女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
これぞ、究極のどんでん返し!
あらゆる予想は、最後の最後で覆される。

『儚い羊たちの祝宴(新潮社)

著者=米澤穂信


文=さやわか



ミステリの醍醐味と言えば、終盤のどんでん返し。中でも、「最後の一撃(フィニッシング・ストローク)」と呼ばれる、ラストで鮮やかに真相を引っ繰り返す技は、短編の華であり至難の業でもある。本書は、その更に上をいく、「ラスト一行の衝撃」に徹底的に拘った連作集。古今東西、短編集は数あれど、収録作すべてがラスト一行で落ちるミステリは本書だけ!  
 | 

米澤穂信による連作短編。収録作には良家の子女が集まる読書サークル「バベルの会」という名前が登場することと、ミステリとしての趣向が猟奇殺人に絡めてあるという特徴がある。それから、オビに書かれているようにどの作品もラストにどんでん返しが用意されている。

個人的に、自分はミステリの誠実な読者であるとは言えないと思う。つまり、正直にいえば「ラストのどんでん返し」などにあまり興味がない。どんでん返しがあるかどうかということ、そのギミックが上手く功を奏して予想を裏切られるかどうかということは、小説の与える読書体験としては一定であるということができると考えてしまう。例えば優れた密室トリック自体が文学や社会に対する批評として働いた例がなくはないが、そういったものは例外的であり、基本的にミステリにおける謎とはそのジャンル小説に当然備えられるものであって、つまりその仕掛けの新旧や巧拙に興味を持てない。

さりとて別にミステリを嫌うわけではない。ただ、トリックがどうしたというところに目がいかないのだ。そういう目で読んで『儚い羊たちの祝宴』に残されていたものは、むろん猟奇的な要素であった。しかし、この猟奇性もまた、猟奇的なミステリが、あるいは小説が備えているべきものとして、標準的なものであった。売り文句がどれだけ「暗黒連作ミステリ」などと訴えようと、例えばあまりの惨状に目を覆い、本を閉じ、暗闇が怖くなり、夜寝られなくなり、出版社に苦情の電話をするようなものではない。今日日、そういう類の本は絶滅した。あるいは気軽に消費できるように調整されている。だからここにあるのは、「これは暗黒です」と断り書きをしておけば、誰もが「なるほど暗黒だ」と言って「楽しむ」ことのできる暗黒である。「儚い羊たちの祝宴」という様式美的なタイトルだって、そういう雰囲気を味わわせるものとして用意されている。

そこには本当の恐怖や闇などないが、しかしそれでいい。米澤穂信はしばしばミステリというジャンルのエンタテインメント性に誠実な奉仕の姿勢を見せる作家であり、そこで彼は読者に楽しく消費できる殺人事件や猟期犯罪を与えてくれる。彼は真の闇など目指したりはしない。あるいはミステリは芸術である、ミステリこそが文学であるなどと騒ぎ始めたりもしない。ミステリがエンタテインメントとしてのあるのは自明なことであり、作家はその上で何ができるかを考えるべきであるということに彼はこだわっている。それは本来当たり前のことだが、しかし作品をポップカルチャーとして考える事への抵抗のなさは、彼をほかの作家よりもずっと進んだ存在に見せてしまう。

文=さやわか


『儚い羊たちの祝宴(新潮社)

著者=米澤穂信

価格:1,470円(税込)
判型:書籍・四六判
ISBN:978-4-10-301472-0
発行:2008/11/21
出版社:新潮社


出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

七〇年に発表された衝撃の問題作、ついに復刊!!
『銭ゲバ(幻冬舎)』 著者=ジョージ秋山

根本敬初の「文字だけ」の単行本、遂に発売!
第11回みうらじゅん賞受賞!!
『真理先生(青林工藝舎)』 著者=根本敬

愛、暴力、そしてミステリ。
舞城史上、最大のスケールで描く最高傑作。
『ディスコ探偵水曜日(新潮社)』 著者=舞城王太郎

特別すぎない、女の子のリアル。ここにそっとしまってあります…。
『素っ頓狂な花(小学館)』著者=武嶌波

少女まんが界に輝く、超人気大河ロマン!!
『ガラスの仮面 /43(白泉社)』 著者=美内すずえ

おれは誰に感情移入すればいいんだ?おれは宮本に感情移入すればいいのか?
『定本 宮本から君へ /1(太田出版)』著者=新井英樹

ツンデレという言葉が生まれたのは、この漫画が描かれるためだったのだ!
『百舌谷さん逆上する/2 (講談社)』 著者=篠房六郎

日本語をめぐる認識の根底を深く揺り動かす書き下ろし問題作!
『日本語が亡びるとき―英語の世紀の中で(筑摩書房)』 著者=水村美苗

“ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!
『ONE PIECE/52(集英社)』 著者=尾田栄一郎

破戒のリーサルウェポン……投下!!
『最後の性本能と水爆戦(ワニマガジン社)』著者=道満晴明

小田ひで次の最高傑作、上下巻同時発売!
『拡散 上・下(エンターブレイン)』著者=小田ひで次

「ワーキングプア」の真実がここに!!
『蟹工船 1巻(新潮社)』漫画=原恵一郎 原作=小林多喜二

たとえそれがウソでもホントでも、神様を名のるやつなんてみんな、絶対どこか変わってる――。
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり

ゼロ年代を代表する最注目の若手論客による 日本の〈情報環境〉を検証する決定的一冊
『アーキテクチャの生態系 情報環境はいかに設計されてきたか(NTT出版)』 著者=濱野智史

私だって『青春』したい!! 神大寺サキ、高校では仮面かぶります!
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ

叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子

ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
09.03.29更新 | レビュー  >