女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)ZAiR

WEB SNIPER Cinema Review!!
ポーランドの新鋭アンジェイ・ヤキモフスキ監督作品
ポルトガルの古都リスボンにある視覚障害者のための診療所。そこに赴任してきたインストラクターの男・イアン(エドワード・ホッグ)は、「反響定位」という方法を使って白杖を使わずに外へ出て歩くことができる。盲目の子供たちに自分と同じ技術を伝えて外に出る素晴らしさを説くイアン。彼の隣室で引きこもっていた女性エヴァは、彼に興味を抱いて閉じていた心を少しずつ開いていく――

全国順次公開中
 | 
話していると突然立ち上がって、火にかけたヤカンに近づいていくひとがいた。彼女がヤカンの前に立つと、いつも計ったように先っぽについた笛から音が鳴りだす、水が沸騰したのだ。でも「なんで、笛が鳴る直前に分かるの?」と聞くと、これも音で分かるのだという。シュワシュワうるさかったヤカンが沸騰する直前、急に静かになる。それでいつも、笛が鳴りだす直前にヤカンの前に立つのがクセになってしまった。そう言われてから注意してヤカンの音を観察し始めたら、僕にもその瞬間が「見える」ようになってきた。本作にはそんなふうに「音を通して何かを見る」シーンがたくさん出てくる。

(C)ZAiR

主人公はポルトガルの盲学校に赴任してくる盲目の若い教師(エドワード・ホッグ)。自信満々に門から入ってくる彼は、舌で音を発し、反響音で空間を把握する。さらには、環境音だけで周囲を把握して、杖なしで街を歩き回るという型破りの特技を持っている。彼は健常者と全く同じようにふるまうことで、自分が盲目だという運命に挑戦しているように見える。だからこそ盲人の命綱であり、同時に目印となる杖を嫌っている。
コップに水をこぼさず注ぐにはどうすればいいか。それには「勢いよく注ぐ」ことが重要で、すると水位が上がっていくにつれはっきり音が変化していくのがわかる。彼は「おどおどせずに思い切りよく行動する」ことを教えるし、「匂いを嗅ぐ」ことを教える。最も重要なのは「推理する」ことで、たとえば修道女がミルクを出す声を聞いてから「いま、ネコが庭を通ったのがわかったか?」と生徒たちに尋ねたりする。生徒たちは「ネコは音もしないし、匂いもしないから分からない」と抗議するんだけど、彼は「じゃあなぜいまイヌが吠えたんだ」と問い返す。「イヌの鼻を借りて、ネコの匂いを嗅ぐんだ!」とか言って、観客は生徒たちといっしょに世界を見る感覚を拡張をされていくことになる。

監督はポーランド出身のアンジェイ・ヤキモフスキ。舞台となるリスボンの街にはトラムが走っていて、石畳の路地が広がり、主人公が歩くとコツコツ、カリカリ、地面に応じた音がする。音に満ち溢れた本作の雰囲気には、男がひたすら女のあとを追い回す雑踏音映画『シルビアのいる街で』(ホセ・ルイス・ゲリン監督)を思い出した。
印象的だったのは庭に出ることを禁じられた主人公と生徒たちが、せめてドアを開けてくれとせがむシーン。修道士が少しドアを開けたとたん、暗い廊下に、車の音、風の音、鳥の声が流れ込んでくる。ここには、世界が音であるなら、世界は流体になるという感動があるのだ。ただ、その万能感はすぐに水を差され、映画は音だけで世界を捉えることの限界を示す。あれっと思うのだが、それは本作が「障害を乗り越え、健常者と同じになる」ことに主眼を置いた映画ではないからだ、ということがやがて明らかになってくる。

(C)ZAiR

寄宿舎には子供たちのほか、周囲から心を閉ざした美しい盲目の女性(アレクサンドラ・マリア・ララ)が住んでいる。主人公は彼女の気をひくために鳥の集う窓辺を偽装し、一方の女は主人公から隠れようと、足音を消すためサンダルを脱いだりする。2人の間には盲目同士だからこそなりたつ騙し合いの応酬がって、盲人に見えていないものを、この映画は観客にも同じように隠したり、または見せたりしていることに気がつく。
環境音に敏感になり、十分訓練された観客が本作の最後に対峙するのは巨大な船で、映画は雰囲気だけでこの存在を演出していく。エンジン音、音の反響具合、圧迫感、そこにほんとうに巨大な船があるのか、ないのか。それが映画の当初から主人公につきまとっていた疑惑と結びつき、彼がどこまで信用できる人間なのかを「見ようとする」展開になっていくのがおもしろい。けど本作が渋いのは、「こうである世界」を見ようとする先に、「こうであってほしい世界」を見ようとしているからで、それこそは宗教や、物語や、そして映画を生んできた人類普遍の欲求にほかならない。船はあるのか、鳥はいたのか、彼は信用できるのか、画面に映っていてもそれを見るか見ないかは観客に委ねられる。この映画は見える見えないに関わらずすべての観客に、何が見たいのか選ぶように、問いかけているのである。

映画祭で音響賞をいくつも受賞し、始まる瞬間からどんどん「音」に対して敏感にさせられていく本作だが、その終わり方はとても視覚的だった。カメラは軽やかにトラムに飛び乗り、我々はストーリーから連れ去られてしまう。そういえば僕があのひとの家でヤカンの沸騰を待っていた日々も、振り返るとまるでトラムで連れ去られるように、目の前からあっという間に離れて行ってしまった。

(C)ZAiR

文=ターHELL穴トミヤ

あなたとなら見える。リスボンの街で出会った盲目の男女は恋に落ちた。


『イマジン』
全国順次公開中

(C)ZAiR
原題=『Imagine』
監督・脚本=アンジェイ・ヤキモフスキ
出演= エドワード・ホッグ、アレクサンドラ・マリア・ララ
配給=マーメイドフィルム

2012年|ポーランド・ポルトガル・フランス・イギリス|105分|カラー|デジタル

関連リンク



関連記事

日本の18禁アニメを原作としたハリウッド映画は『キック・アス』以来の萌え萌えウィッグがよかった! 映画『カイト/KITE』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |