ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
エロ本は遠からず消えると言っていい。
そんな時代だからこそ、こんな本を出す意義もあるだろう──

『エロスの原風景 江戸時代〜昭和50年代後半のエロ出版史(ポット出版)
著者=松沢呉一
文=安田理央

『実話ナックルズ』(ミリオン出版)で2004年より現在も続く、日本エロ出版史を網羅する連載の単行本第1巻。稀代のエロ本蒐集家である著者所蔵の膨大な資料から、エロ本173冊、図版354点をフルカラーで掲載。読み物としてだけでなく、顧みられることのなかったエロ表現史の概観を辿る、資料性の高い一冊に!
 | 

松沢呉一さんは過剰な人だ。いつも、何もそこまでやらなくても、というところまで突っ走る。この仕事はこれくらいかな、なんて計算せずに採算抜きでパワーを投入する。

そんな松沢さんのライフワーク的なテーマがエロ本収集だ。江戸時代の吉原細見(遊郭のガイドブック)から地下本、カストリ雑誌、夫婦雑誌、そして自販機本、ビニ本に至るまで、あらゆる時代のエロ本をコレクションしている。それは本だけにとどまらず、フランスのヌードポストカードや同性愛者の私製アルバムといったエロに関するものなら、何でも集めている。

それはエロは保存されることが少ないからだ。国会図書館にも大宅文庫にも、エロの蔵書は少ない。そしてそれに価値を見出さない人にとっては、無価値どころか恥ずかしい物として処分されてしまうのだ。誰かが集めなければ、どんどんこの世から消えてしまう。

松沢さんは、仕事のためにエロ本を集めていた訳ではない。たまにこうした蔵書を資料として原稿に活かすことはあっても、それはほんの一部で、収集した費用の何十分の一にもなっていないだろう。採算で考えれば、あまりに効率が悪い。それでも、松沢さんは集めるのだ。


「エロスの原風景」は、そうした松沢さんのコレクションを活かした本だ。江戸時代から昭和50年代に至るエロ本の歴史を「カストリ雑誌」「実話誌」「変態資料」といったテーマごとに分類し語っていく。日本初のトルコ風呂(ソープランド)が銀座の東京温泉だという定説を覆す「元祖トルコ風呂とは」や、日本初の巨乳アイドルともいえる川口初子に触れた「オッパイ小僧」などのテーマを当時の雑誌記事で検証していく章もある。

しっかりとした知識と資料に裏付けられているだけに読み応えもあり、なおかつ軽妙な文章は読みやすい。
しかも紹介されている175冊のエロ本はフルカラーで掲載。時代と深い味わいを感じさせるこれらの図版を眺めるだけで、十分に楽しめるほどだ。2800円の価格は決して高くない。


実は本書の後書きで、松沢さんはちょっと弱音を吐いている。この本と松沢さんを取り巻く環境が決してよいものではないからだ。

本書は「実話ナックルズ」(ミリオン出版)の「日本エロスの原風景」という連載をまとめたもので、今回まとめられたのはその一部にすぎない。ぜひ、続編も期待したい。そうして少しは松沢さんの収集費用に還元されて欲しい。

これだけの価値ある仕事が、金銭的にも報われないなんて、やっぱりおかしいと思うのだ。
エロを文化という枠で綺麗ごとのように語ってしまうことには抵抗はあるけれど、117億円もかけてアニメやマンガを盛り上げようというなら、そのほんのちょっと一部でも、エロ文化の歴史の保護と検証にでも使ってやってもらえないものか。

それが無理なら、せめて全ての図書館で本書を購入するとか。それくらいの文化的価値、資料的価値のある本だと思うのだ

文=安田理央


『エロスの原風景 江戸時代〜昭和50年代後半のエロ出版史(ポット出版)

著者=松沢呉一

価格:2800+税
判型/A5判/168ページ/上製・函入
ISBN: 978-4-7808-0126-2 C0095
発行:2009年06月25日
出版社:ポット出版

出版社サイトにて詳細を確認する>>

※7月12日の15時50分より、TIBFの版元ドットコムブースにて松沢呉一氏によるトークショー「戦前、戦後のエロ本」が開催されます。こちらも、是非!!



関連記事

『懺悔録〜我はいかにしてマゾヒストとなりし乎〜(ポット出版)』著者=沼正三

yasuda_face.jpg 安田理央 1967年埼玉県生まれ。美学校考現学教室卒。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。メディアとエロの関係を考察することがライフワーク。主な著作に『エロの敵』(雨宮まみとの共著 翔泳社)、『日本縦断フーゾクの旅』(二見書房)『デジハメ娘。』(マドンナ社)など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央ブログ=安田理央の恥ずかしいblog
「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
09.06.28更新 | レビュー  > 
文=安田理央 |