worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

WEB SNIPER Cinema Review!!
月面着陸の捏造をアメリカ政府がキューブリックに以来した!?
1969年、人類が初めて月面に着陸。全世界でその映像が流され、人々は歓喜に沸いた。が、後にこの映像は捏造であり、映画監督のスタンリー・キューブリックが制作に関わっていたというトンデモない噂まで......。もしこの話が本当だったら!? キューブリックへの映像依頼という極秘任務を遂行するため、CIAの腕利き諜報員キッドマン(ロン・パールマン)はロンドンへと送りこまれる――

全国公開中
 | 
(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

根強く囁かれる「アポロ11号月面着陸、フェイク説」。その都市伝説に基づいたアホムービーが誕生した。舞台は1969年、スウィンギンロンドン華やかりし頃のロンドン。ダメバンドマネージャーの主人公(ルパート・グリント)は、ルームメイトと思しきジャンキー(ロバート・シーハン)と同居し、ギャングに借りた金が返せなくてドツボにはまっている。ある日彼は金を無心しにやり手ビジネスマンのいとこを訪ねるが、けんもほろろに断わられてしまった。いとこが部屋を外したすきに、こうなりゃもう金を盗むしかないと机に近づいた瞬間! そこにハリウッドプロデューサーを名乗る男(ロン・パールマン)が訪ねてくる。彼は「(アポロ11号が万が一失敗したときに代わりに流す)月面着陸映像をキューブリック監督に制作させる」という使命を帯びた、CIA諜報員だったのだ!
パールマンをただのアホなハリウッド・プロデューサーだと思った主人公は、お堅すぎてキューブリックの顔も知らないその男から、まんまとギャラをだまし取る。しかしインチキはあっさりバレ......と映画はつづいていく。

(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

口先だけはうまいインチキ男、どうしようもないジャンキー、そしてベトナム戦争のせいで完全にPTSDわずらっちゃってますけど(それもかなり深刻に)というCIA諜報員。本作はこの3人が出揃った時点で、「大惨事間違いなし」の予感に満ち満ち、期待感マックス状態になる。でも、その後そこまで、期待したほど、爆発的な展開じゃなかったかな~。でもいい!とくにあがり症で、なにか大事なことがあるとすぐにドラッグをきめてしまう相棒。彼はキューブリック役を押し付けられるんだけど、緊張のあまりミーティング直前に接着剤を吸ってグネグネになってしまう。そこであわてたルパート・グリントが「しゃきっとしろ!」と今度はコカインを吸わせるこのアホさ!するとシャキッとしすぎて、「俺はキューブリックだ!完全にキューブリックだ!」みたいになり、CIA諜報員の依頼を「そんなのは俺のスタイルじゃない!」とか勝手に断わり出してしまう。一方のロン・パールマンは『インヒアレント・ヴァイス』(ポール・トーマス・アンダーソン監督)のジョシュ・ブローリンとタメを張る「お堅い人物」具合なのだが、その実ストレスを感じるとベトナム戦争後遺症の幻覚が見え始めるという、ヤバい精神状態にある。2人の初顔合わせは、はたから見ればスーツをきたビジネスマン同士の商談、その実ドラッグでラリってる人と、PTSDで限界来ちゃってる人のギリギリミーティング!日常に潜む「自分が辛い時は、敵も辛いのだ」的瞬間を、めちゃアホシチュエーションで再現する素晴らしいシーンとなっていた。

(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

コケにされたロン・パールマンは彼らを消して仕切りなおそうとするが、着陸の予定日を目前にひかえ、もはやこのダメコンビと組んで映像製作を続行せざるを得なくなる。ところが「おれには優秀な監督の知り合いがいる!」と請負うルパート・グリントに連れて行かれた先には、これまた輪をかけてThis is 60'sな監督が待っていた。 さあここから怒涛のヒッピーあるあるギャグで、大惨事どんとこい状態なのか!?と思ったらそこまでじゃないんだよな~。でもいい!到着したビルじゃ、いきなりボディ・ペインティングとかしているし、当の監督は全裸の女たちと一緒に、アンディ・ウォーホルのアートフィルムみたいな、どこが面白いのか全く理解不能な自身の過去作品を観ている。こいつがCIAの陰謀映像だっていうのに、「月面にクラゲを飛ばそう!」みたいな激ヒッピーなことを言いだしてロン・パールマンがブチ切れたり、なかなかハチャメチャ60'sがんばっていたと思う!
(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015
そして絶対あるだろうな、と思っていたCIA諜報員によるドラッグ誤飲展開。果たしてPTSDを抱えたCIA諜報員はこのクール・クールLSD交感テストにパスできるのか!?月面着陸とかもはやどうでもいい、このまま精神世界の人類にとっては小さな一歩だが、自分にとっては大きな一歩をふみ出しちゃってくれ!60年代っぽい、クソでかいタンスみたいなシンセサイザーからぬるぬるとなにかが噴き出してくるサイケ描写が最高! と思っていたら、ストーリーはそこからアクションに向かって行っちゃう。なんかそのスプラッター展開が生真面目っていうか、もっとサイケシーンに突き抜けて欲しかったんだよな~。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(マーティン・スコセッシ監督)とか、『テネイシャスD 運命のピックをさがせ!』(リアム・リンチ監督)とか、『22ジャンプストリート』(フィル・ロード監督)みたいな、爆笑ぶっ飛びシーンがみたかったな~。と思ったのだった。

(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

それでもアポロ11号月面着陸シーンが流れると、なんか感動してしまう。この、すべての雑事が昇華されちゃう感じってなんなんだろうか。ベトナム戦争とかあったけど、月面着陸シーンが流れると、まあアメリカの60年代も悪くなかったかもな......みたいになるし、たとえどんな映画でも、最後に月面着陸が流れると、なんか人類やったよなみたいな納得感に包まれる......。悠久なる時間へと全てが飲み込まれて、うやむやになっていくこの感じ......。そうだ!インドのガンジス川と一緒ではないか! アポロ月面着陸こそは、圧倒的な「細かいことはいいんだよ」感ですべてを昇華する、アメリカのガンジス川だったのだ。

(C)Partizan Films- Nexus Factory - Potemkino 2015

文=ターHELL穴トミヤ

笑いもアクションも躊躇なし!
全速力で疾走するスタイリッシュなブッ飛びコメディ誕生!


『ムーン・ウォーカーズ』
全国公開中


原題=Moonwalkers
監督・原案=ジル・ソロウェイ
脚本=ディーン・クレイグ
出演= ロン・パールマン、ルパート・グリント、ロバート・シーハン、スティーブン・キャンベル・ムーア、エリック・ランパール
配給=日活、CAMDEN

2015│フランス・ベルギー│英語│94分│シネスコ│カラー│R15+

関連リンク



関連記事

若いストリッパーを演じるジュノー・テンプルのあどけなfearな感じがいい!対するキャスリン・ハーンの観る者を確実に萎えさせる負の色気演技におもしろベイビー1ドルチップ! 映画『午後3時の女たち』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |