ミストレスランドA Lovely-CandleA 女王様・M男動画サイトB 本家三行広告:A
最新記事20件
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』
女の武器は言葉だ/『女の数だけ武器がある。たたかえ! ブス魂』著者=ペヤンヌマキ(幻冬舎) 文=大野左紀子
特選AVレビュー『緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人 小向美奈子(マキシング)』
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年2月号
特選AVレビュー『イッてもイッも許さない 完全拘束亀頭責め(エピキュリアン)』
ノマドしすぎた男 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公開中!!
特選AVレビュー『必殺! 白目剥いても地獄突き 真白愛梨(NON)』
特選AVレビュー『うちの娘、家ではブラジャーを着けないので、父としてはちょっと困ってます... ゆうなちゃん 姫川ゆうな(思春期.com)』
川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」開催!!
特選AVレビュー『ベッロベロのズッポズポ - 成宮いろは(ドグマ)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【31】『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
SMを真面目に語るネット番組「おれたちの非常口」ニコニコチャンネルで月2回、生配信! 第1回は2/9 20:00-21:00にて放送予定!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/真白愛梨 (光夜蝶)』
特選AVレビュー『いひなりの兄嫁 畑野聖奈(タカラ映像)』
絵を描く人々 第10回 描くことの光と闇
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.63(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.27(大洋図書)
オルガ 官能ドラマ劇場(ミリオン出版)
人妻恥辱ポルノSpecial(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.8 (ミリオン出版)
giri giri Vol.16(大洋図書)
俺の旅 2017年3月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年3月号(ミリオン出版)
スケベ過ぎる女教師(大洋図書)
花と蜜 Vol.39(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

WEB SNIPER Cinema Review!!
トロント国際映画祭正式出品
インディアナ州から、N.Y.グリニッジ・ビレッジのクリストファー・ストリートへやってきたダニー(ジェレミー・アーヴァイン)。ゲイであることが発覚し、追われるように故郷を出た孤独な彼を迎え入れたのは、この街で美しさを武器に体を売って暮らすゲイのギャングを率いるレイ(ジョニー・ボーシャン)だった――。ローランド・エメリッヒ監督が史実を背景に描く、1960年代の若者たちの愛と反乱の物語。

12/24(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー
 | 
(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

60年代、同性愛者は病人か、さもなくば犯罪者として扱われていた。ゲイバーは違法で、定期的に警察がやって来ては「性別にふさわしくない格好をした人間」を引っ張っていく。ところが1969年の6月28日の夜、いつもと違うことが起きる。取り締まりを受けたゲイたちが突然、警官達に反撃を開始したのだ。それは「ストーンウォールの反乱」と呼ばれ、現代にまで続くLBGT権利運動のきっかけになったと言われている。彼らが勝ち取ったゲイバーというサンクチュアリは、誕生前夜であったクラブにもつながっていった(だからアメリカにおける黎明期のクラブはゲイ・クラブが多かった)。
以上、「ストーンウォールの反乱」について最初に知ったのは、『そして、みんなクレイジーになっていく―DJは世界のエンターテインメントを支配する神になった』(ビル ブルースター、フランク ブロートン著、プロデュースセンター出版局刊)というクラブミュージック史についての本からなのだが、そこに載っている暴動についての証言がおもしろい。曰く「女装のゲイたちがバーから出てきて、カツラを脱ぎ捨てて追いかけてったときには、警察は死にそうなくらい焦ってたよ」。曰く「ニューヨークの警官シーモア・パインは『あのときほど怖かったことは、あとにも先にもない』と言っている」。まさか反撃されるとは思っていなかったうえに、普段はフェミニンなゲイたちがいきなりマジギレしたのだから、警官隊が焦るのも無理はない。そんな混乱の極みにありながらどこかコミカルな光景を、パニックムービーの名手、ローランド・エメリッヒ監督(『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』)が初映画化する。これが期待せずにいられようか!!

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

ところが本作、全米で公開されるや非難轟々。不買運動ならぬ、観ない運動まで呼びかけられた。その主たる理由は、警官に向かって立ち上がった実在のゲイたちを、史実である黒人、プエルトリカン系から白人に変えてしまったこと。それは確かにどうなのよ!当事者はムカつくでしょ!と思う一方で、今回ブチ切れた人たちの中からまた新しい「ストーンウォール」映画が出てくるだろうからいいんじゃない、とも思う(たとえば『突入せよ!あさま山荘事件』を観て「あの事件をこんな風に描くなんて許せない!」とブチ切れた若松孝二によって『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』が撮られたように。どちらも面白い映画だ)。暴動で最初に投じられた一片のレンガと同じく、本作は次なるストーンウォール映画への第一歩となるに違いないのだ。

と前置きが長くなったが、本作は若者が未知の都会に出て行き、そこで仲間と居場所を得て世界を変えていく、という青春映画。密かに同性の恋人と付き合っていた高校生の主人公(ジェレミー・アーヴァイン)は、オーラルセックスの現場を同級生に見られたことで、家族からも故郷からもつまはじきにされてしまう。身一つで飛び出した彼は、NYのゲイストリートにたどり着き、と映画は始まっていく。
この60年代のNYを完全再現したゲイストリートのセットっぽさが、『オリバー・ツイスト』のロンドンや『レ・ミゼラブル』のパリのようでいい。何者でもない主人公でありながら、そこには全く新しい、何かが始まる予感が満ちている。彼はストリートに寝泊まりしながら売春で金を稼ぐ少年たちと出会い、一緒に生活するようになる。

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

この映画で強調されるのは「人権を認められないとはどういうことか」という状況だ。逃げ遅れた主人公は警官から面白半分で暴行を受け、売春をする仲間たちは客から暴行を受ける。しかし「ゲイ」自体が違法なため、泣き寝入りすることしかできない。あげく彼らが集う会員制バーには、目をつけた客を拉致して有力者への売春を強要し、ゆすりの道具にするという黒すぎる噂がたっていた......。
そのバーこそが「ストーンウォール・イン」なのだが、オーナーであるマフィア、ロン・パールマンの牡蠣の中身みたいな気味の悪い顔がいい。手下はムール貝の中身みたいな顔をしていて、赤く照らされた店内の妖しさはかなりの域に達している。本作で最も良かったのは、暴動シーンではなくこのバーでのダンスシーン。DJもディスコもまだない時代、それでもジュークボックスの音楽にのって踊り出す男娼(ジョニー・ボーシャン)のファッション・ショウは、明らかにその後のゲイ・クラブの出現を予言させていて興奮した。そして初めてのダンスに誘われる主人公のとまどいと、そこでの新しい男(ジョナサン・リース・マイヤーズ)との出会い。これぞ青春映画の醍醐味ではないか!

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

でも一番期待していた暴動シーンが、あんま盛り上がらなかったんだよな。警官隊は追い回されるというより、閉じ込められ、あまり動きがない。彼らへの攻撃はライターオイルでの放火攻撃とか、エグいわりには見た目が地味だったりもする。ゲイたちが路上で突然ラインダンスを始めるのも謎だったが、これは史実(ストーンウォール暴動は武装蜂起というよりも、ストリート・デモンストレーションの趣が強かった)に基づいているらしい。そして一晩明けて、いきなりもう全ては変わった!みたいな演出になっていたけど、なぜ暴動が起きたら変わったのか、その肝心のカラクリを教えてよ!!!と思ってしまった。でもこの映画の、主人公を含め、ゲイたちの失恋と、その胸の痛さを許容する優しさは胸をうつ。愛することは、相手の幸せを願うことだという、そこには普遍的な愛の姿が映っていたからだ。

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

史実とフィクションのバランスをうまく取りきれずに、アメリカでは炎上してしまったエメリッヒ監督。むしろいつものパニック路線に振り切って、暴動中に巨大隕石も落ちてくればよかったのではないか。いや、ロン・パールマンが実は宇宙人で(貝型宇宙人)、暴動に乗じて巨大UFOも来襲、権利闘争と人類存亡の戦いが同時進行する、超絶パニック展開になればよかったのではないか!?トランプ次期大統領が強固な反同性愛主義者と言われるマイク・ペンスを副大統領に指名し、歴史が逆戻りしそうになっている今こそ、史実の先を描く第二弾『ゲイ・アフター・トゥモロー』で名誉挽回を図ることを提案します!

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 

文=ターHELL穴トミヤ

名もなき若者たちの"ありのまま生きたい"という叫び――


『ストーンウォール』
12/24(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー

(C) 2015 STONEWALL USA PRODUCTIONS, LLC 
原題=『Stonewall』
監督・製作=ローランド・エメリッヒ
出演= ジェレミー・アーヴァイン、ジョナサン・リース・マイヤーズ、ジョニー・ボーシャン、カール・グルスマン、 ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジョーイ・キング、ロン・パールマン
配給=アット エンタテインメント

2015│アメリカ│129分│PG12

関連リンク



関連記事

「口に入れる」という方法で世界を知ろうとするノーマ。彼らは日本でも蟻を食っていた...... 映画『ノーマ東京』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |