本家三行広告 1 worldcryptobinary 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『濡れ続けた一日 気持ちはあの頃...性欲なう 其の六 並木塔子』(マーキュリー)
スケコマシ野郎一瞬、母一生!『長くつ下のピッピ』『ロッタちゃん』シリーズ作者の半生を描く伝記映画 『リンドグレーン』公開中!!
特選AVレビュー『NTR母乳妻 会社の同僚に飲み干されちまった嫁の母乳』(センタービレッジ)
特選AVレビュー『【完全主観】方言女子 福島弁』(h.m.p)
特選AVレビュー『再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや... 水上由紀恵』(タカラ映像)
2ページまんが 酒場の女【38】年末スペシャル3ページ編
完全にイキすぎちゃったデニス・ホッパーが渾身の力を込めて監督し自身のキャリアを粉砕するにいたった71年製作のカオス密閉直送便が4Kレストアで復活! 映画『ラストムービー』公開中!!
じゃじゃーん! タイマーのプログラム機能 DE 抜き打ちバイブ責め『チャレンジ!タイマー電マ みおり ゆりな さくら』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『悪エロガキのデカパイ先生狩り』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『センタービレッジ20周年作品第二弾 息子を交姦する美人母たち スワッピング中出し近親相姦』(センタービレッジ)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年12月号
特選AVレビュー『黒人巨大マラ 犯された日本人熟女 むちエロ美人妻を薬漬け4P輪姦セックス』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『崩れてく親子愛 成宮いろは』(タカラ映像)
特選AVレビュー『ベリーベリー通信 女子校生デカチンVSミニチン 短小と巨根』(ラハイナ東海)
特選AVレビュー 『河合あすながご奉仕しちゃう超最新やみつきエステ 46 お客様の欲望で凝り固まったアソコを極上リフレッシュ!!』(PRESTIGE)
特選AVレビュー『オイルボイン ぬるぬるてかてか極上Iカップ 佐知子』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『喉奥処女 AV Debut!!』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『おさわり痴漢白書 完全版』(RADIX)
特選AVレビュー『四六時中発情中』(SILK LABO)
読者代表変態仮面がイク! 第7回 五反田「AMANDA」斑鳩宮ゆりさん【3】
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜SP Vol.4(ワイレア出版)
MEN'S KNUCKLE 2020年2月号(大洋図書)
よろめき艶SP Vol.2(大洋図書)
東京裏23区(大洋図書)
名医が教える!睡眠の不調が消える本(大洋図書)
アップル写真館ベストオブベスト 11th(大洋図書)
ラヴァーズEX(大洋図書)
スナイパーEVE特別編集 美麗女王様伝説 Vol.2(ワイレア出版)
giri giri SP Vol.3(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX 水仙特別号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

WEB SNIPER Cinema Review!!
世界中で愛される児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン
スウェーデンの自然の中で伸び伸びと育ったアストリッドは、思春期を迎え、より広い世界や社会へ目を向け始める――。『長くつ下のピッピ』『ロッタちゃん』などの名作児童文学を生んだ作家、アストリッド・リンドグレーン。その16歳からの青き日々を繊細に描いて名作誕生のルーツに迫った伝記ドラマ。

岩波ホールほか全国順次公開中
 | 
(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

『長くつ下のピッピ』『ロッタちゃん』などの作者として有名なスウェーデンの児童文学作家、アストリッド・リンドグレーン。その伝記をデンマーク人監督ペアニレ・フィシャー・クリステンセンが映画化した。20世紀初頭、アストリッド16歳(アルバ・アウグスト)。実家は農家なんだけど、種芋をまく農夫たちや、野焼きの煙など、ミレーのような景色が美しい。
(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

「神の前で人々は皆、平等というなら、どうして女の私だけ門限が1時間早いの?」と母親をなじる彼女は、フェミニストでもある。「女だから」を理由に差をつけられる不合理に気づく聡明さを持ち、集会所でペアを組んで踊ってくれる男性がいなくても、女の子と組んで踊っちゃうガッツも持っている。ついには一人になっても踊り続けていて、もう『長くつ下のピッピ』そのままのおてんばガールなんだけど、そんな彼女が床屋で髪を切るシーンがいいんだな。
三つ編みのおさげを二本たらしている彼女が、雑誌の「モダン女性スタイル」を指して、「これにして!」とリクエストする。へその緒のように、ジョッキリと切られた三つ編を握るアストリッド。そのショートボブがすっごい似合ってるの!今まで長くつ下のピッピだった少女が、散髪後にはイイ女に変身している。ベルトラン・ボネロ監督の『サン・ローラン』では、サン・ローランのもとに訪ねてきたイケてない女性が、身体に合った服を見繕ってもらった途端、見違えるように美しく見えるシーンがある。ここには、内面がふさわしい外見を見つけたときの驚き、さなぎが蝶になる興奮があるのだ。

(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

ところがだよ、このショートボブの勝気な彼女がやがて親父の紹介で、務めることになる新聞社があるんだけど、ここの上司(ヘンリク・ラファエルセン)がほんとクソ野郎なんだよ。顔はスティーヴ・クーガンと甘利明・税制調査会長を足して二で割ったみたいなおでこの長い男で、こいつが18歳の雇用者のリンドグレーンとセックスしちゃうっていうね。しかも孕ませちゃうっていうね。しかもこのクソおやじは同時進行で妻とも離婚協議中という。
(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

しかし、おっさんでありながら「18歳とのにゃんにゃん」という果実を手にした事実を無視することができない私は、本作鑑賞後、その手管をメモに残しました。それをみなさんにいま特別ここでお伝えするのにやぶさかではないのですが、まず「かわいこちゃんが」「かわいい秘書が」などと、呼びかけるたびに「かわいい」を連発する。さらに顔にいきなり触れてから、「顔にインクがついているよ」と言う(実際のところインクがついていようがついていまいが関係ないこの技には、さすがスケコマシ野郎だと感心)。さらに「コーヒーとケーキを食べに行くぞ、気分直しだ」のように、デートの誘いを命令口調にして、仕事であるかのように偽装する。仕上げとして、落ち込んだ表情を見せ相手の善意を引き出しつつ、「こっちへ来なさい」といつもの命令口調で呼びつけたのち、突如その胸に顔を押し付ける。そしてドキドキさせておいてから、「一時の気の迷いだった」と言い訳をして、押しもどす。これで18歳とセックスできます、ってクソすぎるだろ!!このセクハラ野郎をいますぐ十字架にかけ火をくべてくれ!!!
けどね、アストリッドだって、カカシじゃない。ヤリチンスケコマシ野郎の手練手管にハマっちゃってるっていう説もあるんだけど、彼女は意志をもって、好奇心をもって、自分の責任でもって、このおっさんとセックスしていて、映画は彼女を言われるがままに操られる存在としては描いていない。けど、妊娠して人生荒れ模様になるのは女性のほうなんだよね~っ!!!ここになかったのは避妊具!!!!コンドームに、ピルに、避妊シールに、避妊リング!!まじで、これが大事!!!!!!!セックス、いいよ! 18歳、一応成人!でも避妊が大事!!まあでも1920年代の話だから~、女性が使える避妊手段はまだ発明されてなかったし、今じゃスウェーデンには、いくらでもあるから~っていうか、ひるがえって今の日本、いまだに女性が使える避妊手段として避妊シールも避妊リングも避妊注射も避妊インプラントもないってどういうことですか!?ピルがクソ高いってどういうことですか??!?!?2020年の日本=1920年代のデンマークですか!?!?!と、怒りがわいてきてしまいましたが、まあそれは置いておいて、当時スウェーデンの田舎町でシングル・マザーになることなどあり得ず、彼女は19歳にしてデンマークに渡り、匿名で出産することになる。

(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

以後、波乱万丈なんだけれども、いつアストリッドは小説を書き出すんだろう?と思って観ていても、書き出さないんですね。大抵、作家の伝記モノってどこかで猛然とタイプライターを叩き出すとか、我々が知っているアストリッド・リンドグレーンにつながるところが出てくるんだけど、この映画はすでに老境を迎えた彼女が読者からの手紙を読みながら過去を思い出すという体裁で進んでいて、一人の少女が作家になる瞬間は描かれていない。それはこの映画の本題じゃなくて、じゃあアストリッドは何になっていくのかというと、母親になっていく!そこに三つ編みをジョキっと切るような一瞬のカタルシスはなくて、職場で少し評価されたり、子どもの咳が治らなくて寝不足になったり、姦通罪の展開に怯えたり、実家との折り合いが悪かったり、そういった毎日の先でなお母親になることができるのかという......、スケコマシ野郎にはうかがいしれない、渋い展開がありました。スケコマシ野郎一瞬、母一生!わかっているのかスケコマシ野郎どもよ! という本作女性監督の声が聞こえてくるようで、私もスケコマシテクをメモしてる場合じゃなかったのかもしれません。

(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.

文=ターHELL穴トミヤ

なぜ、アストリッドは最も革新的で影響力のある稀有な作家になり得たのか、なぜいつまでも子どもの心を忘れず、理解できるのか――


『リンドグレーン』
岩波ホールほか全国順次公開中

(C)Nordisk Film Production AB / Avanti Film AB. All rights reserved.
原題=『UNGA ASTRID』
監督・脚本=ペアニレ・フィシャー・クリステンセン
出演=アルバ・アウグスト、マリア・ボネヴィー、マグヌス・クレッペル、ヘンリク・ラファエルセン、トリーネ・ディアホム
配給・宣伝ミモザフィルムズ

2018年│スウェーデン=デンマーク│スウェーデン語・デンマーク語│123分│カラー│シネスコ│5.1ch

関連リンク

映画『リンドグレーン』公式サイト

関連記事

クソすぎる人生!クソすぎる社会!!しかし諦めるのはまだ早い!!!本作を観れば、全てに負けまくりながら人生ブチ上がる方法が判明する 映画『グッド・ヴァイヴレーションズ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |