分すらも存在しないという......、もう最高です!
このシーンは空母っぽく表現すれば、ドストエフスキー級です。ドストエフスキーのひたすら長い小説を読んでいて、この独白必要なの?とか、説明くどくない?とか思いながらも進んでいったら、突然(1、2ページだけ)、まぎれもない真実が現われて、ハッとする。純度も衝撃もそのくらいすごい! 油断して観ていたら、芋の山からいきなり釈迦如来とジーザス・クライストがあらわれたような衝撃を受けました。

(C)EASTERN MORDOR FILM COMPANY LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

この映画をなんとなく観た人は幸せです。この最後のシーンの突然の純度に正面から激突して、心の底から感動できる。やっぱりこのレビューは少し褒めすぎかもしれないですね。あまり事前に期待しすぎると、感動って目減りしがちですから。やっぱり、あんまり期待しないでください! この映画、うっかり観に行くのがおすすめです!  今すぐ「画皮」と手の甲にメモして酒を飲んで寝るべきではないでしょうか。そして2日くらいしてから、なんだっけこれという感じで観に行ってほしい......。

ちなみにこの映画デジタル上映の映画館がほとんどなんですが、フィルム上映されている映画館だとエンディグ曲がジェーン・チャンの歌う中国語オリジナル版になっている(デジタル上映館では倉木麻衣)。この曲がまた、目で見ることのできない、不確かな「愛」というものについての、すごく良い歌詞でした(字幕が出ます)。可能な人は、ぜひフィルム上映のバージョンで観るといいんじゃないでしょうか!

文=ターHELL穴トミヤ

血の涙を流すほど、誰かを愛したことがありますか――




『画皮 あやかしの恋』
全国順次公開中
(C)EASTERN MORDOR FILM COMPANY LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.

原作= 『画皮・Painted Skin』
監督・製作= ゴードン・チャン
出演= ジョウ・シュン、ヴィッキー・チャオ、チェン・クン、スン・リー、チー・ユーウー、ドニー・イェン

提供=マクザム、パルコ、テレビ東京メディアネット
配給= 太秦

2008|シンガポール・中国・香港|中国語|103分|カラー|シネマスコープ|ドルビーSR

関連リンク

映画『画皮 あやかしの恋』公式サイト

関連記事

ムッツリ文化系リベラルに、ブログで自由に発言させる代わりに銃を持たせるとこうなる! 映画『ゴッド・ブレス・アメリカ』公開中!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |