女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Toolbox Film 2017

WEB SNIPER Cinema Review!!
「ロック史上もっとも見事な変質者」GGアリンと遺された家族
「ジーザス・クライスト・アリン」というイエス・キリストと同名の出生名で誕生、その後究極の破滅型ヴォーカリストとしてその名を全世界に轟かせたGGアリン。本作はGGのバンド、THE MURDER JUNKIESのメンバーでもあった兄のマール・アリンが、93年にこの世を去ったGGの遺志を受け継いで活動にいそしんでいる様子と、そんな子供らを支える母親アリータの強い生き様を描いたドキュメンタリー。

シアター・イメージフォーラムにて公開中!
 | 
(C)Toolbox Film 2017

The Whoのピート・タウンゼントは、ある日感情がたかぶり演奏の最後にギターを振り下ろし破壊した。それを見た観客たちは熱狂的に盛り上がり、以後「ギター破壊」はピート・タウンゼントのトレードマークとなった。それから幾年月、彼は老人になった今でもギターを破壊している。だが、もしThe Whoがその歴史的な瞬間、ギターを振り下ろす代わりに、ドラムスティックを肛門に挿入していたとしたら......? 想像したくもない仮定だが、恐るべきことにこの肛門版The Whoは実在する。それが本作に登場するThe Murder Junkiesだ。
ワセリンを塗りつけたスティックを、観客の中から選ばれたうら若きパンクス乙女に手渡し、「数インチだぞ、優しくしてくれ」と告げる全裸の男。その頭は白髪(とそれを染めた髪)に覆われている。彼はいったいどれだけの年月、肛門にドラムスティックを突っ込み続けてきたのか......。それは何かの刑罰なのか......。何代目かのボーカル青年はこう語る、「このバンドでツアーするのはタフだ。普通とは違うからな」。たしかにタフ......。しかしThe Murder Junkies初代ボーカルのタフさは、こんなものではなかった。今では墓の下に眠っている、GGアリンのトーレドマークは流血、脱糞。この男こそは、神がもたらした史上最悪のスカトロ・ハードコア・ロッカーだったのだ。


(C)Toolbox Film 2017

GGアリンの父親は狂っていた。DVを繰り返し、お金を浪費し、なにより息子に本名としてジーザス・クライストという名前をつけた。ある日、庭に穴を掘り「お前と息子たちを埋めるんだ」と言い出した夫を前にして、母親は二人の息子を連れ逃げ出すことを決意する。それ以来、二度と子供たちが父親に会うことはなかった。逃げだした母親は裁判所に申請し、息子の名前をジーザス・クライストからケヴィンへと変更した。

(C)Toolbox Film 2017

やがて子供たちは、NYドールズやラモーンズに出会う。兄弟ともにバンドを始め、特にケヴィンにはカリスマ性があった。彼のライブは年代ごとに過激さを増し、それはショーというよりカオスになっていった。マイクを自分に叩きつけ血だらけになるのはもちろん、ライブ前に下剤を飲んで脱糞し、それを全身に塗りたくり、それをつかんで客席に投げつけ、客に殴りかかり、殴り返され、乱闘になる。自殺を宣言し、やっぱり延期し、「早く死ね!」とヤジを飛ばした女を壇上に呼んで殴り、麻薬をやり、逮捕され、全裸のままライブハウスから飛び出し、叫びながら街をのし歩く。その悪名は世界中に轟き、私も高校生のころ先輩から「世界一短いハードコアはナパームデスの1.3秒しかない曲」だとか、「北欧には教会に放火したブラック・メタバンドがいる」だとか、そんな世界びっくりロック伝説のひとつとして、「毎回ステージで全裸になりウンコを投げるパンクバンドがいる」という話を聞かされた。しかもライブビデオを見た先輩によると、GGアリンのチンポは小さいのだという。「小さくても気にせずチンポを出してしまうんだ......」という衝撃は世界中の思春期の脳内シナプスを刺激し、ロック理解の一助となったはずだ。


(C)Toolbox Film 2017

しかし本作で監督のサミ・サイフが追うのはGGアリン亡きあとの、兄や母の現在の姿。兄は自宅をGGアリン・ミュージアムにしており、弟の遺品やグッズを売っている。ドラムのメンバーに「お前もスティックを売れよ、サインを入れれば俺が売ってやる」ともちかけ、自身がツアー中身につけているスニーカーから衣装まで、その一式もツアー終了とともに売っている。さながらロックスター版ブルセラだ。
GGアリンの母親は、クッキーやりんごをくれる大家さんみたいな見た目をしている。監督は、狂った男の母親が、あまりに普通であることに驚いたという。そんな母親を車に乗せ「新曲だ、聴いてくれ」とCDを流し始める兄。「人生はハード 俺の股間もハード 金曜日には彼女のプッシーを舐めまくる」みたいな歌詞が流れ始め、「どうだ、いいだろう」と悦に入る兄の横で、年老いた母親は呆れている。本作に漂う安心感というのは、『ボウリング・フォー・コロンバイン』(マイケル・ムーア監督)でマリリン・マンソンが一番知的で冷静なコメントをしていたのを観たような驚きに近い。それは一見ネガティヴな表現が、やはり知性や愛情の中から生まれているのだという安堵感なのだ。


(C)Toolbox Film 2017

GGアリンはなぜ、母親がつけたケヴィンではなく、父親のつけたGG(ジーザス・クライストをまだ幼かった兄がうまく言えずこう発音していた)を名乗っていたのか。GGアリンはなぜ、人間は憎しみや恐怖を知るべきだと歌ったのか。母親と一緒に逃げ出して以降、アリン一家に父親はいない。そして36歳で急逝したGGアリンは、過去映像としてしか本作に出てこない。しかしこの二つの不在によって、そこにある、暗黒の絆が浮かんでくる。GGアリンは、呪われていたのではなく、優しさ故に、悪魔である父親すら家族として手放さなかったのではないか。人は父親もチンコの大きさも、選べずに生まれてくる。だが彼はそのすべてを消し去ることなく晒し続けた、それを可能にする力こそが芸術の魔法なのだ。

(C)Toolbox Film 2017

文=ターHELL穴トミヤ

夭逝したロック史上最大の破壊者、GGアリン。遺された家族の、信頼と絆の物語。


『ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族』
シアター・イメージフォーラムにて公開中!

(C)Toolbox Film 2017
原題=『THE ALLINS』
監督=サミ・サイフ
出演=アリータ・ベアード、マール・アリン、GGアリン(アーカイヴ映像)、THE MURDER JUNKIES

提供=キングレコード
配給=ビーズインターナショナル

2017年│デンマーク映画│74分│英語│DCP

関連リンク



関連記事

アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |