女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
itumodemo.jpg web sniper's book review
1年で50キロの減量に成功!
その究極の技術と思考法。

『いつまでもデブと思うなよ(新潮社)

著者=岡田斗司夫


文=さやわか


一年間で五〇キロの減量に成功した著者が到達した結論。それは、ダイエットは楽しく知的な行為であり、ロー・リスク、ハイ・リターンの最高の投資であるということだった。必要なのはメモ帳一冊。それだけで運動不要、持続可能なダイエットは始められる。そして重力から解放された後は経済的、社会的成功が待っているのだ。過去のすべてのダイエット本を無力化する、究極の技術と思想が詰まった驚異の一冊!  
 | 

のっけから私事で申し訳ないが、年明けから10キロくらい痩せた。ここ一年くらい太ってきていたので痩せることにしたのだ。ダイエットは得意科目と言っていいくらいなので、ガバガバと好き勝手に食べては痩せるということを何年かのサイクルでやっている。何度もダイエットを繰り返している時点で本当に健康のことを考えている人からすれば片腹痛いというところであって、まして「得意」などと調子に乗ったことを言うのは大変な馬鹿に見えるはずである。自分でもそう思うので放っておいてほしい。まあそれはともかく、ようするに飯を我慢したりするのは苦ではないのである。だから、さまざまな減量法などをためす人の気持ちは分からない。

しかしこのたびの減量をやり終えてから、あの岡田斗司夫がダイエット本を書いていたなあということを思い出して、興味を持ったので読んでみた。伝え聞くにライフハック的な内容なのだろうと思っていたので、その想像通りかどうか確かめたかったのだ。果たして、予想は間違っていなかった。というより、ライフハック的にダイエットをするというのは実に理にかなったやり方だと思う。

ただ、とりわけ面白かったのは「レコーディング・ダイエット」と呼ばれるダイエットの手法ではなく、それをやりながらいかにして「食べなくても納得できる自分になるか」ということが書かれていることだった。これは岡田斗司夫がこれまでの著作で読者に説いてきたことによく一致している。たとえば「オタク」というものに対する認識を変えて、むしろそうであることは誇らしいとしてしまう。あるいは離婚ということに対する意識を変えてしまう。クリエイターという言葉を聞いたときのイメージを変えてしまう。ほかいろいろ。岡田斗司夫の本はそういう作りになっていることがかなり多いのだ。

同じように、このダイエット本は、「食べない自分は贅沢をしているのであり、そういう自分はほとんど高貴な存在ですらあるのだ」と思うように読者を誘導する。そして「レコーディング・ダイエット」という食事記録を取ることがまるで楽しいゲームであるかのように思わせることに最大の力を注いでいる。ライフハックということの真実は、ここでは食事記録として示される新しい生活習慣ではなく、その生活習慣を受け入れてしまうような意識の変革にある。

だから、この本は最後が一番面白い。ダイエットを終えた後で、どうやってリバウンドが訪れないようにするのか。食事記録という生活習慣を取り外してもなお「だらしないデブのように」食べない自尊心を読者の心のうちに育て上げるくだりである。これはもう、実に岡田斗司夫らしい。ストイシズムの訓練によって高貴なプライドを持った自己を維持しようとする姿勢は、まさに岡田斗司夫が「オタク学入門」(太田出版、1996年)などで示し、多くが倣った90年代のオタク像にぴったり当てはめられるものなのだ。ダイエット本としてよくできているのだろうが、日本のオタク史を考える上で頭の隅に置いてもいい本だと唸ってしまった。しかしまあ、武士は食わねど高楊枝とはよく言ったものである。

文=さやわか


『いつまでもデブと思うなよ(新潮社)
itumodemo.jpg

著者=岡田斗司夫

価格:735円(税込)
判型:新書
ISBN:978-4-10-610227-1
発行:2007/08/17
出版社:新潮社


出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

これぞ、究極のどんでん返し! あらゆる予想は、最後の最後で覆される。
『儚い羊たちの祝宴』 著者=米澤穂信

七〇年に発表された衝撃の問題作、ついに復刊!!
『銭ゲバ(幻冬舎)』 著者=ジョージ秋山

根本敬初の「文字だけ」の単行本、遂に発売!
第11回みうらじゅん賞受賞!!
『真理先生(青林工藝舎)』 著者=根本敬

愛、暴力、そしてミステリ。
舞城史上、最大のスケールで描く最高傑作。
『ディスコ探偵水曜日(新潮社)』 著者=舞城王太郎

特別すぎない、女の子のリアル。ここにそっとしまってあります…。
『素っ頓狂な花(小学館)』著者=武嶌波

少女まんが界に輝く、超人気大河ロマン!!
『ガラスの仮面 /43(白泉社)』 著者=美内すずえ

おれは誰に感情移入すればいいんだ?おれは宮本に感情移入すればいいのか?
『定本 宮本から君へ /1(太田出版)』著者=新井英樹

ツンデレという言葉が生まれたのは、この漫画が描かれるためだったのだ!
『百舌谷さん逆上する/2 (講談社)』 著者=篠房六郎

日本語をめぐる認識の根底を深く揺り動かす書き下ろし問題作!
『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で(筑摩書房)』 著者=水村美苗

“ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!
『ONE PIECE/52(集英社)』 著者=尾田栄一郎

破戒のリーサルウェポン……投下!!
『最後の性本能と水爆戦(ワニマガジン社)』著者=道満晴明

小田ひで次の最高傑作、上下巻同時発売!
『拡散 上・下(エンターブレイン)』著者=小田ひで次

「ワーキングプア」の真実がここに!!
『蟹工船 1巻(新潮社)』漫画=原恵一郎 原作=小林多喜二

たとえそれがウソでもホントでも、神様を名のるやつなんてみんな、絶対どこか変わってる――。
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり

ゼロ年代を代表する最注目の若手論客による 日本の〈情報環境〉を検証する決定的一冊
『アーキテクチャの生態系 情報環境はいかに設計されてきたか(NTT出版)』 著者=濱野智史

私だって『青春』したい!! 神大寺サキ、高校では仮面かぶります!
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ

叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子

ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
09.04.05更新 | レビュー  >