本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
タランティーノ絶賛のウェイン・クラマー監督最新作!
某日、アメリカ南部。強盗団のリーダーと幻覚に悩まされる仲介役はドラッグディーラーの金を強奪する計画をたてる。同じ日、数年前に妻の失踪事件に遭った男は女性を狙った誘拐・監禁の常習犯に出会い、プレスリーを崇めるドサ回り芸人は魂の救済を謳う謎の男に出会う。些細なことで命を狙うヒステリックで恨み節な小人、平和ぼけした取り巻き、手癖の悪いコック、注文をきかない理髪店主、その中心にいる冴えない質屋の店主――。これは、たったひとつの巡り会いが生み出すイカれた奴らの運命の一日。

2014年1月18日(土)よりシネマート六本木、シネマート心斎橋にて公開!ほか全国順次
 | 
(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

ポール・ウォーカー×ウェイン・クライマー監督とくれば『ワイルド・バレット』! 見てるだけで心拍数があがる獄門ヅラ犯罪者たちと、へたをうっちゃってやばいよやばいよあーこれが他人の人生でよかった~的ドキドキワクワクでハイ来た! 「タランティーノも絶賛」な傑作クライムアクション映画だったんですが、再びそのコンビが帰ってきた。それが本作『スティーラーズ』なのだー!
とぶち上げてはみましたが、本作オムニバスなんでポール・ウォーカーが出てくるのは最初だけですね。『ワイルド・バレット』とはうってかわり、肩の力が抜けたポップコーンムービーとなっています。

(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

物語の中心となるのは、南部国旗がべたべた貼られたヤバげな質屋。最初のエピソードに登場するのはショットガンを抱えた間抜けな男で、彼は2人のジャンキーとともに強盗を計画している。その1人がポール・ウォーカー、登場した瞬間から「3日間寝れてない!」とかいって、すでに限界ギリギリなのがおもしろい。彼は幻覚が見えはじめていてパニック状態、いつもと違って頼りになる感じゼロです。一方の相棒はオールバックに革ジャン、さっきコカインを吸ったばかりでギンギン。この2人の意思の疎通すらままならない感じが素晴らしい。そんなぶっ飛び野郎どもが、車で移動しながらKKKの話をするシーンがよかった。
「黒人を差別するっていうのは分かるんだ、あいつら見た目も違うしな......」という差別のキホンのキみたいな発言から始まり、「でもユダヤ人はどうして差別するんだ?! ぱっと見違いが分からねーじゃねえか!?」と素朴な疑問へと続いていく。極悪ヅラの奴らが、妙に素直に話し合う。これぞタランティーノが愛する、チンピラ映画の醍醐味じゃないでしょうか。

(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

次のエピソードに出てくるのは新婚夫婦。その軽さが詐欺師にしか見えない夫を、マット・ディロンが演じている。イチャイチャしながら指輪を売りつけようとしていた彼がショーウィーンドウを覗き込んだとたん、すごい顔になる。彼が発見したのは、6年前に失踪した妻の結婚指輪でした。
ここから一転、狂信へと切り替わるマット・ディロンの演技が素晴らしい。笑顔がするっと地面に落ちて、今にも爆発しそうなピンの抜けた手榴弾状態。糸をたぐるように妻失踪の真相へと近づいていく彼が、ゴールにたどり着いたらどうなってしまうのか。あの画期的な長方形の口には、ダースベイダーマウスと名付けたいですね。

(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

3つ目は売れないエルビス物まね芸人の話で、ここで急にルーザームービー感が出てきます。ダメなのにツッパっている主人公(ブレンダン・フレイザー)は、クソデカいアメ車に乗り、なにかあるごとに、神と崇めるエルビスに祈りを捧げている。ところがモノマネ芸は鳴かず飛ばずで、コーヒー代の1ドル20セントも払えない。ついには彼女にも捨てられてしまいます。
そんなある晩、彼は悪魔っぽい奴から取引をもちかけられる。お前の夢を叶えてみたいと思わないか......? そこはさすが音楽芸人、この状況が「深夜に四つ辻で悪魔に魂を売りわたし、代わりに才能を手にいれた」という、いにしえのブルースマン、ロバート・ジョンソンの伝説と同じであることにピンときます。ツッパってはいるが、そのじつ気の弱い主人公。やばい、悪魔だ!どうしたらいい!とビビりまくる。果たしてそこで彼のとる行動とは!? それがまたダメでよかったですね。

この3つのエピソードが、少しずつ絡み合って一応のエンディングへと導かれていく。本作、全編を通じて悪魔と神らしき登場人物が出てくるんですが、これがどっちが神でどっちが悪魔なのか......。いやどっちも悪魔なのか、考えてみてもぜんぜん分からなかった。きっとコロラド州とかでマリファナを吸いながら観ると「HAHAHA, I understandだぜ~」とかなるのでしょう。

で、終わる本作だったんですが、昨年ポール・ウォーカーが急逝してしまったから、特別な1本になってしまった。エンドロールではお気楽映画らしくNGテイクが流れる、これもまるでポール・ウォーカーのためにあるように見えてくる。エンドロールのNGテイク集って、終わってしまう映画本編に対する思い出でしょう。だからただでさえちょっと寂しいのに、ポール・ウォーカーがそこにいるともっと寂しい。
現在製作中の『ワイルド・スピード7』と、アメリカ公開待機中の『Brick Mansions』の2本を残し、本作は現時点での彼の最新作です。映画に映るって素晴らしいことなんだと、アホなジャンキー役を演じるポール・ウォーカーを眺めながら思っていました。

(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

文=ターHELL穴トミヤ

豪華ハリウッド俳優たちによる新世代パルプ・フィクション


『スティーラーズ』
2014年1月18日(土)よりシネマート六本木、シネマート心斎橋にて公開!ほか全国順次

(C)2013 Pawn Shop Chronicles, LLC. All Rights Reserved.

原題=『Pawn Shop Chronicles』
監督=ウェイン・クラマー
脚本=アダム・ミナロヴィッチ
出演=ポール・ウォーカー イライジャ・ウッド マット・ディロン ノーマン・リーダス ブレンダン・フレイザー ヴィンセント・ドノフリオ シャイ・マクブライド トーマス・ジェーン ルーカス・ハース

提供=プレシディオ
配給=プレシディオ/クロックワークス
協力=アース・スターエンターテイメント
宣伝=太秦

2013年|アメリカ|カラー|ビスタサイズ|ドルビーSRD|113分

関連リンク

『スティーラーズ』公式サイト

関連記事

全国の劇場に、ラファエル・ペルソナに轢かれたい淑女が殺到している! 映画『黒いスーツを着た男』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |