worldcryptobinary 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『Kurt Cobain: Montage of Heck』キービジュアル
(C)2015 End of Movie, LLC. All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
偶像化されたロックスターにかつてない革新的な手法で迫るドキュメンタリー
1994年に27歳の若さでこの世を去った、ロックバンド「ニルヴァーナ」のフロントマン、カート・コバーン。彼の家族の協力のもと、未発表楽曲や未発表映像、日記、油絵、彫刻、写真などのアーカイブを紐解き、バンドメンバーのクリス・ノヴォゼリック、妻のコートニー・ラヴなどの証言も収録し、コバーンの知られざる生涯に迫ったドキュメンタリー。

2015年6月27日(土)~1週間限定 全国ロードショー
 | 
ニルヴァーナのリーダー、27歳で猟銃自殺したロックスター、カート・コバーン。本作は初の「ニルヴァーナ公認」ドキュメンタリーであり、決定版らしいんだけど、カート・コバーンが悲惨すぎておもしろい。こんな悲惨なやつだったとは、カート! 見終わった今、ニルヴァーナの曲よりも、たとえば彼の童貞喪失のエピソードなんかが強烈に印象に残っている。

監督は『くたばれ!ハリウッド』『クロスファイアー・ハリケーン』のブレット・モーゲン。本作の構造は変わっていて、いわゆる音楽ドキュメンタリーにありがちな、バンド関係者が椅子に座って喋り、その合間にライブ映像で盛り上げ、中年の音楽評論家が興奮気味に語っていく......みたいな感じにはすすまない。中心となるのは、カート・コバーンの落書きをもとに構築されたアニメーション、オランダ人アニメーターによる『スキャナー・ダークリー』みたいなアクリル画っぽい質感の再現ドラマ、そして手ぶれの多い極私的な映像だ。音楽ドキュメンタリーというより、ミジメな少年がミジメなまま大きくなって、なんとか自分を愛してくれる人を得ようとした、その苦闘のドキュメンタリーになっている。

「Cobain: Montage Of Heck Trailer」より画像を引用
(C)2015 End of Movie, LLC. All Rights Reserved.

両親の撮った8mm映像に映る幼少期のカート・コバーンは笑顔で、はしゃぎまわっていて、これからいったいどこの王侯貴族の「神話」が始まるんだというくらい、祝福された子供にみえる。ところがやがて暗雲がたちこめ、両親は離婚し、カートは親戚の間をたらい回しにされる。学校で落伍し、ものを盗み、その頃から彼のモンスターやヒーローなんかの「落書き」が登場して、映画ではそれが彼の分身となって動き出す。
見ていて最も面白かったのはオランダ人によるアニメパートで、コバーンの人生の様々な瞬間が、インタビューテープや、発見された宅録テープ(これがサイケでなかなか良かった)を音源として組み立てられる。童貞喪失のエピソードもまるで独立した作品のようになっていて、そのころ彼は、特殊学級の女の子が留守番している家に、仲間と一緒によく酒を盗みにいっていた。コバーンはある日、その家に1人で訪ねて行く。そしてその女の子に「ファックしようよ」と持ちかけるのだ。やり方がわからない彼に「従兄弟ともしょっちゅうしてる」というその子が、やり方を教えてくれる。この一件はすぐに相手の親にばれ、さらにうわさが学校中に広まってしまう。そして彼は自殺を試みる。まるでブコウスキーの短編のような苦い思春期、彼はパンクに出会う前から、元の意味であるクズという意味でのパンクだった。

やがてバンドを組んだ彼は瞬く間に成功し、ニルヴァーナは「最もハイプなバンド」となるのだが、その絶頂の瞬間に、今度はすっかりヘロイン中毒になっている。休養と称して世間から身を隠していたその頃の彼を、流出ビデオのようなハンディカム映像が映し出す。あきらかに麻薬でおかしくなりながら、「俺はジャンキーじゃなきゃ今頃世界ツアーの最中なのに、エアロスミスと対バンしてるのに」と泣き言を言っているコバーンの惨めさ。その横で、妊娠したまま同じくハイになっている妻コートニーはもはやホラーで、タブロイド紙はこれでもかと「ドラッグカップルの妊娠話」を書き立てる。それでも赤ちゃんが無事産まれたのが奇跡だが、夫婦は州の監視下に置かれ、子供は生まれるやいなやとりあげられてしまう。

カート・コバーンはかなりイタイやつで、初めて同棲した元カノとはポエムや手紙を交換し、大人になってもコートニーと、いちゃいちゃビデオを撮っている。それらすべてを「流出」させて本作ができたわけだが、そのイタさは、幼いころ両親に否定された彼が自分を愛してくれる人を生涯求めようとした、その軌跡なのだ。ビデオに映るコートニーはアバズレに見えるし、カートはただの間抜けに見えるんだけど、でもたしかにそこには愛がある。昼下がりに、部屋で赤ちゃんを抱いたコートニーとカート・コバーンが、アメイジング・グレースを歌っている光景は、平和で、祝福されていて、ヤク中だけど、美しい。彼は一瞬だったかもしれないけれど、ついに家族を手に入れたのだ。やがてカートは鬱状態に陥っていき、その最期については、本作は文章でその事実を伝えるにとどめている。

「Cobain: Montage Of Heck Trailer」より画像を引用
(C)2015 End of Movie, LLC. All Rights Reserved.

この映画の最も素晴らしい出演者は画面に出てこない、エグゼクティブ・プロデューサとしてクレジットされているフランシス・ビーン・コバーンだろう。彼女はタブロイド紙が「恐怖のヤク中妊娠カップル」と書き立てていたころに、そのお腹の中にいた本人、コバーンの娘でもある。本作には、コバーンの父親も、母親も、姉妹も、元カノも、元妻コートニーも、普段は反目しあっている近親者たちが一堂に会していて、彼らは映画を通して多分だれよりもまず、そのコバーンの娘に向かって語っている。だからすごくミジメで、ひどくて、ゾッとするような一生についての物語なんだけど、この映画にはどこか温かくて、救われる部分があるのだ。だってコバーンの娘はまだ生きているのだから。そして彼女が作ったこの映画自体が、コバーンがついに手に入れた愛だって感じがするのだ。
文=ターHELL穴トミヤ

コバーンの娘であるフランシス・ビーン・コバーンが製作総指揮、
コバーンの家族の全面協力を得て制作されたドキュメント――


『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』
2015年6月27日(土)~1週間限定 全国ロードショー

『Kurt Cobain: Montage of Heck』キービジュアル
(C)2015 End of Movie, LLC. All Rights Reserved.
原題=『Kurt Cobain: Montage of Heck』
監督・脚本・製作=ブレット・モーゲン
音楽=カート・コバーン&NIRVANA
製作総指揮=カート・コバーン&NIRVANA

2015年│イギリス│HD│5.1ch│カラー│デジタル│144分(内12分は映画館限定映像)

関連リンク

映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』公式サイト

関連記事

ウーウー唸ってるだけの晩年のターナーが出てくる! そのくせ結構、女性を口説いていてすごい! 映画『ターナー、光に愛を求めて』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |