ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
日本の現在に切り込む、若き俊英の徹底討論!
震災が露呈させたものとは何か? 情報社会とサブカルチャーの戦後から最先端までをふまえ、日常と非日常が交差する日本社会の現在を徹底分析する――。『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)の宇野常寛と『アーキテクチャの生態系』(NTT出版)の濱野智史が、ありうべき日本社会の姿を探り出すべく、迫真の対話を展開。
 | 
■「マジ」の言葉で語られる「希望」

本書の序文で宇野常寛は、『希望論』というタイトルが「嫌で嫌で仕方なかった」と述べている。その理由は「まるで、「君たちは絶望的な世界で生きている」という前提でものをとらえ、考え、生きることを強いられているようだ」からだという。

近頃、『絶望の国の幸福な若者たち』(古市憲寿)という著書が話題になっているが、どうもこの国が「絶望」的であることは大前提となっているようだ。たしかにここ二十年以上、この国は政治が混迷し、経済が停滞し、おまけに昨年は東日本大震災というダメ押しの一発に襲われた。こうした現実を見るに、日本は「絶望」に覆われているように思われて仕方ない。しかし、だからといってシニカルに「絶望」を言い募る(もうこの国はダメだ)のも、アイロニカルに「希望」を語る(ダメでも何となく幸せだからいい)のも安易にすぎる。本書で宇野と共著者の濱野智史が探ろうとしているのは、そのどちらでもない第三の道――どこまでも「マジ」な「希望」である。

本書の内容は、震災復興や政治の未来といった話から、ニコニコ動画やAKB48といったサブカルチャーの話まで多岐にわたる。まさにこの二人だからこそ、といった射程範囲の広い本だ。そのため、本書の内容を要約するのは難しいが、彼らの試みは大まかに言って日本のインターネット環境に(アイロニカルではなくマジな)「希望」を見つけ出そうというものである。

それでは、その「希望」とはどのようなものなのか。一例を挙げておこう。本書で濱野は、『ウェブ進化論』の著者・梅田望夫と「2ちゃんねる」の管理人・西村博之の比較を行なっている。梅田の主張は、ブログなどのインターネット技術によって総表現社会が到来し、日本にもアメリカ的個人主義が浸透するだろう、というもの。対する西村の主張は、日本のインターネット環境では2ちゃんねるやニコニコ動画といったネタ的なものしか流行らない、というものだ。濱野はその両者に対して批判的である。梅田的な主張はすぐにシニカルな絶望論へと落ち込んでしまい(梅田は自分の当てが外れたことに対し、「日本のWebは残念」と述べている)、西村的な主張は「ネットは面白ければそれでいい」というアイロニカルな希望論に直結してしまう。そこで濱野は、そのどちらでもない第三の道があるはずだと主張する。それは、2ちゃんねるやニコニコ動画といった、日本独自のネットサービスを現実の政治や地域サービスへと実装するというものだ。

こうした方向性は、本書では「拡張現実」と呼ばれる。この概念は宇野の近著『リトル・ピープルの時代』でもキーワードとなっているもので、虚構(ヴァーチャル)によって現実(リアル)を読み替えるような技術、現象のことを指している。具体的には、iPhoneのアプリ「セカイカメラ」(カメラ機能によって現実の風景に店舗情報などが付与されるというもの)やアニメにおける「聖地巡礼」(アニメの舞台となった土地をオタクが訪れるという現象)などが挙げられる。宇野と濱野はこうした事例を挙げて、リアルとヴァーチャルの間に垣根がなくなっていると述べている。

両著者はこうしたリアルとヴァーチャルが渾然一体となった現状を冷静に分析しつつ、そこに「希望」を見てとる。なぜならば、資本主義経済とインターネットが国民国家の枠を超えて拡がっている今、何がリアルで何がヴァーチャルなのかを区別することは非常に難しくなっているからだ。たとえば、宇野はその例として「政治」と「文学」の関係を挙げている。冷戦構造がつづき国民国家が機能していたかつてにおいては、「政治」=リアルに対して、「文学」=ヴァーチャルによって対抗できるという幻想を持つことができた。しかし、現代社会においてはそのような幻想はもはや機能しえない。

それでは、こうした世界の現状において、どのような見通しを持てばよいのか。ここで宇野の発言を引いておこう。
貨幣と情報のネットワークによって世界がひとつに繋がると、当然〈外部〉はなくなってしまいます。〈ここではない、どこか〉が存在できなくなってしまう。そんなときに、人間の想像力はどこへ向かうのか。内部に逼塞するほかないのかというと、そんなことはない。〈内部〉の、〈いま、ここ〉にどこまでも深く潜っていくことで想像力を発揮できると僕は思っています。
(134頁)
つまり、リアル=〈内部〉に対して、単純にヴァーチャル=〈外部〉を立てるのは現状では不可能になっており、それならば〈内部〉に徹底して潜るという戦略を取るべきだということだ。ここで注意しておくべきは、宇野が「内部に逼塞するほかないのかというと、そんなことはない」と述べていることだ。〈内部〉に「逼塞」することと、〈内部〉に「潜る」こととは異なる。宇野が述べているのは、〈内部〉と〈外部〉の二項対立で考えるのではなく、〈内部〉の奥底にこそ〈外部〉を見出そうということだ。

本書の第\x87T章では、原爆と原発の比較がなされている。原爆はアメリカという〈外部〉によって、広島、長崎に投下されたものであった。それに対し原発は、日本という〈内部〉の問題である。東日本大震災によって引き起こされた原発事故は、核が〈外部〉からもたらされるものではなく、〈内部〉に抱え込んだものであるという認識を、私たちに再確認させた。これを受けて、日本人の多くはシニカルな絶望論とアイロニカルな希望論に二分されてしまったように思われる。

震災は多くの命を奪い、原発事故は放射性物質を日本中にばらまいた。これはもはや取り返しのつかない事実である。そこで、この国はもうダメだと言い募ったり、ダメでもいいやと開き直ったりするのは楽だ。だが、そんなことで本当によいのか。この国が未曾有の危機に置かれている今だからこそ、われわれは「マジ」な「希望」を語らなくてはならないのではないのか。この現実=〈内部〉を誠実に受け止め、その奥底に眠っているはずの「希望」を見出し、掘り起こすこと。今必要とされているのは、そのことであるはずだ。

最初に紹介したように、宇野は本書のタイトルが「嫌で嫌で仕方なかった」と述べてはいる。しかし、この状況において『希望論』と題する本を出したこと、しかも著者二人の言葉がどこまでも「マジ」であること。まずはその勇気に敬意を表したい。

文=しねあい

希望論―2010年代の文化と社会 (NHKブックス No.1171)

著者=宇野常寛、濱野智史

価格:998円(税込)
ISBN13:978-4140911716
発売:2012年1月31日
出版社:NHK出版

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『ティム・ガンのゴールデンルール』(宝島社)  著者=ティム・ガン

anahell.jpg
しねあい  ミクスチャーマガジン『BLACK PAST』編集。映画やアニメに関する論考、小説などを書く傍ら、プログラミングをやったり。
最近の書きものに、「ふつうの言葉で」(『BLACK PAST』)、「あらかじめ運命を定められた子供たち――『とらドラ!』の歴史=物語をめぐって」(『アニメルカ vol.4』)など。
http://blackpast.jp/
 | 
12.03.17更新 | レビュー  > 
文=しねあい |