女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 worldcryptobinary 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2014 MONTAGE inc.

WEB SNIPER Cinema Review!!
詩は人々の日常と向き合えるか――
詩人・谷川俊太郎が東日本大震災について書いた詩『言葉』を入り口に、福島県相馬市の女子高校生、大阪釜ヶ崎の日雇労働者、東京の農家、青森のイタコなど様々な土地で暮らす人々が発する言葉を追い、そこに潜む喜びや悲しみから再び谷川の詩が生まれるまでを描くドキュメンタリー。

渋谷ユーロスペースにて公開中
 | 
谷川俊太郎が出ているシーンはすごくおもしろくて、市井の人々がでているシーンはまあまあおもしろい。谷川俊太郎は11インチのMacBookairとiPadを持っていて、なんだかふしぎな白いインパネの車を運転している。監督が「谷川さんが詩を作り出す瞬間を映画にしたい」と頼むと、「外側は撮れても、それは頭を含むからだの中のできごとだから難しいのでは」と言われていきなり頓挫する。代わりに谷川俊太郎の詩を市井の人々の日常にあてはめていくということになって、ああ少し残念と思う。映画は日本各地の「自分の言葉を持つ人」に取材して、彼らに谷川俊太郎の詩をあわせるという手法ですすんでいく。

最初は南相馬市の高校の放送部に行く。女子高生たちがビデオを撮って、パソコンで編集し、アフレコなんかもして映像作品を作っている。彼女たちがハシャギながらでかけて行くと、そこは広大な空き地で、「あー、まえは風呂も残ってたんだけど」と解説が始まる。ここで凧揚げして、電線にひっかかりそうになって、今はこれしか残ってないけど、と言いながらなにか、地面の基礎のようなものを指し示す。光の中で無邪気に解説する女の子たちの姿が、彼女たちだけの唯一無二にみえて、おおと思う。これが女子高生の、詩の瞬間だったのかもしれない。

青森県のイタコのところにいく。監督は彼女に頼んで、父親におりてきてもらう。そして、仕事の相談なんかをしたりする。それからインタビューもする。イタコのときに語る言葉はどこからわいてくるんですか、どんな感じになるんですか。しかし、本当に聞くべきなのはイタコってインチキじゃないんですか、ということじゃないだろうか。そう聞いてほしかったのに、監督はそれは言わずに、質問を続ける。イタコの人にいままでの人生で一番幸せだったことってなんですかと聞くと、無いという。人生つらいことしかなかったと言う。そのときイタコのおばあさんが、思い出してすこし悲しい顔になる。このとき、はっとする。これがイタコの、詩の瞬間だったのかもれない。

江戸時代から400年続くという、有機農家の若い男性が出てくる。馬糞とワラをまぜて、半年おいてつくるという堆肥。贅沢な土だなーと思う。彼の父親も出てきて、うわーすげー怖そうな顔と思う。ところが、監督にむかって話しかけるときは、すごいお調子者な、八百屋のおっちゃんみたいな感じになる。袋詰めをしているときに、顔をあげて野菜について話しだす。このとき、すごい怖い顔からやわらかい顔へと、連続的に変わる。そして話がおわって袋詰めに戻った途端、またすごい怖くなる。これが農家の父親の、詩の瞬間なのかもしれない。息子はまじめそうで、たんたんと農業について語る。詩を朗読するシーンがあるのだが、そのときには、なぜか怒っているように見える。土について、無機質なものだと思ってないです。モノとも思ってないです。というセリフがあって、その言い方がすごくいい。力んでもいないし、でもすごく確信にみちた、柱のような安心感で響いてくる。これが有機農家の若い男性の、詩の瞬間なのかもしれない。

西成に住む、日雇い労働者が出てくる。生い立ちを聞いているうちに、この人が大学の文学部卒で、結婚していて、娘もいることが分かってくる。この人にも、青春があったことが分かってくる。彼は自分でつくった詩も朗読する。大学のときに出会った妻と、一緒に写っている写真。その彼と「流れ着いた難破船」を自称する彼のあいだに、線が結べない。彼が風俗に行く話がいい、そこにひそむ彼の純愛におどろく。
諫早湾の漁師が出てくる。干拓でタイラギがまったくとれなくなって、東京で抗議の演説をしている。漁師という仕事のどこにひかれるのか、狙う獲物の移り変わりがおもしろいらしい。自宅では熟年夫婦からノロケが飛び出してきて、恋愛のアツさはこんなに長く保つこともできるんだなと思う。日雇い労働者や、この漁師の詩の瞬間は、忘れてしまった。

(C)2014 MONTAGE inc.

谷川俊太郎は、詩というのがインチキくさくていまいち信用できないと言っていて信用できる。たとえば、東日本大震災の被災者の人々のために詩を作ってくださいと言われれば、詩にそんな力はないと、ひいてしまいますとか言っていて信用できる。沈黙の強さについて力強く語られていて、そこが魅力だという感じがする。そんな谷川俊太郎が、映画の最後、登場してきた人にむかって、それぞれ自分の過去の作品から1つ選んだ詩を朗読する。谷川俊太郎の詩は、なんか教科書に載っていそうな退屈で教訓的なものだったり、はっとするほど素晴らしいものだったりする。いくつかは詩を送られた本人が朗読する。詩の瞬間、詩とはなんなのか。谷川俊太郎は詩はとらえきれないものをとらえようとすることだと言っていた気がする。この映画を観ながら、だから人々の日常のとらえきれないことがあきらかになっている、その瞬間に詩を感じていたのかもしれない。

文=ターHELL穴トミヤ

「自らの言葉で語る人々」と「自らの言葉を探す詩人」の映画


『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』
渋谷ユーロスペースにて公開中

(C)2014 MONTAGE inc.
監督=杉本信昭
出演=谷川俊太郎、渡部義弘、小泉結佳、古山茉実、小笠原みょう、坂下範征、川里賢太郎、松永秀則、松永はるみ、ユルク・ハルター
配給=株式会社モンタージュ

2014年|長編ドキュメンタリー|82分

関連リンク

映画『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』公式サイト

関連記事

詩が大好きな犬がかわいい!負け犬の主人公もかわいい! と思ったらどんどん深刻になっていく、容赦ないボンクラ映画 映画『やさしい人』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |