ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2013 RECTANGLE PRODUCTIONS - WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA

WEB SNIPER Cinema Review!!
ロマンチックだが、代償は大きい――ギョーム・ブラック監督の人生参加!
以前はちょっと有名だったが、すでに人気の盛りを過ぎたミュージシャンのマクシム(ヴァンサン・マケーニュ)は、殺伐としたパリの生活から逃れ、ブルゴーニュ地方の長閑な町・トネールにある実家へ戻ってくる。そこには一人暮らしながらも人生を謳歌する父親(ベルナール・メネズ)がいて、二人の関係はぎくしゃくしていた。そんなある日、マクシムは地元の情報紙のレポーターとして取材に訪れたメロディ(ソレーヌ・リゴ)と出会い、強く心を動かされる――。

10月25日(土)、ユーロスペースほかにて公開 全国順次ロードショー
 | 
俺は若くなくて、髪が長くて、禿げはじめてる。下に表示されているアイコンとだいたい同じ髪型をしていて、本作の主人公ヴァンサン・マケーニュにはすごい親近感を感じた。だから本作は観ていてつらかった! しかし途中からそれは怒りに変わる、この映画には断固反対だ!

監督はフランスの新進気鋭ギヨーム・ブラック。同じくヴァンサン・マケーニュが主人公を演じた前作『女っ気なし』は、冴えない仕事、冴えないポスター、冴えない夜はWiiのテニスゲームでやりすごす。そんな主人公の元に、バカンスの母娘がやってきて~!というなんとも愛らしい夏のボンクラ映画だった。しかし今回は冬の田舎町を舞台とした、負のボンクラ映画だ。

(C)2013 RECTANGLE PRODUCTIONS - WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA

革ジャンにジーンズ、ギターをつまびいて宅録にいそしむ主人公は、親父の家に居候している真っ最中。出したアルバムもあまり売れず、特に他の仕事をするでもなく暮らしている。そこに地元のタウン誌で働く姪が取材にやってきた。2人は急速に距離を縮めていくが......、とここまでは前作と同じ構図。iPhoneショートメールでやり取りする恋の模様は、フランス映画にもジョブスのビッグウェーブが到達したという感じでおもしろい。

ところが、主人公が電話をしても留守電ばかりになったころから雲行きがおかしくなっていく。なんども留守電に吹き込み、返信をまつ主人公。寝返りを打ち、5分と経たないうちにまた電話してしまう主人公。どうやら歳下の彼女は、同世代の男とヨリを戻しているようだ......。そこで男の職場に行き、どんな奴なのか外から眺めてしまう主人公! さらに男の家の前に行き、彼女がこないかと張り込んでしまう主人公! そう彼は徐々にストーカー化していってしまうのだ。元カノが新カレシを含む仲良しグループで食事をとっている、それを店の外から眺める、その音のない恋人の顔。分かる! 明るい店内と、暗い裏通りの中にひとりたっている自分の対比。分かりすぎる! この寂寞感、むなしさ。片思いの女性を外から眺める前半のヴァンサン・マケーニュは「純粋」で「かわいい」が、もう会いたくないと言っている相手を外から眺めるヴァンサン・マケーニュは「傲慢」で「きもい」。監督はボンクラ=歳をとった純粋さが「かわいい」から「きもい」へと転落していくさまを、16mmフィルム撮影による詩情と、iPhoneの現代性を組み合わせて描き出す。

(C)2013 RECTANGLE PRODUCTIONS - WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA

主人公がこのとき一番求めていたことは何なのか。それは「なぜ?」にたいする彼女からの答え。人は「なぜ?」を与えられないままに全てのコミニュケーションを遮断されると、ストーカー化するのだ(ターHELLしらべ)。だけどその答えは得られないんだな。レストランのガラスに隔てられて、自分が傷ついた理由は与えられない。それでも前に向かっていかなきゃいけない、ああ今回は、こうやってボンクラが成長していく物語なのか......、と思ったらなんですか! 主人公、まんまと女の子から答えをもらってるじゃないの! しかもそれがずいぶん、男に都合のいい答え、一番うれしい答えじゃないか。ふざけるな! そんな都合のいい展開は観たくない!! 監督はあまりに主人公を甘やかしすぎている、ギヨーム・ブラック監督は自己愛にまみれ堕落しきったブタだ! これは俺の個人的な怒りとかではなく、トラウマを刺激されたとかでもない! だいたいにおいて、主人公はロッカーなんじゃないのか、だったら次に出るべき行動は、作曲じゃないのか! それが、ストーキングの果てにあんな行動に出るなんて......、こんな奴の音楽など、もう聴いたってしょうがない! こいつの創造なんて意味がない! と思っていると、監督はちゃんとその都合の良さに、帳尻を合わせてみせる。それがあまりに唐突におとずれるのが、映画(という情緒を楽しむ物語の器)に対してすら甘くないという感じがあって、好感がもてたのだった。しかし本作にはそのさらに先があり......。前作『女っ気なし』の最後にあったのは、同情だったのか、やさしさだったのか。では本作の女が最後に示すのは何だろう。ぜひみなさんも自分の目で確かめて、発言小町などで活発な議論をしてみてほしい。

ところで男は誰でも若い女が好き、というラインを微妙に超えた歳の差恋愛が今作で二度続いているギヨーム・ブラック監督。彼はロリコンなのだろうか? この疑惑も、映画の中でちゃんと意識化されている。内面の都合の良さを気づかず押し通すようにみせて、ぎりぎりで表面化させてみせる。彼は、じつはかなり容赦のない監督にちがいない。ロリコンなのか、それはありなのか。それともロリコンかどうかは問題ではないのか......。ギヨーム監督には、その仮借なさで「フランスにおけるロリコン」というスリリングなテーマを、今度さらに推し進めていくこと期待せずにいられない。

文=ターHELL穴トミヤ

『女っ気なし』(2011年)で組んだギョーム・ブラック監督と
主演のヴァンサン・マケーニュが再び集結!


『やさしい人』
10月25日(土)、ユーロスペースほかにて公開 全国順次ロードショー

(C)2013 RECTANGLE PRODUCTIONS - WILD BUNCH - FRANCE 3 CINEMA
原題=Tonnerre
監督=ギヨーム・ブラック(『女っ気なし』)
出演=ヴァンサン・マケーニュ、ソレーヌ・リゴ、ベルナール・メネズ

配給=エタンチェ 

2013年|フランス|フランス語|100分|DCP|カラー

関連リンク

映画『やさしい人』公式サイト

関連記事

本作の「静かなる男」は60年の月日を経て『ビフォア・ミッドナイト』のしゃべりまくる男へと進化した ジョン・フォード監督生誕120年!「駅馬車」「静かなる男」デジタル・リマスター版上映 映画『静かなる男』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |