女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
MERRY ART企画展【第二回】丘の上の秘宝の間~アートでできた秘宝館~ 開催!!
特選AVレビュー 『人気AV女優限定!無礼講すぎる大乱交合コン 四十路熟女編』(セレブの友)
特選AVレビュー『愛玩牝犬継承 喪色の前門肛門嬲り』(シネマジック)
特選AVレビュー『オイルボイン 競泳水着ぬるぬるエッチ 石川祐奈』(クリスタル映像)
人間の盾よろしく、もっとも弱そうな新卒みたいな職員を毎回、交渉担当として前面に押し出してくる厚生省の作戦がやばい 映画『ニッポン国VS泉南石綿村』公開中!!
特選AVレビュー『全身舐めほぐしヒーリングリップサロン/佐々木あき 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『私を犯した男が目の前で違う誰かを犯している』(BAZOOKA)
特選AVレビュー『私、脅迫されてます/優梨まいな』(光夜蝶)
特選AVレビュー『舐められざかり 河原かえで』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『旦那が観たら発狂するビデオ2』(S級素人)
特選AVレビュー『金粉縄奴隷 中里美穂』(ゴールドバグ/妄想族)
ゲームの勝ち負けの先に「負けた時に抱きしめてくれる婚約者がいることのほうが大事なのかもしれない」みたいな景色が見えてくる 映画『リビング ザ ゲーム』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【17】
特選AVレビュー『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ... 八木あずさ』(タカラ映像)
特選AVレビュー『1日中愛に埋め尽くされたラブレズフィスト ~宮崎あやフィストレズ解禁~』(レズれ!)
特選AVレビュー『変態マゾ肛門おねだり淫語4』(クリスタル映像)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年3月号
特選AVレビュー『麗しのキャンペーンガールAGAIN 13』(HMJM)
Hajime Kinoko展『縄痕』開催-Exhibition "Rope Marks"開催!!
特選AVレビュー『慰安旅行ハプニング ずるずる乱交セックスに巻き込まれる社員の妻たち』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
超スケベなご近所ママBEST(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.34(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.11(ミリオン出版)
CRAFT Vol.76(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.15(ミリオン出版)
giri giri Vol.23(大洋図書)
俺の旅 2018年5月号(ミリオン出版)
のぞく!他人と交わり狂う妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Bishop Rock Films Limited / Cockneys vs Zombies Limited 2012 

WEB SNIPER Cinema Review!!
世界を席巻するロンドンの下町を舞台にしたゾンビコメディ!!
テリー(ラスムス・ハーディカー)とアンディ(ハリー・トレッダウェイ)の兄弟は、祖父のレイ(アラン・フォード)が入居する老人ホーム「ボウ・ベル」が不況のあおりを受けて閉鎖されることを知る。二人はホームと祖父たちを救うべく銀行強盗をして資金を稼ごうと企てるが、なぜか町中にゾンビが出現。老人ホームにもゾンビが迫って......。

1月12日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
 | 
アホでお気楽なゾンビ映画がイギリスから誕生した。その名も『コックニー対ゾンビ』!!!!邦題は『ロンドンゾンビ紀行』となっているが、舞台となるのはロンドンの下町、コックニー。日本に当てはめてみたら、柴又っ子対ゾンビみたいな感じだろうか。出てくるのはコックニー訛りのろくでもない奴らばかりで、主人公は無職のボンクラ兄弟2人組! どうだろう諸君、うまいポップコーンが食えそうではないか。

ボンクラ兄弟(ちなみに片方は『コントロール』で、ジョイ・ディヴィジョンのドラム役もやっている。ボンクラとして完璧なキャリア設計だ!)には、「15歳で入隊しナチス兵を殺しまくった」ことが自慢のじいさんがいるのだが(アラン・フォード)、彼は偏屈で、周囲(主に49年前のボンド・ガール、オナー・ブラックマンとか)に不機嫌さをぶつけながら老人ホームで寂しい日々を送っている。そんなホームも、2週間後には不況のため取り壊されてしまう運命だ。
なんとか、じじいの居場所を確保できないか!? そこで兄弟が考えたのが、銀行強盗をして、老人ホームを買い取るというアイディアだった! とくれば大惨事の予感しかしないが、もちろん結果はドツボ。さてそこからどうやって抜け出すか、ここからがクライムサスペンスの腕の見せ所だぜ!となるべきところ、監督もボンクラだったのか、そこでいきなりゾンビが襲来。ぜんぶノーカウントにというちゃぶ台返しで、突然ゾンビ映画になってしまうというのが本作『ロンドンゾンビ紀行』なのだ。

(C)Bishop Rock Films Limited / Cockneys vs Zombies Limited 2012

いくら娯楽作とはいえ、本作を観る上ではロンドンに対して深い見識が必要。幸いみなさんが読んでいるのは国際派ターHELL穴トミヤのレビューなのでその点かいつまんで説明すると、まず第一に「ロンドンには赤い2階建てのバスが走っていて名物になっている」ということ(知らなかったでしょー!)、そして第二に「イギリスにはフーリガンという暴力的なサッカーファンがいて、いつも殴り合っている」ということ(知らなかったでしょー!)。この2つさえおさえておけばもう完璧! ブワッハッハッ! ジョージ! ビールを、もうワンパイントくれ! なにしろ、開始3分以内に屁が、そして5分以内に顔面食い破りシーンが飛び出す本作だから、どんなに飽きやすいバカでも本作なら大丈夫だ。

ゾンビ襲来のあと、主人公たちは町をサバイバルし、祖父を救出するため老人ホームへと向かう。町中にあふれるゾンビエキストラはのべ800人以上! 肝心のゾンビメイクも、「発生後日が経っていない設定なので、腐り加減は控えめにしつつ、しかし一目でゾンビと分かるメイクを施した」と細部のツメまで抜かりない。銃器を手に、ゾンビの頭を吹っ飛ばしまくる後半のゴア描写は盛大で、このとき一緒に逃げる人質の女の子がまたかわいい。ファッションが今風なのが印象的で、イギリスの野外フェスとかに行ったらこんな娘がたくさんいるに違いない! 「キャー! 汁がはねちゃった!」みたいな乙女感もありつつ、スコップでゾンビをぶっ殺していた。

一方、老人ホームでは老人なりにゾンビ襲来に対処しているのだが、「吸血鬼だ! ニンニクとか、十字架で殺すんだ......」と、ホラー知識が古すぎるので全滅は時間の問題......。ここで本作一番の見所、ゾンビから、ゾンビと同じスピードでしか歩けないじじいが逃げるチェイスシーンが誕生するので見逃さないように注意してほしい。果たしてボンクラ兄弟はじいちゃんを救えるのか!と映画は続いていく。
ちなみにこの老人ホームには1人、なんでも語呂合わせで駄洒落にする奴がいる。こいつのコックニーギャグはさすがに訳しきれなかったのか、字幕を読んでも全く意味不明だった。国際派のターHELL穴トミヤとしては諸君に、コイツが喋るたび、とりあえず大声で笑うことを推薦する! 知識はあとからついてくるはずだ、一緒にがんばろう!

(C)Bishop Rock Films Limited / Cockneys vs Zombies Limited 2012

本作、話のスケールは小さいが、作りは決して安くない。ゾンビへの弾着は最高だし、壊滅した街の描写もリアルで、中でも一瞬映る燃えながら走っていく電車(モノレール?)はポイントが高い。「やっぱり『宇宙戦争』しかり、『生きてるものはいないのか』しかり、社会の機能が停止した感じをだすには、燃えながら走る電車が一番」と座席で一人納得していた。さらに街のそこかしこで火の手があがり、となりにはオリンピック・スタジアムがあり、実は本作、ロンドン・オリンピック直後に公開され大ヒットしたという、変わりゆくロンドンへのカウンター映画でもある。
「イーストロンドンに快適な高層住宅が誕生!」みたいな看板と、地獄っぽい都市開発場面から始まるところからも分かる通り、この映画にとって「開発」は諸悪の根源。不況、オリンピック、再開発、本当は次々と寄ってくるよそ者たちこそがゾンビで、コックニーの下町っ子としては全員撃ち殺したい。そんなフラストレーションが、『ロンドンゾンビ紀行』の地元ヒットを生み出したに違いない。日本では、多摩丘陵を開発すると化け狸に襲われるが、ロンドンではイーストエンドを再開発するとゾンビに襲われる。これは、イギリスの『平成狸合戦ぽんぽこ』なのだ! 

ところでこの監督、劇場公開作品は今回が初だが、以前に英国の名門ホラーレーベル「ハマーフィルム」とmyspaceTVが製作・配給した、その名も『ビヨンド・ザ・レイヴ』という作品を撮っている。「霊柩車にウーハーを積んでいる若者がアンダーグラウンドレイヴに行くとゾンビに襲われる」というアホな内容なのだが、今ではこれの日本語字幕付きmyspace限定公開ページがゾンビになってしまってるんだよ!(予告編しか観れない)。これもついでにDVDで復活してくれ!

文=ターHELL穴トミヤ

ゾンビVSロンドン下町人情野郎! 勝つのはどっちだ!?




『ロンドンゾンビ紀行』
1月12日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

(C)Bishop Rock Films Limited / Cockneys vs Zombies Limited 2012 
原題=Cockneys vs Zombies
監督=マティアス・ハーネー
出演=アラン・フォード『スナッチ』/ハリー・トリーダウェイ『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』/ミシェル・ライアン『バイオニック・ウーマン』/ラスモス・ハーディカー/オナー・ブラックマン『007/ゴールドフィンガー』

配給=彩プロ
宣伝=トラヴィス

2012|カラー|BD|スコープサイズ|88分|英語(コックニー)|イギリス|R-15

関連リンク

映画『ロンドンゾンビ紀行』公式サイト

関連記事

渋い! 渋いよ! なにか思い出すこの感じは...美術館の常設展示室だ!『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |