本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)film voice inc.

WEB SNIPER Cinema Review!!
文科省選定・農水省推薦
日本の伝統的な食文化「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは2013年12月4日のこと。異文化の食べ物である和食がここまで世界中で認知されるようになった裏側には、和食の普及に人生を賭けた人たちの様々な物語があった。本作は、彼らが切り開いた和食の未来、そして日本とアメリカ両国から見た、和食の本質に迫るドキュメントだ。

テアトル新宿他にて公開中
 | 
(C)film voice inc.

『二郎は鮨の夢を見る』は最高だった! 寿司がうまそう、は当然のこととして、一貫の寿司が誕生するまでにいかに文化の粋が尽くされているか、その拡がりが感動的だし、築地をはじめ出てくる人間たちの顔がいい。そしてなによりこれがアメリカの映画だっていうのが良かった。なんか西洋社会に日本すごいすごいって言われると、興奮するじゃないですか! いまやすきやばし二郎はミシュラン三ツ星だし、オバマ大統領も来店したし、スシ絵文字はiPhoneに世界標準で登録されてるし、和食はユネスコ世界遺産に登録された。どうよ!どうよ!すごいよ和食、世界に認められてるよ!と鼻高々なんだけど、じゃあなんでそうなったのか。なんでNY出身のデイビット・ゲルブ監督は『二郎は鮨の夢を見る』を撮ったのか。それは彼がスシの存在を知っていたからで、スシを食ったことがあるからで、そもそもアメリカにスシ屋があったからにほかならない。いま世界で巻き起こっている和食ブームは自然に起こったわけじゃなくて、まず和食のほうから外に出て行った結果なのだ。では誰が出かけて行ったの? というのが本作『和食ドリーム』である。出てくるのは、寿司職人、懐石料理職人、貿易会社会長から、アメリカ人の和食シェフたちまで多岐にわたる。監督は本コーナーでも過去に『442日系部隊 アメリカ史上最強の陸軍』のレビューをした、アメリカ在住のすずきじゅんいちだ。

(C)film voice inc.

昨年公開、クローネンバーグ監督の『マップ・トゥ・ザ・スターズ』でもセリフに出てきたハリウッドセレブ御用達の高級日本食レストラン、「nobu」がアメリカに進出したのは80年代。この時期、アメリカにはLAを中心とした第1次スシブームが沸き起こっていた。そういえばこちらは1985年公開の『ブレックファスト・クラブ』に、金持ちの娘がスシを食いだすシーンがあったのを思い出す。しかしその反応は「ウゲー、何食ってるの」というもので、そもそも生魚を食べる習慣がないアメリカ人にとって、スシはまだモンドな食い物だったのだ。nobuのオーナシェフは、その時代にどうやって刺身を口に入れてもらったか、その工夫を語っている。アメリカに渡った和食は葛藤し、まず変化した。やがてアメリカ人が変わり、いまの世界的和食ブームがやってきた。

(C)film voice inc.

そんな先人の努力の上に立つ和食市場の中には、しかし「とんでもない日本食を出すところもたくさんある。正しいものを伝えなければ......」と憂慮する、アメリカ和食界の重鎮みたいな人が出てくる。彼は言外に日本人以外が出店するレストランの存在を匂わしていると思うのだが、そのあと登場する若い日本人たちが屈託なく「ラーメンバーガーを作りました!」とか言ってて、テキサスの若夫婦なんかは「中にステーキを入れたスシロールを作ってみました!」とか言ってて、日本人も無茶してるズコー!みたいな、これはこれで次世代によるネオ和食感がありおもしろい。

映画には日本での取材も多くあり、懐石料理、料亭、さらには日本で唯一の料理を祀る神社まで登場して、そもそも和食とは?という展開もみせていく。たとえば京都で料亭を開いている人がいて、彼は和食を「第五の味覚ともいわれる『うまみ』を中心として構成された料理」だと定義する。それは具体的には昆布とカツオ節からとれる「ダシ」で、科学的にはグルタミン酸やイノシン酸で、ついでに言えばそれを人工的に合成したのが「味の素」ということになる。和食はフランス料理にもまけない世界文化だと信じ、世界中から料理人を迎えて和食学校を主催している、そんな彼がここで一つの問題に突き当たる。彼の定義に従えば、昆布とカツオ節が手に入らない地域には和食が広がらなくなってしまうのだ。すると今度は「『うまみ』を中心として構成された料理なら、それは和食なのだ」と定義が逆転され、かくして「ドライトマト」や「ドライモリーユ茸」からとられた「ダシ」を中心とした和食が誕生する。和食を突き詰めるあまり、和食が解体され、再構築されていく。これまた職人によるネオ和食が広がっていく未来が見えてくる。

(C)film voice inc.

本作に出てくる最長老の人間は戦後すぐ、60年代にL.A.で日本食材の貿易会社を始めた91歳の老人だ。和食を外国に広めるべく最初の一陣をきった彼は、大学を卒業後に学徒動員され、ビルマ戦線で兵站部門を担当していた。日本兵の死者のほとんどが餓死だったともいわれる太平洋戦争で、兵站を担当したというのはどんな体験だったのか。和食を西洋社会に褒められてうれしくなるのは、黒船来航以来続く西洋コンプレックスと表裏一体だが、その力が征服に向かうのか、融和に向かうのか。和の文化を世界に広めるのに力で進めるのか、融和で進めるのか。彼の人生を通じて戦前の日本と、戦後の日本の歩みが、反転して見えてくるのがすばらしい。
そんな彼を、息子は「父は仕事にかかりきりで家に全くいなかった」と語る。決してネガティブな調子ではないが、「そんな父のようにはなりたくない」と別の仕事を選んだ息子も登場するのが、この映画のユニークなところだ。和食とは直接関係ないながら、そこにはより普遍的な日本という国の歩みが重なってくる。『二郎は鮨の夢を見る』でも、やはり初代の働き方について、息子たちは似たようなことを語っていた。戦争を生き残った使命感の世代、そしてアメリカへの憧れの世代、さらに屈託のない若い世代や、日本と融和した外国人和食シェフたちの世代。和食もまた世代ともに変化していく、その未来が楽しみになるドキュメンタリーなのだ。
本作を観終わると口は高級和食モードになり、なんでもいいからちゃんとしたもの、しっかりしたものが食べたくなる。俺はそう思いながらも、街をうろうろして結局なぜかコンビニでジャムパンを買ってしまい結構悲しかった。

(C)film voice inc.

文=ターHELL穴トミヤ

アメリカは空前の和食ブーム!
それを仕掛けた日本人がいた――


『和食ドリーム』
テアトル新宿他にて公開中

(C)film voice inc.
監督=すずきじゅんいち
出演=金井紀年、村田吉弘、佐竹洋治、今田景久、松久信幸、上地勝也、デビッド・ブーレー、タイソン・コール、ジョエル・ロブション、熊倉功夫、稲田朋美
配給=フィルムボイス

2014|日本・アメリカ|カラー|5.1 CH| DCP|107分

関連リンク

映画『和食ドリーム』公式サイト

関連記事

フランスの誇る伝統「パリで浮気」それは、フランス人にとってもがんばって真似する対象だった! 映画『間奏曲はパリで』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |