女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
驚愕の"実話"を映画化! サム・ライミが震え上がった想像を絶するほど衝撃的な実話とは
『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミがロサンゼルス・タイムズ紙の報じた実話を基にプロデュース! eBayに出品された呪いの箱をめぐる全米大ヒットホラー!

5月25日(土)、シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー!
 | 
(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

2004年7月、ロサンゼルス・タイム紙に奇妙な記事が掲載された。落札した人間が次々と不幸に襲われる、呪いの箱がeBayに出品されているというのだ。記事はロサンゼルスの住民の大多数を占めるオカルト研究家にオタク、アホやヒマ人を相手に大騒動を巻き起こし、その中には新聞を握りしめ「マジ、こえー!」と目を$マークにして打ち震える、サム・ライミの姿もあった(に違いない)!

というわけで、実話を元にした本作、『ポゼッション』が誕生した。プロデューサー、サム・ライミが連れて来たのはデンマーク出身の監督オーレ・ボールネダル。ユアン・マクレガーがサイコキラーに濡れ衣を着せられる『ナイトウォッチ』や、最近では宇宙人の女教師と子供たちが戦うホラーSF『パラサイトX』など、彼の作品はジャンル映画ながら、いつも登場人物の反応に独特なところがあっておもしろい。今回は、どんな逸脱を見せてくれるのか!?と思ったらかなりかっちりした出来、どちらかといえばサム・ライミ色が濃い作品となっていた。

(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

 呪いの箱に取り憑かれてしまうのは、弱冠13歳(もっと幼く見えたけど)カナダ出身のナターシャ・カリス演じる次女エミリー。父親(『ウッドスットックがやってくる!』『ウォッチメン』のジェフリー・ディーン・モーガン)に連れられて向かったガレージ・セールで、彼女はなにやら古くて、不思議な文字の掘られた箱を買ってもらう。その日を境に、度を超して情緒不安定になっていくエミリー、さらには蛾の大量発生など、周囲にも次々と不気味な出来事が巻き起こる。やがて父親は、娘が「箱」に異常な執着をみせていることに気がつくが......、とストーリはすすんでいく。

父親の仕事はバスケットボールチームのコーチなのだが、冒頭、彼が選手たちに「想像のボール」でゲームをさせるシーンがある。実在しないものも、みんながあると思えば、そこに存在し始める......。まさに呪いをテーマとした本作に対する、鋭い批評。その知的なほのめかしに感心しそうになったが、その3分前には登場人物が悪魔によって物理的にぶん殴られて吹っ飛んでいたから、やっぱり呪いも悪魔も実在するんだ! あやうく常識的な見方に丸め込まれるとこだった!  あぶないあぶない!

(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

そんな凶悪な悪魔に取り憑かれてしまったエミリーの変わりようは凄まじく、母親と同居中の男をブランコから眺める悪魔メンチ! 実の父親を挑発するときの、アル中娼婦のような憎々しい顔! かと思えば、正気に戻り「ごめんなさーい!」と泣き叫ぶあどけなさ! 観ていると、未婚どころか彼女に捨てられてはや1年の私ですら、「まさか! あんなにかわいかったうちの娘が、反抗期に!?」という気分になってくる。

(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.
部屋中に何百という蛾が飛び回っていたり(本物の蛾を使ったらしい)、衝撃描写も多い本作だが、もっとも素晴らしかったのは、エミリーが夜中に家を飛び出すシーン。街灯に照らされた巨大な壁の横を走る、白パジャマに裸足の少女。そして人里離れた物流倉庫に奥から走り込んでくるカット。常夜灯がアスファルトを照らし、ここはまるで少女の夢の中にいるかのような夢遊感に満ちていた。

一番最初に「箱の呪い」に気づくのは父親なのだが、そこでもちあがってくるのが、それをどうやって周りに伝えてるのかという問題だ。夫婦は離婚し、エミリーは母親と父親の間を行ったり来たり。母親の家には新しい男も同居していて、そんな中、娘が突然情緒不安定になったその原因は......「悪魔だ! 悪魔が娘に取り憑いたんだ!」と説明したら、イッツ・ジ・エンド。「あそこのお父さん、離婚でノイローゼになっちゃったんだって」となるわけで、そこで本作まさかの! 娘を病院に連れて行くと、体に巣食った悪魔がMRIに映っちゃう! これにはママも納得、「呪いの箱がeBayに出品されるなら、悪魔がMRIに映ってもいいだろう」という、サム・ライミの大胆なプロデュースぶりには感心しきりだ。

(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

やがて訪れる悪魔との対決では、またもやナターシャ・カリスの演技が爆発。たけり狂った悪魔に乗っ取られ、カエルのような格好で咆哮するその姿は、まさにオジー・オズボーン。本作を観た人はもう、町中でゴス少女を見かけても、「両親の愛情が欲しいあまり、悪魔に巣食われてしまった犠牲者でしかも除霊される寸前」としか見れなくなってしまうことだろう。

ところで本作、何かが起こるときにはいつも「風」が吹いてくる。じつは『ナイトウォッチ』でも『パラサイトX』でも、「風」はとても特徴的に扱われている。これこそは本作にもっとも強く刻まれたポール・ダネル監督の痕跡。そこで思い出すのが、もう一人の風の監督、宮崎駿だ。彼の作品でも、主人公の感情が揺れるとき、そこにはいつも風が吹く。ついでにいえば本作、その設定からして『となりのトトロ』そっくり(両親が離ればなれになってしまった幼い姉妹が、父と一緒に郊外の家ですごすうち、不思議な生き物に出会ってしまう)なのだ。家族の崩壊を前にして、子どもたちがトトロに出会う代わりに、悪魔に巣食われてしまうのが本作、『ポゼッション』! 全国で孤立しているお父さんは全員「『となりのトトロ』みたいな映画があるんだよ」といって、家族連れで『ポゼッション』を観に行くべきだろう。「みんながお父さんのこと急に嫌いになっちゃったのは、悪魔のせいなんだ!」と説明すれば家族円満! またはその場で離婚が成立すること間違いなしだ。

文=ターHELL穴トミヤ


(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.


驚愕の"実話"を映画化!!L.A.タイムズが報じ、
サム・ライミが震え上がった想像を絶するほど衝撃的な実話とは―





『ポゼッション』
5月25日(土)、シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー!

(C) 2012 Box Productions, LLC. All Rights Reserved.

原題=『The Possession』
監督=オーレ・ボールネダル
出演=ジェフリー・ディーン・モーガン、キーラ・セジウィック、マディソン・ダベンポート、ナターシャ・カリス他 

配給=ブロードメディア・スタジオ
宣伝=キャノンボール

2012年|アメリカ|カラー|英語|92分

関連リンク

【公式サイト】映画『ポゼッション』│5月25日、ロードショー

関連記事

首狩り族の襲撃により、日本人の首が飛びまくり! 台湾で大ヒットした対日本軍アクション巨編の主人公の論理はよく観たら日本軍と一緒だった 映画『セデック・バレ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |