worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

WEB SNIPER Cinema Review!!
ヒュー・グラント、マリサ・トメイ、J・Kシモンズ豪華競演!
若くしてオスカーを手にし、ハリウッドのトップの座に君臨した映画脚本家のキース(ヒュー・グラント)。だけど成功したのは1本だけ。長いスランプに陥った彼は、田舎町の大学でシナリオコースの講師を務めることに。様々な失敗を繰り返しながら人生をやり直そうと奮闘する男が、人とのつながりの中で学んだ人生のシナリオとは......。ラブコメの帝王、ヒュー・グラントの新境地!

11月より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
 | 
(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ラブコメっていい、ラブコメって善良な感じがする。昔、「ラブコメ観とけば女の子とセックスできるチャンスがアップしそう」と思ってたんだけど、10年以上観続けてもまったくセックスチャンスがアップすることはなかった。でもラブコメは好きだ。なにしろ、どの主人公もかならず孤独っていうところがイイ。
本作は、監督マーク・ローレンス、主演ヒュー・グラント、このコンビでは4作目だ。『ラブソングができるまで』('07)も『噂のモーガン夫妻』('09)も超おもしろかったし、今回もかなり期待していたら、やっぱり最高だった。ヒュー・グラントのお相手をつとめるのはマリサ・トメイ(『アダルトボーイズ青春白書』『ラブ・アゲイン』)、子供を育てながら大学の生協でバイトし、創作クラスに通うシングルマザーを演じている。対するヒュー・グラントは、ハリウッドの元・売れっ子脚本家。いつも通りのにやけたスマイル、ひょこひょこ歩き。彼の軽さっていうのは、背の高すぎる人が猫背になるような、ハンサムすぎる自分を押さえ込んでるような不自然さがあって、そこがいい。

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

いよいよ仕事に窮したヒュー・グラントが昔馴染みのマネージャーに電話をかけると、紹介されたのは大学の創作クラスの講師だった。現役でいるつもりの彼からすれば、創作コースの講師なんて引退勧告もいいところ。けど背に腹はかえられず、家を引き払い、田舎の大学へと越していく。このしょぼくれたヒュー・グラントが乗る車がヒュンダイというところ、芸が細い。後半には、車を一晩路上にほったらかすなんてと心配する彼が、「ヒュンダイでしょ、誰も盗らないわよ」と返されてしまうシーンも出てくる。ここは字幕だと「盗まれるような車じゃないでしょ」とニュアンスがぼかしてあって、日韓関係の緊迫する昨今、配給会社の優しい配慮を感じたのだった。
ともあれ渋々講師を引き受けたヒュー・グラント。さあどうやってマリサ・トメイと出会うのかなと思っていたら、いきなりもう生徒のベラ・ヒースコートとヤッちゃってる。しかも生協で働いてるマリサ・トメイはダルダルの服に、輪ゴムでまとめたみたいな髪型、見るからに魅力のないとこを突いてくる。ベラ・ヒースコートは若いし、かわいいし、才気活発だし、こりゃもうどう考えてもマリサ・トメイとくっつきようがない! でも、人付き合いの中でほだされていくヒューの移り変わりとともに、マリサ・トメイがだんだん美しくなってくる、その撮り分け方が面白い。
ヒュー・グラントのクラスにいるのは、スター・ウォーズオタクとか、元いじめられっ子とかイタい奴らばかり(女子は顔で選んでるからかわいいこばかり)。でもまあ生徒に手を出したりして楽しめばいいか、みたいな感じで授業が始まるんだけど、サバけていたはずのベラ・ヒースコートはやがて地雷化の様相を見せ始める。さらには学内の権力者、「ジェーン・オースティン研究家」のお局教授(アリソン・ジャネイ)ともフェミ論争でもめてしまい、彼は懲戒免職待ったナシ状態へと突入していくのだった。

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

しかし、こんな軽薄ヤリチン野郎のどこに孤独があるのか。この「孤独ポイント」の演出がラブコメの腕の見せ所で、それは彼が自宅でふと心に隙間風を感じたときに、離婚して疎遠になってる息子に電話をしようとして、でもできない、そんなシーンでやってくる。するとヒュー・グラントのチャラさが、みじめさや弱さと化学反応を起こしてとつぜん輝きだす。いつの間にか、誰もが「ヒューがんばれよ!」状態になっている!やっぱりヒュー・グラントには落ちぶれ男がぴったりだ!
そんな彼をささえる脇役として、『メリーに首ったけ』で変態を演じていたクリス・エリオットが同僚役で(今回もバッチリ変態っぽい)、『セッション』の怪演も記憶に新しいJ・K・シモンズが、上司の学科長役で登場してくる。このJ・K・シモンズが素晴らしくて、またもやスキン・ヘッドにシモンズ・スマイルで登場(剥げてしまってそもそも髪型を変えようがないのかもしれない)。どうしたって『セッション』のサイコパス教授を連想してしまうのを、「家族の話をすると必ず泣き出す」というアホ設定で見事に洗い流していた。

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画の後半、学生たちに心を開き始めたヒュー・グラントは、自分の家族とも向き合えるようになっていく。『ラブソングができるまで』といい本作といい、やっぱりこういうダメ男再生モノが月に1本は観たい!(いや、やっぱり4本は観たい!)その過程で、生徒たちに「観るべき映画」を伝えはじめるのだが、このラインナップが50年代の古典から、80年代のガールズ・ムービーまで、思わずメモしたくなってしまう本作のもう一つの見どころとなっている。
中でもびっくりしたのは、彼がフェミスニスト論争であげていた、エレイン・メイ監督・脚本・主演の『おかしな求婚』('71)。この映画は、『グランド・ブダペスト・ホテル』で引用されていたり、ジョナ・ヒルが『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のインタビューで「マーティン・スコセッシから受けた映画の授業で、最も印象に残った1本」として挙げていたりする、アツそうなカルト・クラシック。観たい観たいと思っていたら、この映画にも出てきた! でも日本では未だソフト化されていないんだよ! ウェス・アンダーソンも、マーティン・スコセッシも、ジョナ・ヒルも、ヒュー・グラント先生もお気に入りのラブコメ、すごく気になるじゃないか!こんど出たブルーレイは英語字幕入りみたいだし、クリスマスはもう、一人『おかしな求婚』ナイトしちゃおっかなー!!(というわけで一緒に観てくれる女の子を募集します)。

(C)2014 PROFESSOR PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

文=ターHELL穴トミヤ

本当の自分と出会うための人生の書き直し方を教えてくれる感動作!!


『Re:LIFE~リライフ~』
11月より、TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー


原題=The Rewrite
監督・脚本=マーク・ロレンス
出演= ヒュー・グラント、 マリサ・トメイ ベラ・ヒースコト、J・Kシモンズ、クリス・エオット

配給=キノフィルムズ

2014年│アメリカ│107分│5.1ch│シネスコ

関連リンク



関連記事

本作の監督は犬が好きなあまりすべてを見失い、シリアスタッチでアホな映画を撮ったと確信する! 映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |