女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
前代未聞!? 美少女ゲームで活躍する声優のインタビュー集!!
美少女ゲームのキャラクターを演じる声優たちの"声"をまとめた本邦初のインタビュー集。第一線で活躍中の人気声優から新人まで総勢18組25名が、この仕事を志したきっかけやキャラを演じる上での努力、 将来の夢、今だから話せる収録秘話、意外なプライベートの素顔など、 世間ではあまり知られる機会のない「お仕事」の現実を語る――。気になる1冊を「美少女ゲームの哲学」でお馴染み、批評家の村上裕一氏がレビュー!!
 | 
■花開くエロゲー声優の世界

本書は、声優の中でも18禁美少女ゲーム(通称エロゲー)の声優にスポットを当てた、非常に専門的な書物である。ボイスコンテンツ満載の特典DVDも付属し、文章だけに留まらず気になった声優の声をそのまま視聴することも可能なので、知らなかった役者について理解を深める機会にもなるだろう(※1)

声優と言えば、いまやアイドル化して久しい業種だと言える。単純に、顔を隠して声を売る、という職業ではなくなり、声優自身のタレント性やアーティスト活動が商品となる時代となった。しかし、エッチな声を売るということが重要な仕事であるエロゲー声優(※2)の場合、そのようにはいかないのも実情だった。特に顔出しというのはなかなか考えられないものだった。そこへきて、巻頭に9名ものカラーグラビアを掲げて本書が登場したことには、一種の隔世の感を覚えずにはいられない。

25人のインタビューを中心にエロゲー声優の実体に迫る本書には独特の面白さがある。特に、各人の「どのようにしてエロゲー声優になったのか」というエピソードは、個々のファンはもちろん、エロゲー業界というものに興味がある人間であれば外せないトピックではないだろうか。たとえば何人かの発言を追っていると「友達に誘われるままにアフレコにいったら、そのまま声優になってしまった」とか、「もともとは事務職だったが社長の思いつきで声優デビューした」などという驚くべき事態が散見される。個別のファンには馴染み深い逸話かもしれないが、改めて振り返ってみると、人はそんな風にして声優になるのか、と驚きを禁じえない。実に業界のリアルが垣間見える内容である。

かような書物を眺めてみて思い出すのは――そして本書にとっても決して無関係ではないのは――かつてエロゲー業界におけるインターネットラジオの草分け的役割を担った『アケミとマリカのがっちゅみりみり放送局』(2002-2005、すたじおみりす。略称「がちゅみり」「がっちゅ」)というウェブラジオ番組である。

というのは単純に、本書に登場する声優に、上記番組に出演したことがある、いわゆる「がっちゅ系声優」が多い(実に10人!)からというばかりのものではない。なかなか表には出にくかったエロゲー声優という職業の、いわゆる「中の人」の生の声をファンや外部に届けようという本書の方針に、かつての「がちゅみり」と同じような態度を感じたからである。

「がちゅみり」が受けたのは、それまではあまり表立っていなかったエロゲー声優その人にスポットを当てたことはもちろんのこと、草創期のネットラジオとしてのアナーキーさにあった。たとえば、喘ぎ声の実演や演技技術の開陳が行なわれていた。今こうして言ってみてもなかなか考えにくいものがある。暴露話も少なくなかったが、問題がある音声には基本的にピー音を被せることで対処し、なかったことにはしないという編集方針は非常に画期的だった。

本書もまた同様である。確かに、かわいらしいポップな表紙をあつらえ、アイドル的に売り出されている若手声優たちのグラビアを巻頭に掲げたりはしている。しかし、妙なオブラートに包んで、内容的にエロゲー声優の仕事を誤魔化したりということはおよそ行なわれていない。御苑生メイの下記のような発言は、それを非常によく表わしているだろう。
ゲームをしたユーザーさんが「エロい! 勃った! 抜いた!」っていうのが大事。ゲームの世界に入り込んで気持ちよかったなと思わせるのが目的なんじゃないかなと思います。芝居だけで聞かせようなんて思えるほど私は上手い役者ではないです。他の声優さんには驚かれるかもしれませんけど私は「ポルノを作っている」という気持ちが大前提にあるんですよ。
(本書144ページ)
かように透徹した職業意識がなければ、やり続けることが難しいことについては、業界の大ベテランとして、今は指導にも当たっている大野まりなも認めるところである。
こういう仕事は精神的な面が強くないと続けられません。夢というものを現実にしようという気持ちがないと続けられないんです。辞めるのは簡単だけど、続けられるのは難しいと生徒には言っています。
(本書88ページ、原文ママ)
あらゆる仕事がそうであるわけだが、常に華やかなのではなく、うんざりするほど長いドブさらいのような下積みの結果として、人の目に触れる成果がある。もちろん、本書に登場する声優たちは、その下積みのつらさを述べ立てているのではない。しかし、その裏打ちがインタビューの端々にちらほらと見受けられる様子には独特の臨場感があり、大いなる魅力だろう。本書にはそういう言葉が詰まっている。

文=村上裕一

【注釈】
※1 収録音声は全体の半分程度、若手中心であることには注意されたい。
※2 実体に即しているのであえてこう呼称する。
『美少女ゲーム声優のお仕事』(ミリオン出版) 

価格:1995円
ISBN:978-4813021780
発売:2012年04月24日
出版社:ミリオン出版

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

「いま集合的無意識を、」 著者=神林長平 (『S-Fマガジン 2011年 8月号』/早川書房 所収)

『STEINS;GATE─シュタインズゲート─ 円環連鎖のウロボロス(1)』 (富士見ドラゴン・ブック)  著者=海羽超史郎

村上裕一 批評家。デビュー作『ゴーストの条件』(講談社BOX)絶賛発売中!最近の仕事だと『ビジュアルノベルの星霜圏』(BLACKPAST)の責任編集、ユリイカ『総特集†魔法少女まどか☆マギカ』(青土社)に寄稿+インタビュー司会、『メガストア』2月号のタカヒロインタビューなど。もうすぐ出る仕事だと『Gian-ism Vol.2』(エンターブレイン)で座談会に出席したり司会進行したりなど。またニコニコ動画でロングランのラジオ番組「おばけゴースト」をやっています。http://d.hatena.ne.jp/obakeghost/ WEBスナイパーでは連載「美少女ゲームの哲学」とラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」をやっています。よろしくね!
twitter/村上裕一
 | 
12.04.22更新 | レビュー  > 
文=村上裕一 |