ミストレスランド 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『はじめてのレズ友達~ふたりきりの放課後~ (レズれ!)』
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年7月号
特選AVレビュー『悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

WEB SNIPER Cinema Review!!
シャーロックホームズ 最後にして唯一の未解決事件
海辺の家でミツバチの世話をしながら、穏やかな余生を送っているシャーロック・ホームズ。だがホームズには、死ぬ前にどうしても解かなければならない謎があった――。誕生からまもなく130年。今も絶大なる人気を誇る名探偵の最後の推理とは!?

新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次公開中
 | 
各国で、数々の名優たちで、幾度もドラマ化され、映画化されてきたシャーロック・ホームズ。僕が最初に見たのは、NHKでやっていたグラナダTV製作の「シャーロック・ホームズの冒険」。コナン・ドイルの原作に基づいたシリーズで、主人公ヅラして出てくる、この探偵も悪役ではないのか?と混乱するような、主演ジェレミー・ブレッドの青白い顔が印象的だった。少し前だと、女装してアクション映画化したロバート・ダウニー・Jrが演じる『シャーロック・ホームズ』シリーズがあったし、最近だとベネディクト・カンバーバッチがIT機器を操るアスペルガーキャラ(劇中の言い方を借りればハイ・ファンクショニング・ソシオパス)のホームズを演じる、BBC製作の『SHERLOCK シャーロック』シリーズの映画版が公開された。そういえば、子供のシャーロックが主役の『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』というのもあった。そして、今回イアン・マッケラン(『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』)が演じるのはなんと93歳、引退したホームズだ(原作はオリジナルの設定を借りた、ミッチ・カリン著の『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』)。その切り口は、なんとこのホームズが、ボケはじめているというもの。彼が鋭い頭脳を回転させて挑むのは、消えていくみずからの記憶! たしかに斬新だが、それ大丈夫なのか。

(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

冒頭、草原の中を駆け抜けていく汽車のボックスシートで、鋭い人物観察力を発揮する老人。彼が駅から家に向かうタクシーの道すがら、座席の脇に風呂敷包みが置かれている。そこから出てくるのが「山椒」という展開にいきなりのパンチを食らう。本作のホームズは山椒に凝っていて、それをいつも食べ物に加えるという設定なのだ。「紅茶にも入れる!」とかいって、それはやめとけよみたいな気になるのだが、なぜ彼がそんなに山椒にこだわるのか? それは「山椒がボケ防止に効く」と信じているからなのだった。なんとも老人あるあるで、「ためしてがってん」みたいな番組でも見たのだろうかという気になってくる。
物語の時代設定は1947年。すでに引退したホームズは、人里離れた田舎の一軒家で養蜂を営んでいて、触れ合う人間といえば、住み込みの家政婦(ローラ・リニー)に、その息子(マイロ・パーカー)くらい。ワトスンはじめかつての仲間たちも、すでにみな他界していて、歳をとることの寂しさが随所に滲み出る。はじめのうちこそ、切れ者爺さんぶりを発揮しているマッケランは、どうやらまだらボケらしい。映画が進むうちにその衰えが目立ち始め、思い通りにいかない自分へのいらだちを爆発させる姿に、観ていて辛くなる。
映画は現在の隠とん生活、そして「山椒」を手に入れるために向かった最近の日本旅行、自伝を書くために少しづつ再構築されていく30年前の記憶、3つの時間を行きつ戻りつしながら進んでいく。

(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

過去の事件でホームズは、「息子を亡くした妻が降霊術の楽器にハマってしまった」という夫からの相談を受ける。1919年のロンドンの町並みが再現され、オカルティックな展開に、なつかしき「シャーロック・ホームズの冒険」の雰囲気が蘇った。回想の中、イアン・マッケランがベンチで話すシーンがいい。「あなたは孤独ですか?」と彼は問いかける。「私も孤独な人間でした。その隙間を知識でうめたんです」、紳士然と微笑むマッケランの顔に、天才ホームズの孤独が浮かび上がるのだ。なんでも理解出来るホームズ、「ロジックが大切だ」というホームズ。そんなホームズを観ていて、『ヒア アフター』(クリント・イーストウッド監督)を連想する。あの映画で主人公は、魂の声を聞くことができるという他人にない才能を持っていた。しかし主人公はそのことで他人から孤立し、それでもその才能に対して忠実な生き方をやめない。そんな彼が、もっとも大事なところでうそをつく、というあれは物語ではなかったか。反対に『ソーシャル・ネットワーク』(デヴィッド・フィンチャー監督)では、同じく才能に恵まれた主人公が、自分の唯一足りない部分に気がつきそうで、気がつかない。そのことで彼は、最も繋がりたい人間と繋がれない。
ホームズもまた彼らと同じ、才能があるゆえに、才能と生きるがゆえに、他人から孤立している人間だ。そんな彼が、晩年に家政婦の息子と、ふたたび心を通わすようになる。しかしなぜ母親である家政婦は、息子とホームズが仲良くするのを嫌がるのか。その子にせがまれる形で思い出していく「最後の事件」での、ホームズ最大の失敗とはなんなのか。それを通して彼は、事件を解くこと以上に困難な、シャーロック・ホームズという人間自体の限界に挑むことになっていくのだ。

(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS

そこには真田広之に呼ばれて訪れる日本旅行も効いてくる(どこの中国だよ!と突っ込みたくなるが、まあそれはよしとしよう)。ビートルズはインドでシタールや瞑想にはまり、スティーブ・ジョブズは禅にはまっていた。そして本作のホームズは山椒にはまって、日本を訪れる。オリエンタリズムといってしまえばそれまでだが、そのミスマッチさ、ある種の滑稽さは、しかし彼らのひたむきさ、真摯さの証でもある。本作は、シャーロック・ホームズを名乗りながら、ホームズがホームズから自由になる瞬間を描いているのだ。それが晩年になっても、人生に希望をもたらしてくれるというのが良かった。

文=ターHELL穴トミヤ

30年前、人生最大の失態を犯したシャーロック・ホームズ――
「私には、やり残したことがある」


『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』
TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

(C)Agatha A Nitecka / SLIGHT TRICK PRODUCTIONS
原題=『Mr.Holmes』
原作=ミッチ・カリン「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」 (KADOKAWA 訳:駒月 雅子)
監督=ビル・コンドン
脚本=ジェフリー・ハッチャー
出演= イアン・マッケラン、ローラ・リニー 真田広之、マイロ・パーカー

配給=ギャガ

2015年│イギリス、アメリカ│104分│カラー│シネスコ│5.1chデジタル

関連リンク

映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』公式サイト

関連記事

メリル・ストリープがおっさんロックを熱演! 先の展開、わかっちゃいるけど!気持ちいい、というそこツボ映画 映画『幸せをつかむ歌』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |