女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
SF星雲賞受賞作家受賞後第1作
TOKYO・15人の24時間漂流記!!
「この物語は『情報処理』の物語であると共に「生と死」のジュブナイルでもある――(四日市)」。携帯電話を筆頭とする各種情報処理ツールが生み出す予想外の脈絡。人生における「生と死」、ネット社会を泳ぐ情報の塊としての「生と死」、そして……。あなたが今、実感しているリアルとは一体何だろうか。
 | 
大切なことなのでもう二度言うつもりだが、この小説はおもしろい。
売れていないらしいので今すぐ街に出よう、書店へ行こう、漱石を本と交換しよう。Amazonでポチるのもいいだろう。

作者の新城カズマは主にSF作家として主に少年少女に向けた作品を発表しているが、この作品について語る上で触れておくべきなのは「蓬莱学園」だろう。「蓬莱学園」シリーズはPBM(Play By Mail)、複数のプレイヤーが自分の行動を葉書で送りそれらに基づいたシナリオを構築する、プレイヤー同志がやたらと遠距離でレスポンスに時間のかかるTRPGのようなもので、新城カズマはそのゲームマスターを務めていた。

タイトルの「15x24」は、15人かける24時間という意味。15攻めの24受けではない。
タイトルの表わす通り、物語は15人の主人公によって織りなされる物語で、あとがきでも言及されているが冒険小説『十五少年漂流記』と海外ドラマ『24』はもちろん、意識されているのだろう。

主人公の一人である徳永順が「ネット心中」に臨むところから物語は始まる。徳永の心中相手はインターネットで知り合った顔も名前もわからない、ハンドルネーム「<17>」という人物。<17>との心中のために、待ち合わせ場所へ向かう徳永は、携帯電話で推敲していた「遺書メール」を、トラブルに巻き込まれ誤って送信してしまう。
このメールが様々な人物の間を誤解されながら転送され、心中を目論む徳永順と、彼を捕まえ自殺を食い止めようとする「捜索隊」との鬼ごっこが始まる。

主人公が15人もいるなんてややこしいし、そんなにキャラクターの名前を覚えることなんてできない……シスター・プリンセスの妹の名前すら覚えられなかったのに、なんてお兄ちゃん落第生、アニメキャラは髪の毛の色か声優で覚えるタイプのひとも心配する必要はない。物語は各キャラクターの一人称視点が切り替わりながら進行し、そのケータイ小説的な語り口とパーソナリティが適切に個人を判断できるよう特徴付けられている(そのため、やや紋切り型と言えるような個性の立ち方にもなっているのだが)。一巻の、物語がめまぐるしく動き始める前の助走とも言える「生と死」に関わる『真剣10代しゃべり場』展開は真剣でも10代でもない読者にとって退屈ともいえるが、この助走の過程で文体とキャラクターの紐付けは完了するだろう。ついでに、完結まで毎月刊行されるので忘れる暇のない親切販売戦略だ。

携帯電話の普及以降、物語作家にとってこのやっかいな道具をどのように物語へ導入するか、自然に溶け込ませるかは大きな課題だったように思う。携帯電話で常に連絡を取り合えるという事態は物語のカタルシスを演出する「擦れ違い」を適宜、訂正してしまう極めて厄介なものだ。
しかしその思い込みは、情報と、その伝達手段と、発信者、脈絡を一緒くたに考えることで起きる誤解だということを、この物語は語ってしまう。

携帯電話、電子メール、ブログなどのシステムが情報を正しく伝達するためにはあまりにも多くの前提を必要とする。情報を発信した端末は明らかだが、そこに示された発信者が本当に本人なのか? その伝達された情報はどこからもたらされた情報なのか? 我々は普段、「ツールが正しく利用されている」ことを前提にすることで、ツールを便利に扱えている。しかしこれらのツールは情報の伝達と拡散を飛躍的に加速化させるための伝達手段に過ぎない。だとすれば誤情報だって拡散させないわけがない。

作中で実際に起きていることを挙げれば、携帯メールが転送に次ぐ転送を繰り返され、一次情報の発信者が不明になる。二次情報発信者が一次情報源と誤解され、発信者への印象に誤解が生じる。その擦れ違い、誤解の様を見下ろす読者体験は実に快感だ。この物語は「情報処理」の物語であると共に「生と死」のジュブナイルでもある。そしてこの高度に情報化された世界にあって、人間とは膨大な情報の塊とも言える。本作をその生と死の物語と捉えれば、思春期の少年少女に向けたジュブナイルからまた違う情報が浮かび上がってくるだろう。

冒頭で宣言した通り、もう一度言う。
この小説はおもしろい。

文=四日市

『15×24 link one せめて明日まで、と彼女は言った (集英社)


著者=新城 カズマ

価格:670円
ISBN10:4086305097
発売:2009年09月
出版社:集英社

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連記事

『VICE A FILM ISSUE(Vice Japan)』 文=四日市

『禁断異系の美術館2 魔術的エロスの迷宮(書苑新社)』 著者=相馬俊樹

ykic-p.gif
四日市エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
09.12.13更新 | レビュー  > 
文=四日市 |