女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

WEB SNIPER Cinema Review!!
タランティーノとサンダンス映画祭が絶賛!
新鋭女性監督が大胆に描く、アラフォー女性のリアル
平凡な日常に飽きた、大人になれないレイチェル(キャスリン・ハーン)。自分は日々、女としての魅力を失っている......そんな焦りを覚える彼女の生活に、若く美しいストリッパーマッケナ(ジュノー・テンプル)がもたらした嵐のような混乱。彼女は再び"人生の午後の輝き"を取り戻せるのか――

11月7日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて 他全国順次公開!
 | 
(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

自称19歳のストリッパーを演じるジュノー・テンプルが素晴らしい。主人公のキャスリン・ハーンが笑いすぎて「ンゴっ、ンゴっ」と鼻を鳴らしたときに、口を大きくあけて驚くその仕草!あどけなさ、かわいさに、心の中でたまらなベイビー1ドルチップが乱舞したっ(スクリーンに向かって、ドル札を撒く感じをイメージしてください)! 監督は、本作が長編映画デビュー作となるジル・ソロウェイ。2013年のタランティーノが選ぶ年間10本に選ばれたという、最高のコメディ!かと思いきや、渋い家族ムービーだった。

(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

キャスリン・ハーンは、幼い息子を持ち、スマホアプリの開発者の夫(ジョシュ・ラドナー)と暮らす専業主婦。しかし半年以上「夫婦の営み」がないという悩みを抱えて、カウンセラーの元に通っている。夫が洗面台に向かっている横で、小便をしながら「今夜は興奮しちゃうわよ!」「帰ってきたら覚悟して、あなたの股間を吸いまくり!」と気合バリバリ宣言をかますキャスリン・ハーン!下着姿で股間をグイグイ突き出し「バン!バン!」と夫を欲情させようとしてるんだか、笑わせようとしてるんだかわからない行動に出るキャスリン・ハーン!『なんちゃって家族』(ローソン・マーシャル・サーバー監督)でもかなりの三枚目っぷりを発揮していた彼女が、今回も見事なマイナスベクトル色気を発揮して、観るものを確実に萎えさせる。夫婦、家族になると起きる色気の減退、これはやはり洋の東西を問わず起こる難題なのだ。

(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

そんなある日、夫婦は刺激を得るためにストリップ劇場に出かけることにした。そこでキャスリン・ハーンにプライベートダンス(個室での1対1の密着ダンス)でついたのが、自称19歳のジュノー・テンプルだった。なぜか彼女のことが忘れられなくなったハーンは、次の日また劇場に出かけていき、偶然をよそおって声をかける。2人は友達同士になり、ついにテンプルはハーンの家の空き部屋に下宿することになった。しかし、彼女が「ストリッパー」なだけでなく、「売春婦」でもあることが明らかになり......とストーリーはすすんでいく。
(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

監督のジル・ソロウェイは本作の主人公を「セス・ローゲンや、ジャック・ブラックのような、現実にはいなそうなほどダメな人間の女性版」として描きたかったという。ハーンはそれに応える名演で、マイナスベクトル色気演技も、レズの女性カウンセラー(ジェーン・リンチ)とのやりとりも、バッチリツボをついてくる。しかしそれ以上に、主人公のダメな部分としての「幼さ」を痛烈に演じきっていて、観ていてつらくなってくるのだ。

映画の冒頭、ハーンは車を洗車マシーンに入れている。繭のように車を包む洗剤によって外界から遮断され、洗車を待つ間というのはなにか、人生のどこにも属していないエアポケットのような時間が流れる。そんな中にあって、彼女はおもむろに助手席に移動してみる、これはデートに連れて行ってもらうガールフレンドの位置だ。次に後部座席に移動する、これは親に乗せてもらう子供の位置。このシーンだけで、彼女の若い心を失っていない、または退屈して何かを求めている気分が見事に表現される。
しかしその「大人っぽくなさ」は後半、ママ友と集まってアホトークを繰り広げる頃には、かなり不快なものに変わっている。主人公はそこで「2人目」の妊娠を報告する友達に苛立ちを隠せない。そして唐突に「中絶トーク」を始めたあげく、場の雰囲気を立て直そうとする皆の邪魔をするのだ。そのときに、それていく話題を前にして指を噛んだり、無理矢理笑ったりしてまた「中絶トーク」を蒸し返そうと狙っている顔。この顔の演技がうますぎる!観ていていたたまれなくなり、独身版ダメ女性ムービー『ヤング≒アダルト』(ジェイソン・ライトマン監督)の修羅場がフラッシュバックした。

(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

子供が小鳥や猫を拾うように、無邪気にストリッパーを家に住まわせたあげく、ヒいてしまう主人公。しかし本作はそれを賛美もせず、告発もしない。ピンク色で、ふわふわなジュノー・テンプルが時折見せる動物的な反応の恐ろしさと、どこまでも平凡で小市民的な主人公を対比させつつ、「まあ、そうなるだろうな」というオチへと向かっていく、そこが渋かった。親子や、兄弟のような血縁の家族関係は、そうそう変わらないが、夫婦という家族関係は時間によっても、行動によっても変わっていってしまう。だからこそ努力して、昔と変わらない姿を探し求める......。夫婦はいつまで男と女なのか、そんなアイロニーを理解した後には、週刊誌の熟年セックス特集への見方も変わっているかもしれない。

(C)2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

文=ターHELL穴トミヤ

大人になれないレイチェルのイタさが、笑えて、沁みる――
タランティーノが絶賛した、不器用で愛おしい人生賛歌


『午後3時の女たち』
11月7日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷にて 他全国順次公開!


原題=Afternoon Delight
監督・脚本=ジル・ソロウェイ
出演= キャスリン・ハーン、ジュノー・テンプル、ジョシュ・ラドナー、ジェーン・リンチ、ジェシカ・セント・クレア
配給=アット エンタテインメント

2014年│アメリカ│英語│ビスタ│98分│DCP上映│R-15+

関連リンク

映画『午後3時の女たち』公式サイト

関連記事

かわいい女の子同士は、すぐ友達になっちゃうよ。たとえ、それが死体でも! 映画『女の子よ死体と踊れ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |