本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
日本語をめぐる認識の根底を深く揺り動かす書き下ろし問題作!

『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で(筑摩書房)

著者=水村美苗


文=さやわか



豊かな国民文学を生み出してきた日本語が、「英語の世紀」の中で「亡びる」とはどういうことか?
 | 

この本は去年の秋くらいに、梅田望夫がブログで取り上げたとか、そのブログのコメント欄やブックマークでの評価のされ方がいい加減だとか、いやいやこの本の主張自体がやっぱり杜撰なのだとかで、やけに話題になっていた。実際読んでみると批判される所以は分からないでもない。本書には評論書として備えられるべき程度の論理の積み上げがなく、また現代の日本文学に対する理解もない。この本は要するに近代日本文学にあった言葉をこそ「日本語」として定義しているが、それだけが正統であり、それ以外の言葉を唾棄すべきだとするための説得性が作られていない。一読者としては、これが作者の愛する日本語だけを擁護して他の日本語をおしなべてクズ扱いする本であったところでいっこう構わないのだが、どうも素直に作者の持論に納得させられるような内容になっていないわけである。だからこの本は批判されうる。

しかしまあ、熱意は伝わる。賛同できなくとも、作者が近代日本文学へ強い憧憬を抱き、その言葉の復権もしくは存続を願ってやまないのだということは分かる。ただ、その正当性を担保するための論理的な言葉が欠けているのだなあと思わされるだけだ。そもそもこの本は評論書であるかどうかも怪しい。作者の体験や個人的な感情についての記述にずいぶん紙幅を割いているのだから、むしろこれは一小説家の書いた思索的なエッセーだと思えば十分に読めるし、むしろ豊かな文章表現の楽しめる本である。

騒動をややこしくしたのは、我々がこの本を思索的なエッセーではなく、なにがしかの真実を探求した評論書であるかのように捉えてしまったことだろう。読んでさえいれば、この本が評論としては十分な形になっていないことはすぐに分かるはずなのだ。どだい、「大衆消費社会の中で流行る文学」について「確率的には、つまらないものが多い」(235ページ)などと漠然とした印象を語ってしまう本を、評論であると思って読む方が難しい。個人的には、たとえ作者が評論を意図して書いたとしても、このようなエッセー的に書かれた文章に対して「作者に現代日本文学に対する理解が足りない」等と言っても詮無いことのように思う。あるいは「日本語が亡びる」というセンセーショナルなタイトルが、本書は一般性のあることがらを扱っているというように見せてしまうのかもしれない。しかしタイトルに何と書いてあろうが、一読したならば前述したように本書での「日本語」とは「近代日本文学」のことであると分かるので、つまりネットで憤った人の多くはこの本を読まずにタイトルだけに煽られてしまったのか、または読んだにもかかわらずそこが理解できていないということになってしまう。それは本書の主張が杜撰であるかどうかとは無縁に、少なくとも本書の作者の現代日本文学に対する無理解と同程度には評価できないことではなかろうか。この本の例に限らず、むしろ誇らしげに「自分はこんな浅薄な本は読まない」と言いながら批判を繰り広げる人すら、しばしばいる。彼らがなぜ作者よりも見識張ることができるのかはとんと謎である。彼らは、日本語はともかく、何かを亡ぼした後に生きているのかもしれない。

文=さやわか


『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で(筑摩書房)

著者=水村美苗
価格:1890円
出版社:筑摩書房
ISBN:9784480814968
発売日:2008/11/05
出版社:筑摩書房


出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

“ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!
『ONE PIECE/52(集英社)』 著者=尾田栄一郎

破戒のリーサルウェポン……投下!!
『最後の性本能と水爆戦(ワニマガジン社)』著者=道満晴明

小田ひで次の最高傑作、上下巻同時発売!
『拡散 上・下(エンターブレイン)』著者=小田ひで次

「ワーキングプア」の真実がここに!!
『蟹工船 1巻(新潮社)』漫画=原恵一郎 原作=小林多喜二

たとえそれがウソでもホントでも、神様を名のるやつなんてみんな、絶対どこか変わってる――。
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり

私だって『青春』したい!! 神大寺サキ、高校では仮面かぶります!
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ

叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子

ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
09.01.18更新 | レビュー  >