ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production

WEB SNIPER Cinema Review!!
「レディ・チャタレー」のパスカル・フェラン監督作品
パリ、シャルル・ド・ゴール空港に隣接するホテル。過密なスケジュールで動いている出張中のアメリカ人ゲイリー(ジョシュ・チャールズ)は、不意に何もかもを捨てて自由になることを決意する。一方、ホテルの清掃係をしている女子大生のオドレー(アナイス・ドゥムースティエ)は、ホテルの屋上に出たところでスズメに変身してしまう――。

9月26日(土)より ユーロスペース、シネマカリテほか全国順次公開
 | 
(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production

監督は『a.b.cの可能性』『レディ・チャタレー』のパスカル・フェラン。途中で登場人物がスズメになっちゃう。奇妙な映画だ......。しかもスズメが演技しちゃう。スズメちゃんかわいすぎるんだよ!という。映画がはじまると列車に乗った乗客たちの心の声、会話、聴いている音楽などが次々と流れてくる。舞台はフランスだが、そこには見覚えのある気だるさが満ちている。登場人物は2人、大学を休学しホテルで清掃バイトをしている女の子(アナイス・ドゥムースティエ)と、アメリカからやってきたビジネスマン(ジョシュ・チャールズ)。
ビジネスマンは女の子が働いている、空港横のヒルトンホテルにチェックインする。彼は会議に出席し、プラント建設のためのスケジュールをつめ直し、次の日にはもう、ドバイに向かう予定が待っている。そのあいだに彼が見る風景は空港、タクシーの車内、会議室、ホテルの個室に戻っても窓の外にはまた空港。パリなのにカフェも、エッフェル塔も出てこない、こんなにつまらない旅行映画もないだろ!という感じなのだが、それはビジネスマンにも同じだった。彼は夜半に限界を迎え、突然のパニック発作に襲われた挙句、ひとつの決断をくだしてしまう。家族も、仕事も、すべてを捨て去るのだ。

(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production

そして『LIFE!/ライフ』とか『フェリスはある朝突然に』みたいな感じで「俺は自由だー!」という展開が始まるのかなーと思っていたら、この映画はなにごとも省くことなく、しっかりとつめていく。翌日の飛行機に乗らなかったことで、まずドバイの当事者からシリコンバレーに連絡が入り、次に彼自身の携帯や、部屋電話に次々と連絡が入ってくる。上司は激怒したり、なだめすかしたり、弁護士は「上司に訴えられたら100%負けるぞ」とアドバイスし、続いて妻とのキツすぎるskype越し夫婦喧嘩(それも一晩中続くやつ)。そこに解放感は全くなく、リアルすぎる修羅場に観客の目はどんどん死んでいく......。とはいえ舞台はヒルトンホテル。部屋は定期的にクリーニングされ、モノはあるべき場所に整えられ、食べ終わった食器は下げられる。そのわずかな旅行感で、映画はなんとか生活感一色に染まる不快さを避けている。

それを支えているのがフランス人の女の子で、彼女はパリに下宿する女子大生だ。実際は休学しており、かといって清掃バイトに本腰を入れてるわけでもない。黙々と清掃し、一人アパートに帰り、向かいの建物で暮らす人々の影絵を眺める。その表情から彼女が人生に迷い、自らの立脚点を見失っているのが伝わってくる。あるとき彼女は残業を頼まれる。そのあとにふと屋上に向かうと、スズメになってしまう。
スズメになってからの彼女は「ボン(よし)」というセリフをよくいう。よし飛ぼう、よし羽ばたこう。そしてここから、スズメが主人公のスズメが演技する映画になっちゃうんだよ!わけわからない!けどカワイイ。彼女はスズメのまま、宿泊客の様子をうかがったり、同僚の生活を覗き見たり、やがてはふつうにスズメ・コミュニティに参加してみたりする。スズメは自由で最高!かと思いきや、フクロウに見つめられたりして、結構ヤバい。スズメ生活が長くなると、今度はスズメ的生活感が出てきたりして、果たして彼女は元に戻れるのか?そして、あの何もかも捨てたアメリカ人はどこに行ったのか?不思議な映画は続いていく。

(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production

本作でもっともすばらしいシーンは、空港の動く歩道で、スズメとアメリカ人がすれ違うシーン。手すり部分に立つスズメと、反対方向の歩道に立つアメリカ人が、見つめ合いながらすれ違っていく。なぜだかわらないが、このシーンはめちゃくちゃに最高だ。なぜだかわからないけど、映画史に残るシーンになるのではないか? 『第三の男』『スーパーバッド 童貞ウォーズ』そして『バードピープル』とか(映画史に残る三大すれ違いシーン映画)。
そういえばこの映画には日本人も出てきて、彼はスズメになった女の子にエサをあげる。メガネに無精ひげ、長髪を後ろに束ねた、かなりナードないでたちで、その職業は現代美術家、または漫画家、アニメーター、それともゲーム・デザイナーだろうか。彼はエサを食べるスズメを、3本の筆ペンを駆使してスケッチしていく。映画は彼の観察眼と同期して、まるで初期の運動分解映画のごとく、スズメの羽ばたきを高速撮影でとらえる。完成した水墨画のような絵はめちゃうまく、このキャラ間違いなくイケメン枠でしょう!つまり、これこそ最新系の「フランスでモテる日本人」像にちがいない。我々はついにこたえを得ることができたのだ!
仕事への気持ちが折れ、人生のやる気がついえた時、アメリカ人はすべてを捨て去る「新大陸を求めて冒険」モードになる。フランス人はスズメになり、日本人はどうするんだろう。ちなみに私の場合はエゴサーチをします(ターHELLさん 長髪 かっこいい でなんか出てくるかなア~!)。

(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production

文=ターHELL穴トミヤ

パリ、シャルル・ド・ゴール空港。
鳥になって世界を見る。思いもよらない明日が来る。


『バードピーブル』
9月26日(土)より ユーロスペース、シネマカリテほか全国順次公開

(C)Archipel 35 - France 2 Cinéma - Titre et Structure Production
原題=『Bird People』
監督=パスカル・フェラン
出演= アナイス・ドゥムースティエ、ジョシュ・チャールズ
配給=エンタンチェ

2014│フランス│フランス語・英語│カラー│128分│DCP│1:1.85│5.1ch

関連リンク



関連記事

離婚の決まった妻を取り戻すには、巨大地震が来て、家族を全員助け出すしかない!そしてドウェイン・ジョンソンは車の代わりに、ヘリと、ボートと、セスナをドリフトさせまくる 映画『カリフォルニア・ダウン』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |