本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2018 yukajino

WEB SNIPER Cinema Review!!
カナザワ映画祭2018「期待の新人監督」部門オープニング作品
20XX年。都内大手電力会社に勤める男はある晩会社にかかってきた電話をとる。電話口からは「ひとごろし」という声がした。幻聴か、現実か。神経衰弱に陥った男の日常が徐々に揺らぎ始める。救いを求めて彷徨い歩く男は、やがて得体の知れない巨大な影を見る。その正体は何なのか。男の不安が頂点に達した時、ついに"魔"が都市を覆い始める――。

4月26日(金)までアップリンク吉祥寺にて公開
 | 
(C)2018 yukajino

21世紀の日本を舞台とした本作は、74分あるその全編がモノクロ8mmフィルムで撮られていて、そうすると何がいいかというと、景色から日常が脱臭されるんですね。そこには生々しさがない。現代に撮影される日本映画の難しさとして、「映画館の中でまで、自分の生活と地続きの景色を見たくない」問題というのがある。これは、部屋のシーンでエアコンのくっついた白い壁が映ったり、登場人物が街中で蛍光灯の白い光に照らされていたりすると、それだけで気分が萎えてしまうという、映画館の中で自分の生活を思い出させられるうっとうしさで、少なくとも外国映画にはそういうのがない。ヨーロッパ映画の街灯は黄色くて、アジア映画の日本そっくりな街並みは看板が異国文字で、アメリカ映画の室内にはいつもでかいソファがある。そこには自分の生活とは違う景色が広がっている。
この映画にはスイカツリーや、タワーマンションや、新宿副都心を背景にした陸橋なんかが映っていて、ところがそれがいい。見知った景色はモノクロフィルムの奥でうごめいていて、それは明らかに古くて遠い質感なのに、でも情報としては今の景色が映っている。そのギャップがおもしろい。

(C)2018 yukajino

監督は本作が長編デビュー作となる楫野裕。主演は渡邊邦彦(『へんげ』)。本作は2018年のカナザワ映画祭で「期待の新人監督」プログラムの一作品として選ばれ、現在、吉祥寺アップリンクで~4/26(金)までの限定レイトショーとして公開されている。
電力会社に勤めていた主人公は、原発事故を責める声であふれるネットの掲示板を眺めている。やがて精神のバランスをくずし、レオス・カラックスの『メルド』よろしく、コミュニケーション不在のモンスターとなって東京中で人を殺し始める! そんなストーリーの中、私も殺されるチンピラの役で、少しですが出演しています。
(C)2018 yukajino

監督の梶野裕は、女性にモテる人間で、本作をみているとそんなモテる男ならではの、女性に対する理解の深さと、あなどりを感じることができる。本作に男の出演者は少なく、主人公の彼女(堀井綾香)、その友達(佐伯美波)、バイト先の同僚や、通りがかりの女子高生と、女の出演者が圧倒的に多い。そして彼女たちは葛藤を一切持たずに、暮らしているようにみえる。
主人公はエネルギー政策の未来か、原発事故による自責の念か、誹謗中傷か、文明のもつ根源的な呪詛か、コミュニケーション障害か、原因はわからないけれど、とにかく葛藤のあまり、ノイローゼになって幻覚を追いはじめ、街外れに迷い込んだ挙句に、影に喰われモンスターとなる。彼女はといえば「結婚間近だと思っていたのになーっ」と友達に相談しつつ、「次いこっと」と主人公との関係をサクッと清算、次の男とのデートに走る。たとえば、このとき公園で友達と交わす「別れのメール送る時って、『ごめんなさい』とか入れたほうがいいのかな」という会話の軽さがおもしろい。登場する女子高生たちも一切、無垢さの幻想をまとうことなく、「爆サイ.com」みたいなセリフをいきなりかましていて、その即物感に笑ってしまう。
本作にも確かに女性が未来に対して一家言!みたいな場面はある。しかし、「IoT(モノのインターネット)」や、先進的な紅茶ブランドについて語られるセリフは、どれもWikipedia読み上げbotのような傀儡感に満ちていて、より彼女たちの軽さを際立たせる。「夢は女優!」と語るアパレル店員によるミュージカルシーンを支える、お前らどうせ、『ラ・ラ・ランド』が好きなんだろ!というような、女性へのなめ腐り具合。しかしその幻滅こそは、モテの秘訣なのかもしれない。それともそれはモテるゆえの、幻滅なのか。

(C)2018 yukajino

しかしミュージカルシーンはじめ、私をチンピラ役で出してくれたよしみでいうわけではないが、本作の音楽はどれも素晴らしい。たとえば女友達がヨガをやっているバックには、ブッダマシーンみたいな不思議な旋律(監督いわく、テリー・ライリーを意識したという)が流れている。そのBGMのまま、彼女たちは電車に乗り、スカイツリーの街へと出かけていく。それはサイケデリックで、異化された東京を強く感じさせる。
主人公の男が一人河原をさすらっているシーンでは、私をチンピラ役で出してくれたよしみでいうわけではないが、環境音がいい。遠くから聞こえてくる街の音は、身体の奥深くにある帰巣本能を刺激し、寂寞感をかきたてる。本作を現代の日本映画であると最も観客に印象付ける瞬間は、画ではなく、この河原で聞こえてくる5時のチャイムによってもたらされる。しかしその音は途中からエフェクトがかかり、溶けはじめ、その酩酊感がおもしろいのだ。

基調トーンは、無声時代の映画への愛に貫かれながら、殺害された警備員の顔面破壊特殊メイクには、GEOでレンタルするJホラーのようなエグさがあったり、この映画は分裂している。帰宅前のレイトショーで観る虚構として、「なんか今日、変なものをみた」という感慨を得られる、私がちょこっと出ているから言うわけではないが、そんな魅力が本作にはあるのです。

(C)2018 yukajino

文=ターHELL穴トミヤ

全篇8mmモノクロフィルムで撮影 めくれた世界のアポカリプス


『阿吽』
4月26日(金)までアップリンク吉祥寺にて公開

(C)2018 yukajino
監督・脚本・編集・プロデューサー=楫野裕
出演=渡邊邦彦、堀井綾香、佐伯美波、上埜すみれ、他

配給=第七詩社
宣伝=contrail

2018年│日本│74分│8mm→DCP│モノクロ│1:1.33│ステレオ

■全50種類各1点モノのオリジナルTシャツ、劇場ショップにて販売中!


関連リンク

映画『阿吽』公式サイト

関連記事

肛門版The Who!史上最悪のパンクス、GGアリンはなぜ連続殺人犯にならなかったのか 映画『ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |