ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
世界的に有名なテロ事件にまつわる実話の映画化
2013年4月15日に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。その凄惨な事件の被害者で、犯人の目撃者となり、テロリストに屈しない"ボストン ストロング"精神を象徴する存在として賞賛されるようになったひとりの男、ジェフ・ボーマン。この事件で両脚を失った彼が自ら綴った回顧録を基に、皮肉やユーモアを交えて描いた真実の物語。

大ヒット上映中
 | 
主人公のジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、元カノのエリン・ハーリー(タチアナ・マスラニー)と復縁したい。エリンは多分、4:6くらいの割合で復縁はナシかな~という感じだったのではないか。ところが自分が走るマラソンの応援に来た元カレが、爆弾テロに巻き込まれて両脚を失ってしまう。もし自分がエリン・ハーリーの立場だったら、これは罪悪感ありますよ!けどね~、だからって付き合うわけにはいかない、けど「私のせいで」とかどうしても思っちゃうよね~、でも憐憫と愛情は違うっていうし、けど自分の応援に来て両脚失ってしまった人を前にして、むげにするのも~。逆に、自分を応援しに来て脚がなくなる人が30人くらいいたらよかったのにとか!?(ムカデ人間っぽい感じ) または、私が走ったせいで......とか鬱病になって、自分の両脚を切断しちゃうとか!?(ニンフォマニアック的な感じ) ジェフ・ボーマンとエリン・ハーリーの間にあるのは、後ろめたさなのか憐憫なのか、それとも愛情なのか、観ている間中そんなことを気にしていました。

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

本作の主人公は、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件にまきこまれ、両脚の膝から下を失った実在の人物がモデル。ジェイク・ギレンホールはCGで両脚を消し、世間から「ボストン ストロング」の標語のもと、「不屈の犠牲者」へと祭り上げられてしまった、普通の人を演じている。
自分の両脚がいきなり無くなったとしたら、それをどう告げられるのが一番マシか。大抵は、医者からIKEA家具の組立手順みたいな感じで救命処置の流れを説明されつつ、そこに両脚切断も入ってくるとか、そういうことになるんじゃないだろうか。または、ベットサイドに立つ必死に笑顔を保とうとしている親族や恋人から、震える声で告げられるとか。この映画の主人公は、すきっ歯の友人から「オマエのファッキン両脚だけど......、無くなっちまったぜブロ」と言われていた、この軽さは悪くないかもしれない。
ジェフの仲間や家族は悪いヤツではないけれど、どうもあまり教育程度が高くない。対するエリンは、医療関係者として働く聡明な女性。そんな中、ミランダ・リチャードソン演じるジェフの母親が、悪気はないけれど、ジェフの気持ちを想像するという能力が著しく低い毒ママとして登場してくる。世間から「不屈の犠牲者」に祭り上げられていく息子を前に、「あなたはヒーローよ!」「あの有名人がインタビューに来るわよ!」「あのイベントに呼ばれたわよ!」と毎日はしゃぎまくり、その度に曇っていくジェフの顔。親族含め、本人すらその危機に気づかぬまま、着々と敷かれていく鬱へのレッドカーペットを前にして、エリンは救いの手を伸ばさずにいられない。しかし、それが毒ママからは鼻持ちならない部外者として見られる、そんな苦しい展開が続いていく。

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

本作、意外だったのは爆発前後の描かれかたで、同じ事件を元にした『パトリオット・デイ』(ピーター・バーグ監督)では、カメラは直後に現場へと入っていく。そこには靴や柵が散乱し、人々が倒れていて、恐怖や悲しみが渦巻いている。観客はまず「テロ現場の凄惨さ」を経験し、それからストーリーが始まるのだ。本作は事件の当事者を主人公としながら、爆発の瞬間を離れた目撃者の視点で、そっけなく映し出す。その後もテロの犯人や事件の捜査について触れられることはほとんどなく、両脚を奪われたジェフがトイレで紙に手を伸ばそうとして下に落ちたり、リハビリに行く気をなくしてプレステをやったり、そんな日常の風景だけが語られていく。
そして、ジェフ目線からテロの瞬間が描かれていないことを観客がもうとっくに忘れた頃になって、それは突然やってくる。地元ホッケーチームの開戦セレモニーを引き受けた彼は、数万人の観客を前にしてPTSDのフラッシュバックに襲われてしまうのだ。ハレの場に挟み込まれる、唐突なテロの景色。二つの間のギャップには「自分だけがあの場所にいて、家族も、元カノも、善意で応援してくれている目の前の数万の人々もみな、そこにはいなかった」という、痛切な孤独が込められている。本作はテロの瞬間をすぐにはみせないことで、「被害者の凄惨さ」を観客に体験させるのだ。

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

それにしても、この映画の題名がもし『ボストン ストロング』だけだったら、または原題の『ストロング』だったら、本作を観たいとは思わなかったかもしれない。「ボストン ストロング」という合言葉は社会、世間の言葉で、その向こうには「俺らは大丈夫。俺らの社会はやっぱりすばらしい」という物語を予想してしまう。けれど、私は社会、世間に馴染めないから、映画館に通っているワケです!もちろん現実社会でテロは絶対に認めないけれど、映画館では『マッド・ボンバー』(バート・I・ゴードン監督)や『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(ニールス・ミューラー監督)を観たい。世間に馴染めない男が、自分の代わりに最悪の失敗(=他人を傷つける)を犯し、自分の代わりに罰せられる物語を観たい(そして世の全てのホームグロウン・テロリスト予備軍にも、これを観て改心して欲しい)。映画館に行ってまで、「やっぱり俺たちは強い!負けない!USA!USA!」みたいなメッセージは観たくない!けれどもちろん、本作もまた、多数派が自分たちの安寧を確認するだけのUSA!映画ではないんですね。主人公は、むしろ世間の期待する物語「ボストン ストロング」に追い詰められていく。それを元カノとヨリを戻したかっただけの個人の「ボストン ストロング」へと取り戻していく、その過程にこの映画の醍醐味があるワケです。
日本の配給会社の人はそれを伝えるべく、邦題の最後に「はい、そこの財布の中に映画館のメンバーズカード5枚入ってるあなた!これはあなたのための映画でもありますよ~!」というメッセージを込めて、『~ダメな僕だから英雄になれた~』を付け加えたんでしょう。メディアの美談に取り込まれて行くことへの抵抗を江戸時代を舞台にして描いた、有吉佐和子の『ふるあめりかに袖はぬらさじ』という小説がありましたけど、本作を観てそれを思い出しました。

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

文=ターHELL穴トミヤ

全米を感動させたヒーローは、ちょっと"ダメ"な奴だった――。


『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』
大ヒット上映中

(C)2017 Stronger Film Holdings, LLC. All Rights Reserved. Motion Picture Artwork(C)2018 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
原題=『STRONGER』
原作=ジェフ・ボーマン、ブレット・ウィッター著『Stronger』
監督=デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本=ジョン・ポローノ
出演=ジェイク・ギレンホール、タチアナ・マスラニー、ミランダ・リチャードソン、クランシー・ブラウンほか

配給=ポニーキャニオン
提供=ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ

2017年│アメリカ│120分

関連リンク



関連記事

本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |