ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
石垣島の「食べるラー油」を全国に知らしめた夫婦の心温まるドラマ!!
フリーライターの歩美(小池栄子)は中国人のカメラマン・ギョウコウ(ワン・チュアンイー)と遠距離恋愛を経て結婚するが、その後、ギョウコウの勤めていた会社が倒産、彼は失職してしまう。気晴らしに石垣島を訪れた2人は島への移住を決意。地元の食材を用いた新しいラー油を作ろうと奔走し、さらにギョウコウの帰化申請をするのだが......。

10月20日(土)全国ユナイテッド・シネマ 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開
 | 
(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

昔は、ヒットした歌謡曲を元に映画を一本作っちゃうなんてことがありました(『二人の銀座』とか)。ハリウッド映画では、ヒットした自己啓発本を元に映画を作っちゃうなんてこともあるみたいで(『百万長者と結婚する方法』とか)、まあ原作=小説や事件とは限らない、映画っていうのは何からでも作れるんだなー、と思ってたんですが本作。なんと食べるラー油が原作の映画だっていうんだから驚きじゃないですか! 原作:食べるラー油 ってこれどういうことですか! 興奮する!

と思ってかけつけたら、『ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし』(マガジンハウス刊)という本が原案としてやっぱりあったんですね。「ラー油を言語として解釈する」みたいな映画かと思ってたんでちょっとがっかりしましたが、小池栄子のおっぱいが大きかったから全然もんだいない。いや、演技もよかったです。
 ちなみに原作になったのは「石垣島ラー油」。これは石垣島に移住した辺銀愛理さん夫婦が開発したラー油で、食べるラー油ブームもそもそもここから始まったと言われている、いわばラー油界のi-Macみたいな感じでしょうか(ちがいますね)。

(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

原案となった本は、辺銀さんが書いた結婚から石垣島移住を経てラー油誕生へと至るまでのエッセイ。レシピや石垣島の人たちへのインタビューも載っていて、映画はそれを、中国籍の夫が日本国籍を取得できるどうかの、一種のサスペンス仕立てにして再構築している。新たに法務局職員(深水元基)というキャラクターが登場することで、いわば彼が主人公夫婦と観客の仮想敵として立ちはだかり、観てる方は「果たして夫の帰化申請は通るのか?」と最後までハラハラしながら、面接にあわせて石垣島生活を追っていく...という、なるほど、こうすれば映画になるのか!という、うまい作りになっていました。

(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

主人公夫婦を演じるのは小池栄子と、ワン・チュアンイー。2人の石垣島移住は、東京でカメラマンをしていた夫の失業をきっかけに始まります。じゃあひまだし遊びにいこうと石垣島に訪れて、郷土料理屋の味に感動した小池栄子が、なんとその場で「ここで働くわ!」と決断しちゃう。そして次のカットではもう家を探しているんですが、石垣島の家は島人の保証人がいなければ借りられないということが判明します。へーと思っていると、その帰りにバス停でナンパして来たおじいに保証人になってもらって一件落着、というすごい展開なんですが、このへん、本を読むと仕事をゲットするにも巻物みたいな手紙を書いたり、辺銀愛理さん実際はかなりの行動力で石垣島生活を切り開いていった、やり手の女性なんですね。
そして、海、ごはん、鳥の声...と、2人のゆったりした暮らしが始まり、やっぱりご飯映画ですよ。夫も妻も料理が得意で、食事シーンもうまそうに進んでいって、そんなある日、小池栄子がフリーマーケットのお知らせを見つけてくる。そこで「行こう行こう」と答える中国人夫に「行こうじゃないでしょ? 出そうでしょ!」と小池栄子の厳しい突っ込みが入るあたり、やっぱり彼女は意識が違いますね。人生の傍観者ではない訳です! そして2人が思いついたのが、いつも自宅で使っていた自家製ラー油でした。

そこから、ラー油を「石垣島」ブランドにするべく、おばあに島唐辛子を分けてもらったり、島の調味料ピパーチのため頑固なおじいの元に通ったりの試行錯誤が始まる、とはならず、「ウソを、つくなー!」(机バーン)というね。面接官が激怒してる。もう 原作:食べるラー油 で観に来てるこっちは、エー!?!っていう、そこはウソじゃないでしょー!?って思うんですが、そのまま、「全部分かってるんだよ!」と有無を言わさず、ラー油工場に警官隊が突入! この無理矢理すぎる展開には「なにがなんでもラー油を、映画にするんだ」という、製作陣の固い決意を感じましたね。『かもめ食堂』とは違う、『ペンギン夫婦の作りかた』は、なんか人がもみくちゃになったりして、いいじゃないか! と感動しました。

(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

さらに映画化にあたっては、夫が癒し系なのはいいとして、その反動なのか小池栄子演じる妻がしきり屋として相当ブーストされている。ワン・チュアンイーの日本語がたどたどしいところにもってきて、小池栄子から「帰化面接」突破への駄目だしがバンバン入るんですが、発音を直されるのはもちろん、本当は小池栄子が石垣島に旅行にきたがったのに「私の夢のために、妻が仕事をあきらめ石垣島移住を決意してくれました」とか都合良く改変されちゃう。
観ていて、夫婦生活天秤がウワっ、キッツイな?と、おっぱい大きいからいいか、の間をつねに行ったり来たりしていたんですが、そこにきて最後のオチ。「ペンギンに秘められたもうひとつの意味」で、さすがの大きいおっぱいも石垣島沖に向かって飛び出していきました。

(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

夫が外国籍から日本国籍に変わる時、名字を自分で自由に決めることができる。そのとき2人は「ペンギン」好きだから「辺銀」という名字にしたというのは本に載っています。ところが、そこにはもう一つの秘められた意味があった! というのが(多分、女性客の方が圧倒的に多いであろう)映画版のミソになっている。その理由を「改名してから」明かしたあのシーンで、本作の小池栄子奥さまをバッチリ受け止めることができるのは、大陸的なおおらかさを持ったあの夫しかないという気づきを得ることができました。
「石垣島の"食べるラー油"に隠された、ちょっぴりカラい、とっておきのお話」という本作のキャッチコピー、それはおっぱいが好きなだけじゃだめなんだ!という結婚生活の真理のことだと分かり、少しだけ大人になることができました。

文=ターHELL穴トミヤ

石垣島の"食べるラー油"に隠された、
ちょっぴりカラい、とっておきのお話――





『ペンギン夫婦の作りかた』
10月20日(土)全国ユナイテッド・シネマ 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開
(C)2012ペンギン夫婦の作りかた製作委員会

原案=辺銀愛理「ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし」(マガジンハウス刊)
監督= 平林克理
脚本=アサダアツシ 平林克理
出演= 小池栄子、ワン・チュアンイー(王 傳一)、深水元基、他

宣伝:ユナイテッド・シネマ
宣伝協力:KICCORIT
配給=プレシディオ

2012|日本|90分|カラー|5.1chデジタルサラウンド|ビスタサイズ|DCP

関連リンク

映画『ペンギン夫婦の作りかた』公式サイト

関連記事

『秘密の花園』の監督が作る、裏・秘密の花園は暗い!暗い!暗すぎる!それは地下だから......。映画『ソハの地下水道』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |