本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2011 モンキータウンプロダクション/映画「ギリギリの女たち」製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
『愛の予感』『春との旅』など、国際的な評価高い小林政広監督の最新作!
東日本大震災の傷跡を残す宮城県気仙沼市の一軒屋へ、ニューヨークでダンサーをしている長女・高子と東京で暮らす主婦の次女・伸子が帰ってくる。独りで家の番をしてきた三女・里美は溜め込んでいた怒りを爆発させ、3人は互いに傷つけ合うが......。小林政広監督自身も居を構える土地で撮影が行なわれた、抜き差しならない人間ドラマ。

2012年7月28日(土)よりユーロスペース、シネ・リーヴル梅田他、全国順次公開
 | 
(C)2011 モンキータウンプロダクション/映画「ギリギリの女たち」製作委員会

まず、チラシに書いてあるキャッチコピーはこうだ。

――ギリギリの三姉妹が、愛を叫ぶ。自分をもっと愛して!

うわー、こりゃちょっと重くないですか。
しかも映画の撮影地は、小林政弘監督が居宅をもち昨年3月の東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市。でもって映画のタイトルは『ギリギリの女たち』。うわー、やっぱり重いわー!!
いきなり私事で恐縮なのだが、筆者は今年41歳。梅雨の低気圧にヤラれて気持ちは澱むわ偏頭痛はするわで、まさに心身ともにギリギリな状態。「あれ、もしかしたらこれって噂の更年期ってヤツなんじゃないの?」と怯える毎日なんである。
正直、「ああ、こんなときにこんな映画観て死にたくなったらどうしよう......」と、ビクビクしながら観始めたのだけれど、意外にも映画館から出たときには妙にスッキリして、そこらへんにいるおっさんに昼酒でもおごりたくなってしまった。
というわけで、いいトシだしお金もないし男もいないしそろそろ更年期くるしもうギリギリだわ~、って女性にこそ観てほしいのがこの作品だ。

2011年、夏。震災の傷跡が残る気仙沼市。3.11をきっかけに、ニューヨークでダンサーをしていた長女の高子(渡辺真起子)が実家である一軒家に帰ってきた。水道も電気も止まった我が家で、高子は同じく故郷を離れて今は東京で主婦をしている次女・信子(中村優子)と再会する。しかし、家を捨てて15年後に会った2人の会話はなかなか噛み合わない。
そこに、姉たちに取り残され、以来一人で家を守り続けてきた三女・里美(藤真美穂)が現われ、身勝手な姉たちに対する怒りをあらわにする――。

(C)2011 モンキータウンプロダクション/映画「ギリギリの女たち」製作委員会

さっき「観終えた後は妙にスッキリ」と書いたけれど、それはたぶん物語の構造がそうなっているからで、実際には上映時間の101分中60分くらいは三姉妹の言い合いだ(ちなみに残りの30分は泣き、最後の10分がスッキリタイム)。
いきなり帰ってきた姉たちに「今さら何しに来たの。出ていけ!」と怒りをあらわにする真面目な里美。高校生の妹を一人にして家を出て行ったのに謝ることもなく、彼女の怒りを受け流すスカした信子。「あ~、頭痛がする~。頭の病気なのよ~」と四六時中寝てばかりいる自由な高子。

最初のうちは「うわ、高校生置き去りにするなんて、ひでえ姉ちゃんたちだな!」と思って観ていたのだけれど、実際には自由人に見える高子にも「病気の父親の面倒を10年もみた自分が夢を追って何が悪いの?」って言い分があることがわかってくる。次女の信子にしても「長女でもないのに家に残る必要はない」と思っていて、ついうっかり自分に置き換えてしまうと、一概に誰が悪いとは言い切れないような気がしてくる(女というのは自分勝手なものなのですよ!)。

しかし、そんな平行線の言い合いの中でも、里美が信子を「小ちゃいお姉ちゃん」と昔の呼び名で呼び出した頃から少しずつ姉妹の距離は縮まっていく。
何十分もかかって買い出しに行ってカレーをつくったり、夜は電気のない暗い部屋でこれまでのことを少しずつ話したり、昔よく遊んだ浜へ行ったり。
その中で浮き彫りになってくるのは、一見自由で華やかに見えた長女と次女もかなりキツい状態にあるということだ。
長女の高子はダンスの師匠兼情夫だった男に死なれ、もういい歳なうえにひどい頭痛(病気?)を抱えている。一方、次女の信子も実は精神を病み、夫に離婚されて自殺を考えていたという塩梅。もうほんと、全員笑っちゃうくらいにギリギリなんである。

舞台はほぼ家の近所で、登場人物は三姉妹だけ。そしてワンショットが長く(なんと冒頭のシーンは35分ノーカット!)全編を28カットで撮っているという本作。こんな感じで、いかにも女女した辛気臭い感じで物語は進んでいくのだが、暗い気持ちにならないのはなんといっても三姉妹のキャラが立っているせいだろう。
特に、長女役の渡辺真起子は半分くらい頭痛で寝ている役なのに、すごい存在感。引きの画面が多い中、カメラに向かってドアップで話しかけるシーンがあるのだけれど、不健康そうなすっぴん顔から繰り出されるセリフはまるでドキュメンタリー映画のようでグッとくる。

(C)2011 モンキータウンプロダクション/映画「ギリギリの女たち」製作委員会

さっきのチラシを裏返してみたら、こう書いてあった。
「いつの時代、どんな状況でも女はたくましく、強く、愛を与え、愛を欲する!」
いやいや、ちょっと待て。
私がこの映画を観てスッキリした気持ちになったのは「女はたくましくて強い」なんて陳腐なメッセージを感じたせいじゃない。逆に、この映画に出てくるのが本当にギリギリで、勝手で、計画性のないダメな女たちだからだ。同じ中年女で将来設計はゼロ、なのにたいしたアクションも起こさず毎日をやりすごしている私にとって、三姉妹のダメさは他人事じゃない。でも、そんなダメな女たちもなんとか死なずに生きている。それを見て安心するからだ。

ラストシーン、姉妹らしさを取り戻しつつある3人は、特別に仲良くもなく、かといっていがみ合いもしないまま庭で白米のおにぎりを食べる。
「私、決めた。生きる! 働く! また男つくる! 子供産む!」
とハイテンションで叫ぶ次女。状況はまったく改善してないし、所持金ゼロだし、たくましいというよりどう見てもやけっぱちだ。でも人間て、こんな状態でも一人じゃなきゃポジティブになれる。
何もないけど天気だけはいい庭先で笑い転げる女たちを見ていたら、更年期予備軍のしがないライターである筆者もまだまだいけるぞ、って気になった。

文=遠藤遊佐

東日本大震災後の2011年夏、
被災地で生まれたギリギリの女たちのヒューマンドラマ――


FLV形式 3.92MB 1分25秒

『ギリギリの女たち』
2012年7月28日(土)よりユーロスペース、シネ・リーヴル梅田他、全国順次公開
(C)2011 モンキータウンプロダクション/映画「ギリギリの女たち」製作委員会
監督・脚本=小林政広
出演= 渡辺真起子、中村優子、藤真美穂

配給・宣伝=ブラウニー

2011年|101分|日本|カラー|デジタル

■女性割引キャンペーンを実施します!!
『ギリギリの女たち』の公開を記念して、公開中、三姉妹に限らず女性三名でご来場の方は、お一人様当日料金1,000円で本作をご覧頂ける"女性三名割引キャンペーン"の開催が決定!女性三人での映画鑑賞を『ギリギリの女たち』で更にお得にお楽しみ頂けます。
関連リンク

映画『ギリギリの女たち』公式サイト

関連記事

本物志向じゃなくて本物! 尺八がかかるシーンで日米同盟を確信! 米軍の機密部隊、ネイビーシールズ全面協力の映画が登場 映画『ネイビーシールズ』公開中!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.07.22更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |