Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

WEB SNIPER Cinema Review!!
リアル極限サバイル・ヒロイン・アクション
満ち潮と共に海面に沈んでいく岩場。助けてくれる人すらいない、秘境のビーチ。傷口から溢れ出る血。腹をすかし、回遊し続ける人喰いサメ。所持品は、ピアスとストップウォッチのみ。残された時間は100分。岸までの距離は200m......悪夢のようなシチュエーションに置かれたヒロインが起こした行動とは――?

7月23日(土)全国ロードショー!
 | 
今年は観測至上最高の猛暑になる見込みが高いらしい。と同時に、首都圏では深刻な水不足も予想されている。となれば何が起こるか? プールは閉鎖され、人々は海に殺到する!やだなー混むなー、自分以外はみんな来ないでほしいなー!そこで本作、サメ映画の登場である。
監督は『エスター』『フライト・ゲーム』のジャウマ・コレット=セラ。主演は『ゴシップガール』『グリーンランタン』のブレイク・ライブリー。メキシコ、ティファナの人里離れた秘密のビーチに向かうライブリー、そこは母親が若い頃に訪れた場所だった。先客が2人いるなか、すばらしい脱ぎっぷりを見せ、さっそくサーフボードを抱えて海に向かう彼女。晴れ渡る空に、透きとおった海、ここはまさに楽園だ......。

空撮、水中撮影を駆使して映されるサーフィン映像では、スクリーンから水量感が溢れ出す。お手並み拝見といった感じの先客サーファーたちも、巨大な波を乗りこなす主人公に「やるじゃねえか」みたいになり、そして流れ出すEDM!イエーイ!もうサイコー!とアガりきりそうな心の奥底に、かすかな不安が芽生える。『ピラニア3D』(アレクサンドル・アジャ監督)しかり、海辺でチャラい音楽を聴く者は死ぬ。それが、肉食魚類映画を貫く鉄則ではなかったか。しかもこのEDMの編集が示唆にとんでおり、カメラが水上を滑るボードを捕らえている時はガンガンあげあげ!カメラが波に飲まれると、とつぜん音楽が消え海中の音しかしない。また水の上に出るとE!D!M!水面下だと海中の音......、細かくミュート編集されているのだ。EDMといえば、今公開中の素晴らしい青春映画 #最高かよ #仲間 『WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ』(マックス・ジョゼフ監督)がまっさきに頭に浮かんでくるが、パーティーを支配するのがビートである一方、海を支配しているのは自然界の法則なのだ、とでもいいたげなこの編集が意味するところはなんなのか。



一旦ビーチに戻った主人公は、実家とSkype通話を始める。妹から父親に変わったところで会話の雲行きは怪しくなり、どうやら彼女は医大を勝手に休学し、このビーチにやってきたらしい。母親を失って自暴自棄になっている自分を認めたくないあまり、一方的に通話を切ってしまうライブリー。もう一度沖に向かおうとするが、先ほどのサーファーたちが「もう夕暮れだ!帰ろうぜ」と声をかけてくる。それでも「あと一本だけ」と、これが運命の分かれ目であった。
なにか海の雰囲気がさっきと違う。さらに沖に向かったところで、出現する異様な塊。それは食い荒らされたクジラの身体ではないか!?誰がやったのか......。 #不気味かよ #仲間が食われてる 不穏なバイブスを感じて帰ろうとした彼女に海の底から、向かってくる黒い影。巨大ホオジロザメの登場である。ブレイク・ライブリーもうここでさっそく血まみれになり、「いきなり食われて終了~!?ARE WE YOUR FOOD!? #捕食かよ」と衝撃を受けたのだが、なんとか太ももを噛まれただけですんでいた。しかしサーフボードも漂流し、彼女がすがりつけるのはクジラの上だけ。太ももはバックリ裂け、一人ぼっちのサバイバルが始まった......。

と続いていくわけだが、本作サメ映画であると同時に、遭難映画でもあり、その孤独感は『127時間』(ダニー・ボイル監督)にすごく近かった。舞台は砂漠から海へ、主人公は男から女へと入れ替えられているものの、自分の行き先を誰にも伝えていない後悔や、二人組と別れた後に一人で事故に遭うところ、腕時計の活躍っぷりや、家族に冷たい態度を取ってしまったことへの後悔、さらにはビデオカメラへの一人語りなど、共通する展開はかなり多いのだ。そしてグロ描写でもまた『127時間』と張り合うつもりなのか、レイク・ライブリーが医療知識を生かして行なう装飾具での怪我の治療......。ひさびさに、痛すぎてスクリーンを直視できなかった。
もちろん本作はサメ映画でもある。『127時間』のジェームズ・フランコは孤独の中で白昼夢を見まくっていたが、ブレイク・ライブリーにそんな余裕はない。なにしろ満潮になると、今いる場所は沈んでしまう。周囲には、岩礁と、ブイ、そして傷ついて飛びたてなくなった一羽のカモメだけ。自然法則だけが唯一のルールとなって、命をかけたパズルゲームが始まる恐怖......サメは淡々とその時を待っている。



サメといえば、サメ映画によっていつしか常識となった「血の匂いに敏感」という性質(ただし科学的にはそんなことないらしい)がある。本作でもこのホラー知識を刺激すべく、主人公が水に浸かるたび血の拡がるさまがたびたび描かれる。「ああ、サメちゃんビンビンきちゃってるな。血の匂い嗅いで、おいしいそうなブレイク・ライブリーのボディに突入したくてたまらなくなってるな!?」からの、サメが燃えながら宙を飛ぶシーン。シリアスなトーンで貫かれた本作でありながら、サメ映画としてはアホさを逃げないジャウマ・コレット=セラ監督にあたたかい拍手を送りたい。私は(劇中の設定はメスながら)このサメと、ブレイク・ライブリーの戦い、ムラムラ男とセクシーレディの関係としても興味深かったので、みなさんもそんなことをチラッと考えながら、その最後を見届けてみてほしい。
というわけで本作が大ヒットし、誰も彼もが海に行きたくなくなったところで、私は無人のビーチに行きたいなと企んでいるのである!(死ぬパターン)。

文=ターHELL穴トミヤ

楽しい休暇になるはずだった――
岸はすぐそこ。しかし、たどり着くことはできない。
『JAWS/ジョーズ』以来の"本格的サメ映画"がついに誕生!


『ロスト・バケーション』
7月23日(土)全国ロードショー!

原題=The Shallows
監督=ジャウマ・コレット=セラ
脚本=アンソニー・ジャスウィンスキー
出演=ブレイク・ライブリー、オスカル・ハエナダ

配給=ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

2016│アメリカ│86分

関連リンク



関連記事

東宝東和にもGAGAにも直電! 映画業界を「銀行員」の立場から描いた、珍しいドキュメンタリー。そしてポール・ヴァーホーヴェンは、やっぱりイイ奴だった 映画『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |