女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭上映作品
ゲイの大学生・陽(高橋直人)はサークルの同級生で親友の昇に片思いをしているが、誰にも打ち明けるつもりはない。素の自分を出せる唯一の場所は新宿二丁目の行きつけのバーだけだった。以前に比べれば、セクシュアルマイノリティも少しずつ生きやすい時代になってきた。しかし陽の不安は尽きない。葛藤を重ねる日々、陽が踏み出した一歩とは......。

2014年11月29日(土)~12月19日(金)渋谷ユーロスペースにて公開
 | 
(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

君はLGBTを知っているか。
知らない人のために、私がこの映画で知ったばかりの知識をお教えしよう。LGBTとは、『Lesbian(レズビアン)/Gay(ゲイ)/Bisexual(バイセクシャル)/Transgender(トランスジェンダー、身体の性別とは異なる性別を生きる人たちの総称)』の頭文字を繋げた略語のこと。
そして、もし世界が100人の村だとするならばそのうちのおよそ11人はLGBTに属するという統計があるんだそうだ。なるほど、いきなりそう言われてもあまりピンとはこないが、同じクラスに1人か2人は必ずそういう子がいたのかと考えるとちょっとびっくりする。

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

そんな意外と多い(のに意外と市民権は得られていない)LGBTが置かれた現状を、周囲へのカミングアウトという問題を軸にリアルに描いたのが本作だ。
脚本・監督は、前作『SRS♂ありきたりなふたり♀』でも性同一障害をテーマにしている犬童一利監督。パンフレットを見ると「作品のために綿密な取材を行いLGBT関係団体や活動家にも協力を仰いだ」とか「第23回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で先行上映されて好評を得た」とか書いてあって「こりゃ観て真面目な感想を抱かなくちゃヤバいぞ」ってプレッシャーをビシビシ感じながら観始めたのだが、始まって5分も経たないうちにそんなことはどうでもよくなってしまった。

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

なんだなんだ、このゲイの男の子の可愛さは! そう、本作の最大の見直は、カミングアウトに苦しむゲイの主人公・陽を演じる高橋直人くんの可愛さなのだ。それに尽きるといっても過言じゃない!! 
清潔感のある細身のカラダ、憂いを帯びた目元、細い顎、物欲しそうな厚い唇......。これまで"もし私が男だったとしてもヤレるランキング"不動のナンバーワンは『あまちゃん』の種市先輩こと福士蒼汰きゅんだったのだが、それを振り切って一気に一位に躍り出てしまった。それくらいのレベルなのである。
陽は大学生。クラスメイトで同じサークルの親友・昇に恋しているけれど、そんな気持ちを押し殺し仮面をかぶって生活している。行きつけの新宿二丁目のバーの店員や夢を追いかけてアメリカに留学するという昇の影響で徐々にカミングアウトを考え始めて......というのがおおよそのストーリー。
そうこうしているうちに昇はサークルの新入生と恋仲になってしまうというノンケ男に恋するゲイにはありがちなつらい展開になるのだけれど、どう見ても新入生の女の子より陽のほうが数段可愛い。エロ切ない目でいつも親友の姿を追っているのに恋してるそぶりは微塵も見せず、控えめな友人という立場をくずさないところも大和撫子って感じでグッとくる。
いやあ、『特命戦隊ゴーバスターズ』って戦隊物にレギュラー出演していたらしいけど、まったくノーチェックでした。BLに興味ないおばちゃんがこんなふうにハートをわしづかみにされてしまうなんて......監督のキャスティング能力には大きな拍手を送りたい!

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

まあ、こうやって主人公ばかり褒めるのもどうかと思うが、この映画がLGBTへの偏見や差別をなくすことを目的にしているとすれば、それは十分すぎるほど成功していると思う。なぜなら彼のセクシーな思い悩み顔を見ていると、知らないうちに「こんなにかわいくてイイ子なんだから、性別なんて関係ないじゃない!」って気持ちになってくるからだ。

本編には主人公の他にもいろんなLGTBの人達が登場する。
陽が唯一リラックスできる新宿二丁目の行きつけバーのマスター(演じているのは実生活でもLGTBをカミングアウトしている漫画家・歌川たいじ)。LGTBを隠して結婚したものの時折ゲイバーに集う中年サラリーマングループ。そして、カミングアウトしようとしていた矢先に母親を事故で亡くしてしまったバーの店員・ツヨシ。
カミングアウトに対する在り方は人それぞれ、どれが正解というものはない。でもみんな一様に、ありのままの姿を大切な人に理解してもらえなかったらどうしようという不安を抱えている。

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

物語のクライマックス。陽は昇に思いを告白し、意を決して家族へのカミングアウトを決意する。
憂いを帯びた目で告白する姿を見て「陽きゅん、ガンバレー!」と若干ミーハー的な気持ちでキュンキュンしていた私なのだが、母親の反応を見て打ちのめされた。

「結婚はしないつもりなの? じゃあお母さん、孫の顔は見られないのね......」

くうっ......! LGBTではないものの、四十路近くまで独身でエロライターなんてよくわからない仕事をしていた私。老母に何度これと同じセリフを言われたことか!
LGTBでもそうでなくても、一番身近な人に理解してもらえないのは何より辛いこと。そんな当たり前の事実を最後の最後で突きつけられ、ミーハーな自分を深く反省したのでありました(でもやっぱり、陽きゅん可愛い......)。

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会

文=遠藤遊佐

過ぎ行く日々の中、陽の周囲に起こる様々な出来事。
いつしか、陽の中にある思いが生まれ始めていた――。


『カミングアウト』
2014年11月29日(土)~12月19日(金)渋谷ユーロスペースにて公開

(C)2014 映画「カミングアウト」製作委員会
監督・脚本=犬童一利
出演=高橋直人、岡村優、夏緒、高山侑子、秋山浩介
配給=レイズインターナショナル

2014年|日本|98分|カラー|16:9

■11月29日(土)初日舞台挨拶情報のお知らせ

▼舞台挨拶時間 : 21:00~/上映開始 : 21:20~(予定)
▼登壇予定者 : 髙橋直人 / 岡村優 / 秋山浩介(TooT Aki) / 歌川たいじ / 一ノ瀬文香 / 杉崎佳穂 / 辻恵美 /木村利信/ 美漸 - Bizen / 犬童一利 監督
関連リンク

映画『カミングアウト』公式サイト

関連記事

妻子を捨てた男、近親相姦するホステス、仮面舞踏会ならぬ仮面同級会。シリアス一直線の渡辺裕之がコント化する一瞬を見逃すな! 映画『紅破れ』公開中!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
14.11.23更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |