女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2015『Zアイランド』製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
品川ヒロシ監督による、哀川翔の芸能生活30周年を記念したオリジナル作品
敵対する組織との抗争で怪我を負い、組が解散となった元ヤクザの組長・宗形博也(哀川翔)。彼は刑務所にいる弟分の武史(鶴見辰吾)に代わって武史の娘である日向(山本舞香)の面倒を見ていた。しかし武史の出所が決まるなり日向が家出をしてしまい、武史と共に日向が向かったという銭荷島に赴く。するとその島では謎の病気が蔓延していて――。『ドロップ』『漫才ギャング』の監督品川ヒロシが贈る、絶海の孤島を舞台にした超絶アクション・エンタテインメント!!

5月16日(土)全国公開
 | 
(C)2015『Zアイランド』製作委員会

ゾンビに"足の速いの"と"足の遅いの"がいるなんて、今まで考えてみたこともなかった。
私の中にあるゾンビは、腐った足をひきずりながらヨタヨタと近寄ってくるというイメージ。油断していると首筋を噛まれ、噛まれた人間はゾンビになってしまうアレである。
しかし、本作に最初に登場するゾンビは100メートル走するときのように全力疾走するのだ。宮川大輔演じる血まみれゾンビがさびれた孤島の商店街を走ってくる姿は超怖い。でも超笑える!
ゾンビの最初の目撃者になってしまった映画マニアの医者(風間俊介)は、「まじか、このゾンビ足速いほうっ!?」と叫びながら、とりあえずママチャリで逃走。彼の「これ、食われるとゾンビになるほう? ならないほう!?」という疑問もすぐに解決する。残念ながら"ゾンビになるほう"で、田舎の小さな孤島はたったの一晩で容赦なくゾンビだらけになっていく。

(C)2015『Zアイランド』製作委員会

本作『Zアイランド』は、ゾンビムービーだ。
監督はお笑いコンビ『品川庄司』の品川ヒロシで、主演は今年芸能生活30周年を迎える哀川翔。ゾンビとお笑いとVシネキングの合体。これ以上はないってほどいろいろと盛り込んだエンターテインメントムービーなのだが、いざ観始めたら思った以上にスプラッタで、思った以上に笑えて、思った以上にホロリとしてしまった。

(C)2015『Zアイランド』製作委員会

主人公は、元ヤクザの組長・宗形(哀川翔)。
10年前、敵対するヤクザ・竹下組に襲撃され重傷を負った彼は、子分の信也(湘南乃風のREDRICE)と運送業を営みながら、刑務所行きになった舎弟・武史(鶴見辰吾)の一人娘・日向(山本舞香)の面倒をみている。そんなある日、武史がムショから出てくることになるのだが、元ヤクザの父親と会うのが気まずい日向は親友のエリカを誘い、昔両親と一緒に訪れたことのある銭島へ家出をしてしまう。
しかしその頃銭島はチンピラが持ち込んだ謎のドラッグの影響でゾンビの島と化しており、生き残った島民達とはぐれた日向は絶対絶命のピンチにさらされる。
日向を追って銭島へ向かった宗形、武史、武史の元妻(鈴木砂羽)、信也のヤクザチーム4人に、島の生き残りであるスケベ医者やチャラ警官、レゲエ漁師、日向の友人・エリカが加わり、日向の救出と島からの脱出をかけてゾンビと闘うことになる......とまあ、おおまかなストーリーはこんな具合。
 
(C)2015『Zアイランド』製作委員会

何がいいって、これは芸人監督じゃないとたぶん撮れない映画だってことだ。
品川ヒロシの前々作『漫才ギャング』で一番良かったのは、漫才シーンがちゃんと面白いことだった。
マンガや小説なら「聴衆は笑いの渦に巻き込まれた」の一行で済むけれど、映像で表現するとなるとそう簡単にはいかない。劇中でもちゃんと説得力のある舞台を見せないと、映画全部が一気にお寒いものになってしまう。
その点『漫才ギャング』の漫才シーンは品川ヒロシ自身が漫才台本を書き、実際に客を入れぶっつけ本番で撮影したんだそうで、上地雄輔と佐藤隆太というイケメン俳優2人がやっているのにもかかわらず、しっかり笑えたのが素晴らしかった。

本作もそれと同じく、芸人監督ならではの笑いのセンスとサービス精神が存分に発揮されている。
こわもて俳優・哀川翔と鶴見辰吾の子供みたいなかけあいや、スケベ医者と元カノのセクシー看護婦(シシド・カフカ)、金髪警官・窪塚洋介とJK2人のテンポいいやりとりは、まるで漫才を見てるようでついつい顔がニヤけてしまうし、制服姿の日向とその友人・エリカはタランティーノが大喜びしそうなアクション美少女。肝心のゾンビもしっかりグロく血のり30%増で、まるで「面白くない映画なんて意味がないじゃん!」と言ってるみたいだ。
個性的な芸人やミュージシャンが数多くキャスティングされてるフットワークの軽さも嬉しい。特に、哀川翔に敵対するヤクザの木村祐一や野生爆弾の川島は、キャラがビンビンに立ってて俳優顔負けの薄気味悪さ! 物語の後半にはひょんな流れで銭島に上陸し、魅力的なヒールとして哀川翔との因縁の対決を見せてくれる。こんな采配も、芸人を誰よりもよくわかってる監督だからこそなんだろう。

(C)2015『Zアイランド』製作委員会

さて、「ゾンビ怖い~! でも登場人物のかけあい笑える~!」なんて思っているうちに話はどんどん進み「生き残るのは誰か?」という局面になってくる。
もちろん観てる側としては全員生き残ってほしいと思ってしまうわけだが、そううまくはいかないのがゾンビムービーのお約束だ。
弱い者を守ったり、ゾンビ化した大事な人を殺せなかったり、因縁の相手に邪魔されたりして、戦士たちは一人また一人とやられていく。哀しいけれど、死んでいく者全員にちゃんと見せ場を与えて、滅びの美学みたいなものをたっぷり感じさせてくれるのが、これまたたまらない。
脇を固める役者たちのキャラの強さに押され気味だった哀川翔も、ラストシーンでは派手な殺陣やバイクアクションで、文句なしのカッコよさでシビれさせてくれる。

2時間のあいだスクリーンの前に座り、笑って、泣いて、日常を忘れる。そんな映画の醍醐味を思い出させてくれるエンターテインメントな一本。
終盤20分の胸躍る展開を観ていたら、角川映画全盛期に青春時代を送った私は、中学時代に興奮しまくった『二代目はクリスチャン』や『戦国自衛隊』といった名作をふと思い出した。そういえば本作の制作も角川映画......小さな偶然にちょっと嬉しくなってしまったのだった。

(C)2015『Zアイランド』製作委員会

文=遠藤遊佐

謎の島"Z"アイランドで最後に生き残るのは誰だ!?


『Zアイランド』
5月16日(土)全国公開

(C)2015『Zアイランド』製作委員会
監督・脚本=品川ヒロシ
出演=哀川翔、鈴木砂羽、木村祐一、宮川大輔、RED RICE(湘南乃風)、大悟(千鳥)、川島邦裕(野性爆弾)、山本舞香、水野絵梨奈、般若、篠原ゆき子、シシド・カフカ、河本準一(次長課長)、小沢仁志(友情出演)ね玉置浩二(愛情出演)、風間俊介、窪塚洋介、中野英雄、鶴見辰吾
配給=KADOKAWA/吉本興業

2015年|日本|カラー|1時間49分|PG-12

関連リンク



関連記事

「男一瞬、ダチ一生!」お嬢様学校の、その実ホモソーシャルな一面を宝塚出身の2人が演じる! そのでーれーモーメントを検証する 映画『でーれーガールズ』公開!!

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
15.04.26更新 | レビュー  >  映画
文=遠藤遊佐 |