本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

WEB SNIPER Cinema Review!!
第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ&パルムドッグ賞W受賞
雑種犬に重税が課せられる街。13歳の少女リリ(ジョーフィア・プショッタ)は父親に愛犬のハーゲンを捨てられてしまい、必死に探しまわるが見つけることができない。一方、街を彷徨っていたハーゲンは、やがて人間に虐げられてきた保護施設の犬たちと邂逅、共に人間への反乱を起こすのだが――

全国順次公開中
 | 
2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

映画が始まってから終わるまで一体、どこが舞台の映画なのかわからなかったがハンガリーだったのか、不思議な国。主人公(ジョーフィア・プショッタ)は学校で楽団に入ってるんだけど、授業の一環のように見えて、楽団には遥か年上に見える生徒たちもいるし、それどころか中年のおっさんまでいる。どういう集まりなのか? クラブに行くとき、あきらかに未成年にしかみえない主人公が、IDチェックもなしに入れてもらえる。街は石畳の道路で、教会からは鐘の音が聞こえる。ユーロが流通していて、でも地下闘犬シーンがある。主人公の父親(シャーンドル・ジョーテール)はいつも不機嫌で、音楽の教師もいつも不機嫌で、アパートの同居人は腐った性格をしていて、その他まっとうな大人が一人も出てこない。なにか、近未来のディストピアなのだろうか?それとも?

主人公は離婚した母親がオーストラリアに行く間、父親のアパートに預けられてしまう。父親もアパートの住人も主人公の犬を毛嫌いし、越した翌日には通報によって保険局がやってくる。あげく「雑種の犬を飼うなら、税金を払わないといけない」という謎の法律があり、ついに犬は捨てられてしまうのだった。引き裂かれた、犬と主人公。彼らは再び出会うことができるのか!?というのが大筋となって映画は進んでいく。
監督は本作のラスト40分について「大衆の蜂起の瞬間だ」と言っている。なるほどそこにいたるまで、前半の展開は『ゼイリブ』(ジョン・カーペンター監督)とか『未来世紀ブラジル』(テリー・ギリアム監督)とか、80年代によくあった「ディストピア社会で真実に目覚めた主人公が立ち上がる」系の映画と同じ構造をしている。でも蜂起するのは犬なんだけど、というのがカンヌで「パルムドッグ賞」を受賞したゆえんで、監督がどこまでマジなのか。犬への愛が強すぎるあまり、フォースのギャグサイドへ落ちているのかいないのか、その微妙な境界を楽しむ 2時間となっている。

2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

飼い犬から一転、野良へと転落してしまった主人公の犬は、やがて空き地が野良犬のたまり場なっているのを発見する。この展開は、真実に目覚めたら家を追い出されてホームレスになってしまうが、街外れにレジスタンスたちの隠れアジトを発見する、というディストピア映画のあるある展開だ。でも犬だから、「この世界がおかしいと思っていたのは、俺だけじゃなかったのか?!」「同志よ!」みたいな会話はなく、犬同士でクンクンやって、なんとなく気があってる感をかもしだしているのがかわいい。もちろんそういうアジトは当局の襲撃を受けると相場が決まっていて、本作の場合は野犬狩りの保健局がやってくる。
主人公の犬は逃げる途中で闇の闘犬屋に捕まってしまう。これが後半の革命戦士化への伏線になっているんだけど、ここから本作は格闘映画になっていく。この、犬がランニングマシーンを走っているシーンで、監督はフォースのアホサイドに突入しているなと確信しましたね。さらに覆面して犬を虐待し始めるあたりからアホサイドを突き抜け、監督の秘められた犬への欲望が全開になっていく。哀れかわいかった飼い犬は、憎しみに駆られる野獣へと調教されてしまう! 監督はブローカー役で登場しているんだけど、本当はこの変態調教師をやりたかったに違いない。
そのころ主人公は、犬を探して張り紙をしてまわったり、家出をしたり、クラブで飲酒した挙句、捕まったりして、順調に非行化の道を辿っている。このクラブでかかっていたVolkova Sistersの「Trouble」はかなりかっこよかった。ひかえめなキックから始まるダークな曲が、荘厳さと荒廃が同居する東欧を感じさせる。ああハンガリー行きたい、クラブ行って身ぐるみ剥がされたい、そんな気分になってくる。

2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

今年はほかにも『シーヴァス』に、『ベル&セバスチャン』と犬映画があったけど、本作には1匹の犬のかわいさじゃなくて、複数のまとまりとしての犬のよさが感じられる。クライマックスでは、大きさも形も違う犬たちが勢揃いする。そのシルエットの1匹1匹が「ああ、違うな」という、その差異がかわいいのだ。犬たちが保健所から脱走するときの、フェンスから折り重なって走り出すシーンには、蛇口をひねったらあらゆる種類の犬が流れ出してきたかのような「いいもの観た!」感があった。人の代わりの犬ではない、犬そのものから物語を捉えようとしているところに、本作の挑戦がある。
悲しみを超えた主人公の犬は、犬の中の犬、ジャンヌ・ダルクかナポレオンかみたいな状態になって帰ってくる。殺戮マシーンへと改造され、革命の挙手へと成長した彼の前で、かつての飼い主はただの少女でしかない。2人の間にそれでもまだ絆が生じる余地があるなら、それは愛しかない! 犬への愛と引き換えにフォースのアホサイドに足を突っ込んだ監督は、その愛をどうスクリーンに映し出すのか。私はその最後のシーンに『パフューム ある人殺しの物語』(トム・ティクヴァ監督)を連想したんだけど、みなさんはどうでしょう。

文=ターHELL穴トミヤ

目覚めた野性、崩れだす均衡。
この争いを止めるのは、少女と愛と勇気。


『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』
全国順次公開中

2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney
原題=『Feher Isten』
監督・脚本=コーネル・ムンドルッツォ
出演=ジョーフィア・プショッタ、サンドロ・ゾター
配給=シンカ

2014年│ハンガリー・ドイツ・スウェーデン合作│119分│シネスコ

関連リンク

『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』公式サイト

関連記事

コカインでキマりすぎちゃってる人(スーツ着用)と、ベトナム戦争後遺症の幻覚で限界きちゃってる人(スーツ着用)のミーティングがアツい! 『ムーンウォーカーズ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |