worldcryptobinary 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)COLOURED GIRAFFES

WEB SNIPER Cinema Review!!
第71回ヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞受賞作品
トルコ東部のアナトリア地方。11歳の少年アスラン(ドアン・イズジ)は、ひょんなことから傷だらけで瀕死の闘犬シーヴァスと出会う。同じ頃、学校では「白雪姫」を演じる学芸会の準備が進んでおり、彼の演じたかった王子様役は村長の息子オスマンに、白雪姫役は密かに思いを寄せていた美少女のアイシェに決まってしまうが――。トルコの新鋭監督カアン・ミュジデジの長編デビュー作。

10月24日(土)、ユーロスペース他、全国順次ロードショー
 | 
(C)COLOURED GIRAFFES

子供ものと動物ものには無条件で厳しい評価をしなければならない。「子供が、動物が、かわいい?」みたいなぬるい風潮には断固NO! 本作は、トルコの少年が死にかけて捨てられた闘犬を拾い、友情を育んでいくという物語。「子供」も「動物」も入ってるじゃないか、ふざけるんじゃない!みたいな気分で観に行ったのだが、そんな予想を頑として拒絶するかのような、つねに寄りの画面+無茶苦茶な手ぶれが、映画の前半部分を支配する。それも「激しいアクションシーンで揺れちゃう」というわけでもなく、「カメラ1台だけで頑張って全部映そうとして動きまくったらブレました」みたいな。そしてピントも一箇所に合わせたあと変えないので、人物が移動するとボケていたりする。スタビライザーとか、ピント係とか、そもそももう一台のカメラとか、なんとかならなかったのかよ!と、映画館で乗り物酔いになりながら突っ込んでしまった。「ワンちゃんがかわいいねぇ」「うちの孫にそっくりじゃワィ」などと言いながら映画館にやってきた老夫婦は、早々にゲロを吐き劇場から退場させられることになる......、これもまた監督の決意の演出なのかもしれない。

(C)COLOURED GIRAFFES

主人公(ドアン・イズジ)は、牧草地の広がるトルコの片田舎で、年の離れた兄と、両親とともに暮らしている。ある日、学校で「白雪姫」を上演することになったのだが、担任は村長の息子を王子役に、クラスのかわいい女の子を白雪姫にと、勝手に配役を決めてしまった。その娘のことが好きな主人公は気に入らず、なんとか自分が王子役になれるよう画策する。そんなある日、村に闘犬の一座がやってきた。少年はそこで放棄されていった犬を手当てしてやり、飼い犬として一緒に暮らすようになる。やがてその犬は闘犬としての才能を発揮し、村長の犬と対決することになるのだが......と映画は続いていく。

(C)COLOURED GIRAFFES

ちなみに この映画の主人公は頑固で、いつも不機嫌そうな顔をしている。しかし意中の女の子にはけっこう積極的で、この年頃の少年にありがちな「好きなのにあえて、いじわるして泣かす」みたいなアホな行動には出ない。それどころか彼女をデートに誘い、原っぱの盛り土の上で寝っ転がって「きみの王子になりたいな」みたいなことを言っちゃってる。バッチリじゃねえかお前! しかも挙句、寝転がったままなんか一回転して、女の子のほうに近づいたりとかしてい。どこで覚えたんだよその技!不良だよ不良! 行動力のある彼は返す刀で、教師の家にも「配役を変えろ!」と直談判に行くのだが、そのときなぜか教師が家の中でポルノを観ているという謎の演出がアホでよかった。

やがて少年の犬が闘犬として才能をみせはじめると、周囲の大人たちは彼と犬をチヤホヤしだす。彼らを車に乗せ、各地の闘犬会場を連れ歩くのだが、この移動シーンがおもしろい。夜道のなかを、山を越え、村を越えて、途中で警察に検問されたりして車を走らせていくと、突如、暗闇の中から駐車した車が何台も出現してくる。やがて道端に人がたむろしだして、この感じはまさにRAVE! 好事家が一箇所に集まってなにかをしようというときの雰囲気は、なんでも似てくるのかもしれない。 肝心の闘犬シーンは、ガブッといくし、血も出てるしかなりエグい。監督は血糊と特殊メイクで撮影したというが、ぜったい実際やってる気がする、というのはトルコ映画への偏見だろうか......。

本作のトルコ人監督カアン・ミュジデジは、ベルリンはクロイツベルグ地区(テクノのクラブがたくさんあるところだ)にバーを持つヤリ手実業家でもあるらしい。その情報を聞いて本作もテクノかかりまくりなのかと思ったのだが、そんなことはなかった。しかしエンドロールですごい曲が流れる。聴こえてくるのは、ネシェット・エルタシュの、「悪いのは私だ」。まるで荒野のような弦楽器と、風にはためく粗布のような声。字幕を追わなくとも「人生の悲哀」がビシバシに伝わってくるトルコ民謡に、ただものではないのを感じた。 この映画、村長との対決も通過点に過ぎず、なにか不穏そうな未来をはらんだまま終わっていく。金にしか興味のない周囲の大人と、この頑固な少年は、かならず犬をめぐってもうひと衝突起こすだろう。とすると、その先の少年の悲哀をこのエンディングの曲が代弁しているのではないか。本作は物語が途中で終わり、あとは歌の中に消えていく、異色の作品なのだ。それともこの曲が代弁しているのは、カメラで酔ったら「悪いのは私だ」というメッセージなのか......。

(C)COLOURED GIRAFFES

文=ターHELL穴トミヤ

闘いに破れ瀕死の闘犬シーヴァス。その再生と壮絶な生き様が
少年アスランの幼い眼差しに深く刻まれていく......。


『シーヴァス 王子さまになりたかった少年と負け犬だった闘犬の物語』
10月24日(土)、ユーロスペース他、全国順次ロードショー

(C)COLOURED GIRAFFES
原題=『Sivas』
監督・脚本=カアン・ミュジデジ
出演=ドアン・イズジ、ムッタリップ・ミュジデジ、オカン・アヴジュ、パーヌ・フォトジャン
配給=ヘブンキャンウェイト(第一回配給作品)

2014年│トルコ・ドイツ合作映画│トルコ語 │ 97分

関連リンク



関連記事

クロード・シャブロルのウィーアーザワールドをみて、80年代より時代が後退している気がしてショックを受ける 映画『愛と哀しみのボレロ デジタル・リマスター版』限定公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |