本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
ゴシックを愛で、頽廃美に耽溺するダーク・ヴィジョン!!
「全編にわたって、言ってしまえばグロくてコワくてエグくてヤバいアートに満ちている――(四日市)」。ゴシック・ヴィジョンや魔術的エロスの創造者、デカダンに耽溺する者、少女幻想を追い求める者など、異系の作家たちをパラノイアックに集め、論じた未曾有の書。「禁断異系の美術館\x87T〜エロスの畸形学〜」 に続く相馬俊樹の真骨頂!!
 | 
『魔術的エロスの迷宮』と題されたこの本は、装丁とタイトルからわかるようにゴシックやモダン・ホラーの影響を多々受けたアートについて書かれている。特に、昨今「ゴスロリ」と呼ばれ「かわいさ」との共存を目指した道とは真逆の方角へ消費されつくした結果、名状し難い唾棄すべき反キリスト的な世界観を生み出すに到った近代のアートに偏向して論じている。否、論じているのではない。これは迷宮へ迷い込んでしまった著者の狂い咲きの姿だ。

今は亡き『S&Mスナイパー』やトーキングヘッズ叢書、『ユリイカ』などにて発表された著者・相馬俊樹の原稿をまとめたこの本は「dark and gothic visions」「magical eros」「decadent visions」「forbidden dreams」「library noir」と題された五章に分けて、有名無名・国内外を問わず様々なアートが紹介されている。

「dark and gothic visions」では冒涜的なモチーフ、奇形化した女体などグロテスクなアートの数々が、「magical eros」では幻想的なシチュエーションの中に剥き出しのエロスを溶け込ませたイメージ、「decadent visions」は退廃的で無機質な、死の気配の付きまとったアート、「forbidden dreams」は少女に対する幻想だが、ナボコフがロリータに描いたのとは裏返しの、マザーグースの詞に通ずる恐ろしさを感じさせる。第五章の「liberary noir」のみ、小説の書評となっている。全編にわたって、言ってしまえばグロくてコワくてエグくてヤバいアートに満ちているため糖衣された世界しか見たくない人はこのあたりで退散しておいたほうが幸いだ。

本の目的はアートの紹介であるはずだが、しかしこの本のおもしろさはこれがただのカタログ本にはなっていないところにある。魔術的な想像力によって描かれたアート世界へ入り込み、解釈しようとする著者の過剰とすらいえる妄想の錯乱がまさに、意識の迷宮とも言える入り組んだ世界観をテキスト上に作り上げている。取り上げられた作品に対して著者は、製作者の生まれ育った環境や軋轢を、散りばめられた記号からは、それらの象徴する太古の神々や伝承の数々、古代の悪魔崇拝からチャールズ・マンソンやアレイスター・クローリーなど近代のカルトまでの歴史を豊富な知識で遡る。

私はアートそのものよりも著者の脳に蓄積された、かつて世界がまだ現実世界の様々を魔術や異界の存在によって説明していた頃の想像力が、捩れ、歪み、誤解されながら膨張を続けた現代にまで紡がれた変遷に、その先端にいまも描き出される幻視のアート、その魔術に祈りを捧げる異教の司祭たる筆者のパラノイアックな脳迷宮に映し出される解釈の魔術を巡る旅にこそ、一睡と一酔の狭間の眩暈を感じるのだ。

文=四日市

『禁断異系の美術館2 魔術的エロスの迷宮(書苑新社)

著者=相馬俊樹

価格:2100円(税込)
ISBN10:4883751066
発売:2009年09月30日
出版社:書苑新社
発行:アトリエサード

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連記事

『VICE A FILM ISSUE(Vice Japan)』 文=四日市

ykic-p.gif
四日市エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
09.11.15更新 | レビュー  > 
文=四日市 |